カビ肺炎の症状~夏カゼと間違えないために

カビ肺炎 症状 について

 

梅雨から夏にかけて増える“カビ肺炎”(夏型過敏性肺炎)の症状は、

微熱・せき・たん・だるさなどです。

 

という事は、夏カゼと症状はほどんど変わりません

 

実際に医者もカビ肺炎を「夏カゼ」と誤診することがあるくらいなんです。

hana_kosuru

 

また、夏が過ぎればカビが減るので、カビ肺炎の症状は治まります。

 

そういったことからもカビ肺炎は夏カゼと勘違いされやすいんです。

 

しかし、カビ肺炎を夏風邪だと勘違いしていると、

取り返しのつかないことになる恐れがあります

 

毎年、夏にカビ肺炎になっていると、肺が硬くなる恐れがあります。

 

そうなると、死に至ることだってあるんです。

 

また、カビ肺炎に初めてなった場合でも

重症化して死に至ることだってあります。

 

カビ肺炎と夏カゼは治療法が違います。

カビ肺炎を夏カゼだと思って治療を続けたら肺炎が悪化して死亡した、

なんてことも可能性としてはあり得ます。

 

ですから、カビ肺炎と夏カゼをきちんと区別する必要があります。

 

ただし、医者でも症状だけでは区別できないわけですから、

素人が区別がつくはずがありません。

 

ただ、区別する方法があります。

 

それは、1週間ほど家に入らないようにしてみることです。

 

カビ肺炎の原因は家の中でカビであることが多いです。

 

それで、家の中に入らなければ、カビを吸わなくなりますよね。

 

ですから、症状が緩和されます。

 

もし、1週間ホテルや実家、知人の家にとまることができるならば、

一度家を空けてみるといいですよ。

 

それで、症状が緩和されたらカビ肺炎である可能性が高いです。

 

 

ただし、そんなことができる人は非常に少ないですよね。

 

ひょっとしてカビ肺炎かな?と思ったら、

一度家中を掃除ししてみるといいでしょう。

 

カビ肺炎の大きな原因はエアコン内のカビが

室内に飛び散ることだ、と言われています。

 

エアコンは業者に掃除してもらうのが良いと思いますが、

薬局などに売っているエアコンを洗浄するスプレーを使うのもいいのでは、

と思います。

 

ただし、エアコン洗浄スプレーを使うと逆に汚れる、

なんてエアコンを洗浄する業者が言っていました。

 

洗浄スプレーはきれいにすすがないと粘つくけど、

スプレーを使ってきれいにすすぐことはまずないと思うので、

ほこりがつきやすくなって汚れやすくなるという事です。

 

業者のいう事をどこまで信用していいのかわかりませんが、

心配であれば業者に頼んだほうがいいですね。

 

また、カビ肺炎の原因はエアコンだけではありません。

 

台所やお風呂、家具の裏や布団の裏などにカビが生えていると、

それが原因でカビ肺炎になることがあります。

 

一度、カビが発生しやすいところを中心に

徹底的に掃除したほうがいいです。

 

家をきれいにしたのに症状が緩和されなかった場合、

本当に夏カゼだという可能性が高くなりますね。

 

そんな時は「掃除して損した!」なんて思わすに、

「これをきっかけに家をきれいにできたし、

カビ肺炎の予防にもなったので良かった!」

と考えたほうがいいと思います。