おっさんレンタルのトラブルは?思わぬことに巻き込まれないのか?

 

今、おっさんレンタルがものすごく話題になっていますよね。

「雑談から内緒話(笑)、パシりまで、おっさんがあなたのニーズにお応えします。」ということですね。

調べてみると、雑談のためにおっさんをレンタルしている人が大半みたいですが、家具の組み立てなど、雑用や肉体労働でレンタルする人もいるということですね。

 

それで、レンタルする人も多いということですよね。

レンタルする人の7~8割は女性ということですが、おっさんと雑談したいという人は多いんですね!

 

ただ、心配なのがトラブルですね。

こういったサービスにはトラブルがあるのではないか、とどうしても身構えてしまいませんか?

 

そこで、実際におっさんレンタルを利用した人の声を含めて、おっさんレンタルには危険性がないか、紹介します。

 

おっさんレンタルを利用した人の声は?

まずは、おっさんレンタルを利用した人の声をネットで探してみました。

 

(元局アナのオッサンをレンタル)

遅刻したくせにゴメンなさいも言わないで、堂々とビールを頼むおっさん。
びっくりした。

(2時間話をした後)おっさんと別れて、モヤモヤした気持ちを抱えながらパルコを散歩した。

(「おっさんレンタルヘビーユーザーのオッサンレンタル体験談」より)

 

おっさんの口からは、面白そうな話がポロポロ出てきた。

ああ、その話、全部拾いたい。
話を広げて深く聞きたい。

話題が大幅にずれないように軌道修正しながら話をしたため、拾い損ねた面白い話が沢山あった。

(「おっさんレンタルヘビーユーザーのオッサンレンタル体験談」より)

 

おっさんレンタルのトラブルは?

 

さて、おっさんレンタルでトラブルはないか、徹底的に調べてみました。

そうしたら、
「写真とは全然違う感じだった!」
「話をしてつまらなかった!」
「遅刻するなど、非常識な行動でムカついた!」

などなどといったトラブルはあるようですね。

 

ただ、これらはこういうサービスにはつきものですよね。

おっさんレンタルは便利屋と違っておっさんの個性が売りだと思うんですが、どうしても人間同士ですから、合う合わないが出てきてしまうと思います。

ですから、「つまらなかった」「おっさんと合わなかった」などといった文句は、どう頑張ってもなくならないと思います。

おっさんのブログを公表するなどして、もう少しどういった人物なのかということがよく分かるようにすれば、こういった不満は減るかもしれないですけどね。

ゼロにはまさかならないでしょう。

 

何人かレンタルしてお気に入りのおっさんを探し、気にいったオッサンをレンタルし続ける、そうすることで、満足いくサービスを受けることができるのではないでしょうか。

 

それ以外に、恐らく多くの人が心配するのが
「どこかに連れ去られた」
「お金をだまし取られた」
「子供が危険な目にあった」
「肉体を奪われそうになった」
「口説かれた」
などといったトラブルはどれだけ調べても出てこなかったですね。

テレビなどでも取り上げられ話題になっているサービスです。

そういうサービスで危険なことがあれば、即効で広まっていると思いますが、そういったことが広まってないということは、危険性はないと考えていいでしょう。

最低限の安全対策は必要だとは思いますけどね。

人気の全然ないところでおっさんと2人で会わないとか、事前に提示された金額以上のお金は払わないとか。

 

まあ、他のどのようなサービスを利用しても起こりうるトラブルは、おっさんサービスにも起こりうるけど、特別危険なトラブルなどはなさそうです。

ですから、安心して利用できる、と考えてもいいのではないでしょうか。

 

参考サイト:「おっさんレンタル」ホームページへ

 

 

生活

熱帯夜に眠れない!?快眠するにはアレが効く!?

 

熱帯夜はなかなか眠れないですよね!

それで、日中は体がだるくなるし眠たくなったりもして、本当に困ってしまいますよね。

 

そこで、ここでは熱帯夜でも快眠できる方法を紹介します!

 

suimin_man

熱帯夜でも快眠するためのポイント

 

快眠のためのポイントは、とにかく寝る前はリラックスすることです。

リラックスする音楽を聴いたり、アロマをしたりするといいですよ。

 

ただ、熱帯夜はそういったことをしてリラックスしようとしても、なかなか眠れませんよね。

それは、室温が高くなるせいで、体温も上昇するからです。

そこで、ここでは体温と睡眠の関係について紹介します。

 

私たちは、体の内部の温度が低い時に快眠できると言われています。

そして、脳の温度も冷やすと快眠できる、とされています。

 

私達の体は、心身が活発になると体温が上がります。

体を動かすと体温が上がるのは分かると思うんですが、興奮したり緊張したりしても体の温度(特に脳の温度)は高くなります。

それで、心身が活発だと眠れないですよね。

ということは、逆に体の温度が下がれば眠れる、ということになりますよね。

 

体の内側の温度もそうなんですが、特に脳の温度が下がった時に快眠できやすくなりますよ。

 

熱帯夜に快眠するための具体的方法!

 

熱帯夜に快眠するための具体的な方法を紹介します。

 

まず、お風呂は寝る2時間前までに済ませ、湯船にしっかり浸かるといいでしょう。

お風呂に入って体を温めると、その後は体の温度が下がります。

ですから快眠できるようになるんです。

ただ、寝る直前にお風呂に入ると体の温度が下がりません。

温度が下がるのに時間がかかりますので、寝る2時間前までにお風呂に入ったほうがいいですよ。

 

また、寝ている時は脳を冷やすようにするといいです。

冷やすのは、耳から上の部分です。

耳よりも下を冷やすと、体が冷えすぎてしまいますのでよくありません。

アイスノンなどで耳から上の部分を冷やすといいでしょう。

 

そして、エアコンなどで室温を快適な温度にしたほうがいいです。

エアコンをつけて寝ると健康的に良くない、なんて言われることがありますよね。

しかし、それは室温を下げ過ぎていたりするからです。

室温を28度くらいに設定して寝るといいですよ。

それよりも下げると、朝方寒くて目が覚めたり、体が冷えすぎて不健康になります。

また、扇風機を使う場合は注意が必要です。

扇風機は風の強さは調節できても温度設定ができませんよね。

それで、朝方に体を冷やし過ぎてしまうことがあります。

特に、風が直接体に当たるようにしてしまうと、汗をかいてる時にものすごく体を冷やして危険です。

寝ている時は、扇風機の風が直接体に当たらないようにすべきです。

エアコンの風も直接体に当たらないようにすべきですけどね。