インフルエンザ治療は耳鼻科、内科、どちらが良いの?

インフルエンザ 耳鼻科 内科 について

tatemono_byouin

インフルエンザになったら、

内科に行くべきか耳鼻科に行くべきか

悩んだことはありませんか?

 

インフルエンザウイルスはのどで繁殖します。

 

耳鼻科は耳と鼻、のどが専門の医者です。

 

内科(一般内科)は、

原因がはっきりしない病気の時にかかります。

 

そして、専門性の高い治療が必要な時には、

専門の病院を紹介します。

 

しかし、専門性の高い治療をしなくても問題がない場合は

内科で治療してくれます。

 

インフルエンザの場合は

特に専門性の高い治療を必要とはしませんので、

内科で治療してもらえます。

 

という事は、インフルエンザの治療は

内科でも耳鼻科でもどちらでもよい

という事になります。

 

実際に、インフルエンザの治療は、

耳鼻科も内科も大きな違いはありません。

 

どちらもインフルエンザの治療薬と、

熱、鼻水などの症状を抑える薬が処方され、

安静にしているように指示することが多いと思います

(もちろん症状などによって治療法は変わります)。

 

 

ただし、症状などによっては、

内科か耳鼻科か選んだほうがいいことがあります。

 

インフルエンザで腹痛や下痢になることがあります。

 

腹痛や下痢は耳鼻科は専門外なので、

そういった症状が出た場合は内科のほうがいいでしょう。

 

耳鼻科でも対応してくれるところが多いですけどね。

 

 

また、インフルエンザで

中耳炎や副鼻腔炎になることがあります。

 

中耳炎や副鼻腔炎は耳鼻科が専門ですので、

そういった病気が心配なのであれば耳鼻科のほうがいいでしょう。

 

インフルエンザウイルスが原因の

中耳炎や副鼻腔炎は内科でも対応してくれるところが

多いですけどね。

 

 

また、インフルエンザの合併症は

様々なものがあります。

 

中耳炎や副鼻腔炎は合併症と言えますが、

それ以外にも肺炎や脳炎など実に多彩です。

 

原因がわからない症状を診て原因を特定し、

専門医を紹介するのが内科医です。

 

ですから、インフルエンザとはちょっと違うかもしれない、

など心配がある場合は、

内科で診てもらったほうがいいでしょう。

 

耳鼻科で診てもらって合併症の疑いが出た場合、

病院によっては内科を受診することを勧め、

それからさらに呼吸器科などの専門医を受診する必要が

出てくる可能性がゼロではありません。