お月見の由来

お月見の由来について

illust2325

中秋の名月(旧暦8月15日)にお供え物をして月を鑑賞するお月見

その由来についてはいろいろ言われていますね。

 

お月見の由来が諸説ある中で、一番有力だとされているのが、

中国から伝わってきた、という説です。

 

中国には大昔から中秋の名月を鑑賞する習慣があり、

その習慣が中国から日本に伝わってきました。

 

 

そして、月を見る習慣が日本でも徐々に広がり、

中秋の名月に歌会を開くようになりました。

 

また、庶民の間では月を神としてあがめるようになり、

農民は秋に収穫期に備えて五穀豊穣を祈願する様になりました。

収穫作業が夜遅くまで続く中、満月が明るく照らしてくれたことを

感謝していた、という説もあります。

 

そして、月の鑑賞を楽しむことと、五穀豊穣を祈願する事が合わさり、

それが今のお月見の形になった、という事です。

 

 

お月見でススキを飾るのは、

ススキを稲穂に見立てたものだそうです。

 

そして、団子を飾るのは、

元々は収穫した芋などをお供えしていたのが由来だそうです。

 

それが、江戸時代には、お団子を飾るのが

一般的になったそうです。

 

 

また、お月見にうさぎが月でお餅をついている、とされているのは

中国に由来がある、という事です。

 

中国では昔は月にうさぎが住んでいるとされていたそうです。

 

その話が日本に伝わり、それがいつの間にか

月でうさぎがお餅をついている、と言われるようになったそうです。

もちつきは、満月を意味する「望月」にかけられたもの、

という説があります。

 

 

さて、現代の日本では、お月見は、

中秋の名月のみ行うのが一般的だと思います。

 

しかし、昔は年に2回行っていました。

 

旧暦の8月15日と9月13日にもお月見をしていたのです。

 

「十五夜(旧暦8月15日の月見)をしたら、十三夜(旧暦9月13日の月見)も

しなければいけない。」

と言われていたそうです。

 

それがなぜ、旧暦の8月15日だけお月見をするようになったのかは、

よくわかっていません。

 

 

さて、お月見の日に晴れて月がハッキリ見えたのが、

ここ数年は確率50%だそうです。

 

この時期は台風の季節でもあり、

お月見どころじゃない、という事になる可能性もあります。

 

お月見にはきれいなお月様を鑑賞したいものですね。

 

そして、うさぎがお餅をついているのを見たいものですね。