こうのす花火大会 穴場スポットの見どころと行き方

こうのす花火大会 穴場 について

上の動画は、2012年の鴻巣花火大会の

ラストスターマイン「鳳凰乱舞」の様子です。

 

さて、こうのす花火大会を会場ではなく、

他のもっと良い場所で見ることはできないか、

という事で、穴場スポットを紹介します。

 

 

こうのす花火大会のことを良く知っている人なら

誰もが穴場スポットとして一押しするのが、

田間宮小学校近くの土手です。

 

田間宮小学校は、会場の荒川河川敷の後方になります。

この付近は花火の全景をきれいに眺めることができ、

かなりの人気穴場スポットになっています。

 

こうのす花火会場ほど混雑はしませんが、

そこそこ人がたくさんいます。

 

行き方は、JR鴻巣駅から徒歩30分くらいです。

 


大きな地図で見る

地図のⒷが田間宮小学校近くの土手になります。

 

田間宮小学校近くの土手は観覧禁止区域があります。

 

地図のⒷ地点より南が観覧禁止区域になりますので、

この地点よりも北で観覧しましょう。

 

 

車で行く場合は、吉見総合運動公園がおススメです。

 

こうのす花火大会当日は、駐車場として解放されます。

 

それで車を止める向き次第では

車の中から見ることが可能になります。

 

ここは会場からやや離れてしまいますが、

花火全景をキレイに見ることができます。

 

ここはJR鴻巣駅から徒歩1時間くらいかかりますので、

電車等で行くのは、ちょっと厳しいと思います。

 


大きな地図で見る

 

 

どうしても混雑を避けたい場合は、

御成橋付近がおススメです。

 

この場所は、

こうのす花火大会の会場からやや離れるため、

人はまばらです。

 

しかし、花火全景をキレイに見ることができます。

 

JR鴻巣駅から徒歩20分くらいです。

 


大きな地図で見る

地図のⒷが御成橋です。

 

以上の3ヶ所がこうのす花火大会の穴場スポットです。

 

 

ちなみに、鴻巣西中学校付近が穴場と言われることがありますが、

この付近の土手は観覧禁止区域です。

 

観覧に適した場所があるのかどうかは不明です。

 

もし観覧に適した場所があるのであれば、

田間宮小学校並みにキレイに見ることができると思います。

 

一応鴻巣西中学校の地図は載せておきます。

大きな地図で見る
田間宮小学校付近や御成橋付近は、

JR鴻巣駅からこうのす花火大会の会場へ向かう道と

同じルートになります。

 

また、吉見総合運動公園は

会場で花火を見る人のための駐車場になります。

 

ですから、行くまでは混雑します。

 

ですから、早めに出かけたほうがいいでしょう。

 

上に書いた時間は、すいている時の時間です。

 

夏に行われる東京都内のメジャーな花火大会よりかは

混みませんので、普段よりも少し時間がかかる程度で

行けると思います。

 

しかし、念のため早めに行っておいたほうがいいと思いますよ。