壁紙のカビの落とし方~簡単にカビを落とすには?

壁紙 カビ 落とし方 について

 

壁紙に付いたカビは早く落とさないと落ちなくなります。

 

特にタンスなどの裏の壁紙にカビがたくさんついていることがあります。

放置していると、壁紙を張り替えない限り

黒いカビの跡が付いたままになりますので、

早めに取り除くようにしたほうがいいですよ。

a0006_000079

 

壁紙のカビの落としからですが、

まず、ぞうきんを湿らせて、よく絞ってから拭きます

 

この時にぞうきんをよく絞らずベタベタのまま壁紙を拭くと、

逆にカビが増える原因になります。

 

乾拭きするとカビが飛び散る恐れがありますので、

カビが飛び散るのを防止する程度にぞうきんを湿らせます。

そして、ぞうきんをよく絞ることも忘れないでください。

 

 

それで、カビが落ちない場合は、メラニンスポンジを使います。

 

メラミンスポンジとは、消しゴムのように表面をこすって

汚れを落とすスポンジです。

ホームセンターなどで普通に売っています。

 

メラミンスポンジでカビの生えているところを軽くこすります

 

そして、メラミンスポンジのカスをキレイに取り除きます。

 

 

メラミンスポンジを使ってもカビを落とすことができない場合は、

カビキラーなどのカビ取り剤を使います

 

カビ取り剤を使う時は、部屋をよく換気してください。

 

この時に注意が必要なのが、

カビ取り剤を使うと壁紙の色が変わる恐れがある、という事です。

 

ですから、まずは目立たないところで使ってみて、

どれくらい壁紙の色が変わるのか見てみたほうがいいです。

 

そして、色が全く変わらなかったり、

あるいは気にならない程度しか変色しなかったら、

カビの生えているところに使いましょう。

 

そして、カビ取り剤を使ったら、

キレイに洗剤の成分を拭き取りましょう。

 

そして、再びカビが生えないようによく乾燥させましょう。

 

もし、壁紙の色が変わるのが気になるのであれば、

あとは壁紙を張り替えるしかありません。

 

また、カビ取り剤を使ってもカビを落とすことができない場合も、

壁紙を張り替えるしかないでしょう。

 

ただし、黒いのが残っている場合、

カビ自体は落とすことができているけど

カビの黒い色素だけが残っている場合もあります。

 

カビの黒い色素は落とすのが、かなり難しいです。

 

カビの胞子が空気中に舞う事がなくなればよい、

あるいはハウスダストなどがなくなればよい、

という事であれば黒い色素が残っていても問題ありません。

 

しかし、見た目が気になる場合は、壁紙を張り替えるしかありません。

 

壁紙を張り替えるとかなり高額です。

 

6畳の部屋の壁紙をすべて張り替えようと思ったら、3万円前後します。

 

これがリビングなど10畳以上になると10万円近くしてしまいます。

 

カビは放置しておくと落ちなくなるので早めに対処したほうがいいですよ。

生活