冬バテの症状~夏でないのにバテたときの症状と対策!

冬バテ 症状 について

l_02

「冬になると身体がだるくなってしまう!」

そのように悩んではいないでしょうか?

 

それは冬バテの症状かもしれません。

 

 

冬バテとは文字通り、冬に夏バテのような症状が出ることです。

 

冬バテの具体的な症状は、以下の通りです。

・身体がだるい
・頭痛、肩こり
・冷え性
・寝つきが悪い
・胃腸の調子が悪い

 

 

冬バテの症状が出る原因は、

寒さによる血行不良か自律神経の乱れのどちらかです。

 

血の流れが悪くなると、

全身に栄養などが回らなくなるので、

冬バテの症状が出てしまいます。

 

また、自律神経は緊張とリラックスにかかわる神経ですが、

緊張とリラックスのバランスが崩れると体調を崩します。

 

例えば、夜になると自然と眠くなるのは、

自律神経がリラックスのスイッチを入れてくれているからです。

しかし、自律神経が乱れてずっと緊張しっぱなしだと、

眠れなくなったりしますから、冬バテの症状が出てきます。

 

 

寒暖差が大きくなると自律神経が乱れやすくなります。

 

暖房の効いた部屋と外の温度差は、恐らく20℃前後はあると思います。

 

ですから、外と部屋を行き来していると、

自律神経が乱れやすくなってしまいますので、

冬バテの症状が出てしまうのです。

 

 

冬バテの症状を改善するには、体を温めるのが一番です。

 

暖かい紅茶に生姜(しょうが)を入れて飲む

「生姜紅茶」は、体を内側から温めてくれます。

 

それで血液の流れも良くなりますし、

自律神経の乱れも整いやすくなります。

 

 

また、水分補給も冬バテの症状の改善に効果的です。

 

冬は知らないうちに体内の水分が失われていることが多いです。

 

そうなると血液がドロドロになって血流が悪くなります。

 

ですから、冬バテの症状が出てしまうのです。

 

ただし、冷たい水を飲むと体が冷えますので、

体温以上の温度の白湯を飲むといいでしょう。

 

 

ちなみに、緑茶、ウーロン茶には利尿作用があるので、

飲んでも水分がすぐに尿となって体外に排出されてしまいます。

 

ですから水分補給したことにはなりません。

 

 

冬バテは「冬季うつ」と言われることがあります。

 

それで、「うつ病」の一種だと思って、

かなり深刻に考える人も少なくありません。

 

しかし、うつ病は脳の病気ですが、

冬バテは脳の病気ではなくて血液や神経の異常によって

出てくる症状です。

 

冬バテとうつ病は全然違うものなので、

同じように考えないほうがいいですよ。