ヒートショック 高齢者の方は特に要注意!~原因と対策は?

ヒートショック 高齢者 について

heat_shock_roujin

高齢者の方は、冬のヒートショックに注意が必要です。

 

ヒートショックとは、

温かいところから寒いところへ移動すると、

血圧が急激に上がったり下がったりすることで、

様々な症状を起こすことです。

 

暖房の効いた部屋からトイレやお風呂の脱衣所に行くと

ブルブル震えることがあると思いますが、

これはヒートショックの一つと言われています。

 

それで、高齢者の方は血管がもろくなっていますし、

血圧の上昇幅が大きくなりますので、

ヒートショックで重症になりやすい

と言われています。

 

ヒートショックの主な症状は、

脳出血・脳梗塞・心筋梗塞などです。

 

特に高血圧・糖尿病・動脈硬化などの病気を持っている方や

肥満の方はヒートショックになりやすいです。

 

高齢者が自宅で亡くなる原因の4分の1が

ヒートショックと言われています。

 

ですから、冬の寒い日は、

ヒートショックに十分注意したいですね。

 

 

特に危険なのがお風呂です。

 

お風呂に入る時、

暖房の効いた暖かい部屋から暖房の効いていない寒い所へ、

そして、服を脱いでから暖かいお風呂に入りますよね。

 

という事は、暖かい部屋から寒い脱衣所へ、

そして寒い脱衣所から温かいお風呂へと移動しますので、

寒暖差が激しくなります。

 

そうなると、血圧の激しい上昇と下降が繰り返されます。

 

寒い脱衣所に行くと血圧が急激に上がり、

その後温かいお風呂に入ると急激に血圧が下がります。

 

ですから非常に危険です。

 

高齢者の方は、冬のお風呂は

特に注意したほうがいいでしょう。

 

 

高齢者の方のヒートショックの対策は、

まず脱衣所と浴室を温めておくといいでしょう。

 

脱衣所に暖房を置くのが一番良いですが、

暖房を置くことができない場合は、

温かいシャワーを出しっぱなしにして

お風呂と脱衣所の扉をあけっぱなしにしておけば、

脱衣所と浴室を温めることができます。

 

また、お風呂のふたを

開けっぱなしにしておくのも良いでしょう。

 

 

また、お風呂の温度は、

ぬるめの38℃~40℃くらいがいいでしょう。

 

熱いと心臓に負担がかかるので、

ヒートショックを起こしやすくなります。

 

 

食後すぐや飲酒後の入浴は避けたほうがいいでしょう。

 

そして、入浴前にはお水をコップ1杯

飲んでおくといいでしょう。

 

 

また、家族がいる場合は、

お風呂に入っているときに時々声をかけてもらうように

するといいでしょう。

 

万が一お風呂でヒートショックで倒れた場合、

発見が遅れると死亡する確率が高くなります。

 

また、早期発見で後遺症を防ぐことができる場合があります。

 

 

健康な高齢者の方でも突然ヒートショックになることは

珍しいことではありません。

 

ですから、高血圧や糖尿病ではないからといって、

何の対策もしていないと、

突然倒れて死亡することもあり得ますので、

注意が必要です。