地球寒冷化の原因

地球寒冷化 原因 について

planet-163465_640

地球寒冷化が進んでいる、という指摘があります。

 

地球温暖化が大々的に言われているなかで、

地球寒冷化を指摘する声があるのです。

 

では、何が原因で地球寒冷化が進むと指摘されているのでしょうか?

 

それは、今太陽が元気がない、という事なんです。

 

つまり、かなり平たく言うと、

太陽の活動が活発でないために太陽から放たれる光が弱くなっているので、

地球寒冷化が今後進むのではないか

という事なんです。

 

太陽に元気がないことが原因で地球が寒冷化したことが過去にもあって、

17世紀に同じような現象が起こって地球が寒冷化したそうです。

 

実際に気温が低かったことが様々な文献によってわかっているそうですよ。

 

 

しかし、この地球寒冷化の指摘に対しては賛否両論です。

 

まず、気温は太陽の光による熱だけが原因で決まるわけではなく、

様々なことが複雑に絡み合うので、

太陽活動が活発でないことが地球寒冷化の原因にはならない、

という意見があります。

 

また、太陽からの熱が弱くなっても、

地球温暖化が寒冷化を打ち消すので地球寒冷化は進まないのではないか、

という意見もあります。

 

そういった中、地球寒冷化が進む、と

断言する専門家は少なくないのです。

 

 

実は地球寒冷化に対する指摘は、

今に始まったことではなく昔からありました。

 

寒冷化の原因は様々なことが言われています。

 

地球はある一定の周期で寒冷化を迎えるが、

そろそろ地球寒冷化の周期になるはずだ、

という意見は多いですね。

 

また、大気汚染によって太陽光がさえぎられることが原因で

地球寒冷化が進むのではないか、

という意見もあります。

 

地球の地軸の傾きと公転軌道の関係で地球寒冷化が進む、

という意見もあります。

 

 

様々な原因で地球寒冷化が進むと指摘されているのですが、

実際には平均気温は年々高くなっています

 

平均気温が100年で0.74℃上昇しているのです。

 

それで、実際に気温が下がっていないこともあって、

地球寒冷化説が出ても否定される傾向が強くなっています。

 

それに対して、

地球寒冷化の原因となる現象が起きているのにもかかわらず、

地球温暖化の影響が強すぎて、

実際には気温が下がらなかった、

という意見が出てきています。

 

ただし、地球温暖化の原因となる二酸化炭素が増え続けた

1940年以降でも何回か一時的な気温の低下が認められています。

 

それで今では、一時的には地球寒冷化する時もあるが、

長期的には地球温暖化が進んでいくだろう、

というのが大方の見方になっていますよ。