ストレス解消にアルコールは効果的?それとも危険?

drink_beer

仕事の終わった後のビールってなぜかおいしいですよね。

それだけではなく、ストレスがたまるとなぜかアルコールを飲みたくなりませんか?

「パァ~ッと飲んで、嫌なことは忘れたい!」
ストレスがたまるとそんなことを思う人は多いのではないでしょうか?

 

さて、ストレス解消にアルコールが効果的なのか、それとも危険なのか、ちょっと疑問に思った事はありませんか?

そこで、ここではストレス解消にアルコールが効果的なのか、それとも危険なのか、紹介します。

 

ストレス解消にアルコールは効果的?それとも危険?

 

まず結論から言うと、アルコールはストレス解消の効果が認められている一方で、危険性も指摘されています

 

アルコールを飲むと、セロトニンという脳内物質が分泌されます。

セロトニンは心身ともに安らぎを与える物質です。

ストレスがたまると、心身ともに緊張状態が続き、リラックスできなくなります。

そんな時に、アルコールによってセロトニンが分泌されれば、心身ともにリラックスすることができるので、ストレス解消になります

 

また、アルコールを飲むとドーパミンと呼ばれる脳内物質も分泌されます。

ドーパミンは快感を与える物質です。

ですから、アルコールによってドーパミンが分泌されると、気分が良くなるのでストレス解消になります

 

ただし、ドーパミンは依存症の原因になる物質です。

ストレスがたまると脳はより強く快楽を求めます。

それで、アルコールによってドーパミンを分泌させていると、脳はますますアルコールを求めてしまいます。

そして、ついには脳は四六時中アルコールを求めるようになってしまうのです。

これがアルコール依存症ですね。

そうなると、日常生活に支障が出るだけではなく、健康上の問題も非常に大きくなり、命にかかわるようにまでなりますよね。

 

ですから、アルコールは依存症の原因となるので、危険性も伴うという事になります。

 

また、依存症までいかなくても、アルコールの飲み過ぎで動脈硬化が進んだり、体のあらゆる部分で悪影響を及ぼします。

脳の働きを鈍らせたりするとも言われていますので、記憶力や集中力が低下したり、また認知症になりやすくなる、といったことも指摘されています。

 

ですから、アルコールには危険がたくさんひそんでいる、という事になりますね。

 

それで、ストレス解消に効果的なアルコールの量は、ビールだと1日500mlまでだといわれています。

ビールを1日500ml以上飲むと、健康を害し、依存症になりやすい、と言われているんです。

 

ただし、私たちの体はアルコールを飲み続けると、アルコールに対して耐性ができてしまいます。

そうなると、アルコールをよりたくさん飲まないと、ストレス解消できなくなってしまうのです。

すると、アルコールの飲む量が増えてしまい、健康上問題が出てくるようになります。

ですから、たとえビールを1日500mlまでしか飲まなかったとしても、飲み続けることでストレスを解消できなくなり、脳がさらにたくさんのアルコールを求めるようになります。

 

ですから、アルコールは我慢できないくらいのストレスを感じたときだけにしておいて、毎日飲むのはやめておいたほうがいいですよ。