南岸低気圧が春にも雪をもたらす!?

南岸低気圧 春 について

job_otenki_oneesan

日本列島の南側を西から東へと進む南岸低気圧は、

春に季節外れの大雪をもたらすことがあります。

 

南岸低気圧は2月~3月に多く発生します。

 

そして、日本列島に近づくと雨か雪をもたらします。

 

雨になるか雪になるかは、

地上付近の湿度と温度で決まります。

 

温度が低ければ低いほど雪になりやすいです。

また、同じ温度でも湿度が低いほど雪になりやすくなります。

 

ただし、南岸低気圧の北側は

冷たく湿った空気が流れ込んでくるので、

地上付近の温度が下がりやすいので雪になりやすくなります。

 

 

それで、春に南岸低気圧が通ると、

北から冷たく乾いた空気が流れ込みます。

 

そうなると地上付近の温度が下がります。

 

温度が下がった時に低気圧が通過するので、

低気圧付近にある雲が太平洋側に雪をもたらしてしまいます。

 

 

さて、東京では3月に雪が降るのは珍しくありませんよね。

 

また、4月にも時々雪が降っています。

 

2000年~2013年で4月に雪が降ったのが2回、

2007年と2010年です。

 

このうち2010年は南岸低気圧が雪をもたらしています。

 

夏にも日本列島の南に低気圧は発生しますが、

まさか雪が降ることはありません。

(夏に発生する低気圧は、
南岸低気圧と呼ばずただ低気圧と呼ぶことが多い)

 

北から流れ込む空気がさほど冷たくはなく

また乾いていないので雪にはならないです。

 

しかし、3月・4月は北から流れ込む空気が

まだまだ冷たく乾いています。

 

ですから、春に南岸低気圧が通る時は、

太平洋側でも大雪が降る可能性がありますよ。