冬の食中毒予防~夏との違いとは?

冬の食中毒予防 について

virus_syokuchudoku

冬の食中毒と夏の食中毒とでは予防が若干異なります。

 

冬の食中毒の原因はほとんどがウイルスです。

 

冬になるとノロウイルスによる集団食中毒が

時々ニュースになりますよね。

その他、ロタウイルスでも食中毒になります。

 

それに対して夏の食中毒は細菌が原因になります。

 

 

ウイルスも細菌も熱には弱いので、

食材などを加熱すると食中毒を予防することができます。

 

ただし、ほとんどの細菌は75℃で1分間、

ノロウイルスとロタウイルスは85℃で1分間

加熱することで死滅します。

 

ですから、冬の食中毒の原因であるウイルスを死滅させるには、

夏の食中毒の原因である細菌を死滅させるときの加熱よりも

高温で加熱する必要があります

 

 

また、ノロウイルスは細菌と違って、

エタノールやアルコールでは死滅しないです。

 

ロタウイルスはエタノールやアルコールで

死滅させることができます。

 

ただ、次亜塩素酸ナトリウムは、

ロタウイルスもノロウイルスも死滅させることができます。

 

ですから、冬の食中毒予防としては、

次亜塩素酸ナトリウムでの消毒が有効です。

 

次亜塩素酸ナトリウムは塩素系漂白剤には

まず入っています。

 

ただ、念のため成分を見て、

次亜塩素酸ナトリウムが含まれているか

確認したほうがいいでしょう。

 

 

また、冬の食中毒の原因である

ノロウイルスやロタウイルスは細菌と違い

食品中では増えず、人間の体内で増えます。

 

夏の食中毒の原因である細菌は、

食品中で増えます。

 

それで、食品を10℃以下で保存すると細菌が増えるのを

防ぐことができますので

夏の食中毒予防には有効です。

 

しかし、冬の食中毒は

食品を室温で保存していてもウイルスは増えませんし、

食品を冷やしてもウイルスは死滅しませんので、

食品の保存に関してはあまり気にする必要はありません。

 

 

あとは、冬の食中毒と夏の食中毒は

予防法は同じになります。

 

ウイルスも細菌も、

便や嘔吐物に含まれています。

 

それで、便や嘔吐物から二次感染することがあります。

 

トイレの後はしっかりと手洗いをしましょう。

 

また、患者さんの便や嘔吐物を処理はきちんと行い

処理後は念入りに手洗いをしましょう。

 

トイレのドアノブや便座は

次亜塩素酸ナトリウムで常に消毒をしたほうがいいでしょう。