マイマイガの害~人体・農作物に害があるの?

マイマイガ 害について

 

 

夏になるとマイマイガが大量発生する時があります。

 

では、マイマイガは人体のどのような害があるのでしょうか?

 

マイマイガの成虫は人体に直接害はありません

害があったとしても羽についている粉に触ると

軽い炎症を起こすくらいです。

 

マイマイガの成虫は街路灯などに集まりやすいので、

それで道路が暗くなる可能性はゼロではないと思います。

しかし、それで何かが起こったということは聞いたことはありませんので、

そんなに心配する必要はないと思います。

 

マイマイガの成虫の害は

街路灯などに集まっているのを見ると不快な思いをする、

という程度でしょう。

 

 

ただし、マイマイガの幼虫は人に害を及ぼします

 

マイマイガの幼虫の毛に触ると

かゆみが出て発疹が出ることがあります。

 

マイマイガの幼虫による皮膚炎の集団発生が

いくつもあるくらいです。

 

また、マイマイガの小さな幼虫は

風に乗って飛んでくることがあります。

 

飛んできたマイマイガの幼虫に触れても

皮膚炎などを引き起こすことがあります。

 

もし、マイマイガの幼虫に触ってしまった場合は、

触った場所をこすらず水で洗い流しましょう。

そして炎症止めの薬を塗りましょう。

 

マイマイガの幼虫による皮膚炎は、

触れた翌日~翌々日に症状がさらに悪化することが多いです。

 

ですから、こすらず水洗いすることが大切です。

 

 

また、マイマイガの幼虫は農作物にも被害をもたらします

 

マイマイガの幼虫の好物は木の葉っぱです。

 

ですから、木の葉っぱを食い尽くされることもあります。

 

過去にカラマツの葉を食べつくされて

枯れてしまったことがあります。

 

また、森林の葉を食べつくした後に、

近くのイネや小麦などを食べつくしてしまう事もあります。

 

 

このように、マイマイガの成虫はほとんど害はないのですが、

幼虫は害をもたらします。

 

マイマイガの大量発生を防ぐには、

卵の段階で駆除するのが一番だと思います。

 

マイマイガは

建物のコンクリートの部分、軒下、雨どいなどに

卵を産みます。

 

コンクリートの壁に薄い黄色のまゆ状のものが付いているのを

見たことはありませんか?

 

あれがマイマイガの卵です。

 

自宅の壁にマイマイガの卵を見つけたら、

取り除きましょう。

 

潰しただけでは卵が死なないことがあります。

 

ですから、取り除くことが大切です。

 

マイマイガは一度大量発生すると、

3年間くらい大量発生を続ける、と言われています。

 

ですから、マイマイガが大量発生した自治体は、

卵の駆除の呼びかけを行うところが多いと思います。

 

それで、次の年の大量発生を防いだ例もありますので、

マイマイガの大量発生を防ぐためにも

卵の駆除を行いましょう。