スズメバチに刺されたら 症状は?~死に至るケースも!?

スズメバチに刺されたら 症状について

a1380_000618

スズメバチに刺されたら、どのような症状が出るのでしょうか?

 

 

まず、刺されたところに激痛が走ります。

そして、刺されたところが赤く大きく腫れます

 

スズメバチに刺されたら、

すぐに応急措置をして病院に行くべきです。

 

スズメバチに刺された時の応急措置は、

水道水などで刺されたところを洗い流し、

虫刺されの薬を塗りましょう。

 

スズメバチの毒は、水に溶けます。

 

ですから、水道水などで洗い流せば

ある程度は毒を取り除くことができます。

そして、洗い流しているときに手でつまんで

毒を絞り出すようにするといいでしょう。

 

あと、水道水などで洗い流すと、

刺されたところを冷やすことができるので

応急措置としては有効です。

 

刺されたところを口で吸って、

その後に入念にうがいをするのも

応急措置としては有効と言われています。

しかし、口がしびれることがありますので、

念のため、やらないほうがいいのではないかと思います。

 

応急措置をしたら、すぐに病院に行きましょう。

内科、外科、皮膚科などあらゆる科で対応可能なはずですので、

最寄りの病院に行きましょう。

 

出来れば電話で問い合わせをしたほうがいいですね。

 

 

スズメバチに刺されたら、

ショック症状(呼吸困難、意識がもうろうとする、血圧低下)が

出る場合があります。

 

その時は、すぐに救急車を呼びましょう。

 

そのままにしておくと死亡する可能性が高いです。

 

 

ショック症状が出ていないからといって、

応急措置をして病院に行かないと、

次第に重い症状が出てきます。

 

病院に行かないと、

じんましん、体のだるさ、息苦しさを

などの症状が出ることがあります。

 

また、腹痛、下痢、頭痛、めまい、しびれなどの

症状が出ることもあります。

 

ですから、スズメバチに刺されたら、

症状が軽くてもすぐに病院に行きましょう

 

 

スズメバチに刺された時の症状で一番怖いのが、

アナフィラキシーショックです。

 

スズメバチに刺されて死亡するのは、

ほとんどアナフィラキシーショックによるものです。

 

アナフィラキシーとは、呼吸困難や血圧低下など

全身的なアレルギー反応のことです。

 

そして、生死にかかわるほどの非常に重い症状を

アナフィラキシーショックといいます。

 

アナフィラキシーショックは、頭部や頸部(くび)に

刺された時に多く発症しています。

 

そして、刺されて10数分以内に症状が現れます。

 

このアナフィラキシーショックは、

過去にスズメバチに刺されたことのある人ほど、

症状が出やすくなります。

 

「スズメバチに2回刺されると死ぬ」という都市伝説がありますが、

2回刺されたら死亡した、という例もあれば、

4回~5回刺されたら死亡した、という例もあります。

 

ですから、過去にスズメバチに

刺されたことのある方は要注意です。

 

 

スズメバチに刺されたら、重い症状が出ることも多く、

最悪死亡してしまう事もあるので、

とっても恐ろしいですね。

 

ですから、スズメバチに刺されないように

対策を取っておくことは非常に大切になります。