お盆っていつ?

お盆 いつ について

a0006_002388

お盆休みは8月15日前後になることが多いと思います。

 

しかし、お盆はいつからいつまでなのかは

地域によって違いがあります。

東京などの都心部の一部は7月13日から16日の4日間

その他の地域は8月13日から16日の4日間

一般的です。

 

しかし、地域によって、

初めと終わりが若干のずれはありますが、

ほとんど15日が含まれます。

 

 

お盆とは、先祖や亡くなった人達の霊を祀る(まつる)行事です。

 

この時期に家の門口やお墓に提灯を立てるなど、

霊を迎えて供養します。

 

 

ではなぜお盆の時期が地域によって違いがあるのでしょうか?

 

これにはいろいろな説があります。

 

一般的に言われていることは、

7月15日前後には都心に人がいて地方には人がおらず、

8月15日前後は普段都心にいる人達が

帰省して地方に人が集まるから、

ということですね。

 

それ以外にも7月15日は農家が忙しいため、

地方は1ヶ月ずらした、という説もあります。

 

 

さて、お盆の日程ですが、

13日(お盆初日)がお盆の入りです。

午前中にお墓参りに行って夕方に迎え火をたきます。

 

14日~15日が盆中日です。

この時期に僧侶を迎えて読経していただきます。

 

16日(お盆最終日)はお盆の明けです。

夕方に送り火をたきます。

 

お盆に行われることは、地域によって大きな違いがあります。

 

 

さて、お盆は本来は仏教の行事でした。

 

しかし、最近は盆踊りを楽しんだり、

仏教とは関係のない行事も多くなってきていると思います。

 

また、お盆に帰省して久しぶりにふるさとの家族や友達などと

楽しい時間を過ごす、という方も多いと思います。

 

また、旅行に出かける方も多いですよね。

 

仕事をしている方であれば、

大型連休は年に3回くらいしかないと思います。

ですから、旅行が好きな方にとっては

この時期は逃したくないですよね。

 

しかし、お盆休みの時期は、

各高速道路で渋滞が発生しますし、

観光地は人でいっぱいです。

 

また、この時期に海に行く方も

多いのではないかと思います。

 

思いっきり楽しむのはいいことだと思いますが、

事故に合わないように気を付けたいものですね。