マグロの代用魚~マグロの本当の正体とは?

マグロ 代用魚 について

a0002_000966

回転ずしなどで、

まぐろ代用魚(だいようぎょ)が使われることが

多いですね。

 

マグロの代用魚は、

アロツナスアカマンボウのどちらかが多いです。

ガストロがマグロの代用魚として

使われることもあります。

 

 

アロツナスはマグロと同じサバ科の魚です。

 

カツオもサバ科の魚ですが、

アロツナスはカツオとマグロの中間のような魚です。

 

マグロよりも脂が少ないですが、

カツオよりも脂が多いです。

 

それで、マグロ以外にも、

カツオの代用魚として使われることもあります。

 

 

アカマンボウは見た目がマンボウに似ている魚です。

320px-Солнечная_рыба
(「Wikipedia」より)

マンボウに似ていますが、マンボウの仲間ではありません。

 

アカマンボウ科の魚に分類されますが、

マンボウとは全然関係ない魚になります。

 

アカマンボウの刺身は、

見た目がマグロとほぼ同じです。

 

また、脂がのっていて食感もマグロとほぼ同じです。

 

プロの料理人であれば

見た目でアカマンボウとマグロの区別はつくみたいですが、

素人だと見た目も味も区別がつく人はほとんどいないでしょう。

 

ちなみにアカマンボウの刺身は、

石垣島などで売られているという事です。

 

マグロの代用魚としてではなくて、

きちんとアカマンボウ(マンダイ)の刺身として

売っているそうです。

 

 

ガストロはアロツナスと同じサバ科の魚です。

Gamel_u0
(「Wikipedia」より)

別名はウロコマグロです。

 

白身魚ですから、白いマグロとして出されることがあります。

 

マグロと比べると脂が少なくて淡白です。

 

 

レストランなどで食品偽装が

相次いて明らかになっていますよね。

 

それがきっかけで、

回転すしの代用魚をこのまま認めていいのか

問題になっています。

 

そこで、まぐろの代用魚を使うと

食品偽装していると思われてイメージが悪くなる、と考え、

最近では死魚を使っているところが増えているそうです。

 

マグロが死亡すると、

海底に沈むか海面に浮くかのどちらかだそうです。

 

そういった死亡したマグロを捕ってきて、

回転すしなどで使っているという事なんです。

 

価格(仕入れ価格)は通常のマグロの10%くらいだそうです。

 

しかし、切り身にすると、普通のマグロと

味や見た目に大きな違いはないそうです。

 

そして、死魚といっても腐っているわけではないので、

食べても問題はないそうですよ。

 

 

企業側は少しでもマグロを安く提供するために

代用魚や死魚を使っているわけですよね。

 

これが良いことなのか悪いのことなのか、

人によって大きく意見が分かれると思います。

 

でも、死魚が問題になったら、

次にまた新たに何かが出てきそうな気がして、

ちょっとゾッとするのは私だけでしょうか?