インスタント食品の食べ過ぎで貧血になる!?その驚きの理由とは?

 

インスタント食品を食べ過ぎると貧血になる可能性が高くなる、と言われています。

確かに、インスタント食品を食べる機会が多いと、栄養バランスが崩れて不健康そうですよね。

しかし、理由はそれだけではないようです。

 

そこで、ここではインスタントを食べる機会が多いと貧血になる理由を紹介します。

 

illust203

インスタント食品を食べると貧血になる驚きの理由とは?

 

インスタント食品には、さまざまな添加物が含まれている、というのはご存じだと思います。

そして、添加物は体に悪い、というものご存じだと思います。

それで、食品添加物には貧血になる大きな原因となるものがあるんです。

それは、「リン酸塩」です。

 

リン酸塩は、
・結着剤
・乳化剤
・酸味料
・ph調整剤
などとして使われています。

インスタント食品の原材料名に「リン酸塩」という表記がなくても(表記する義務がないので書いてないことが多い)、結着剤、乳化剤、酸味料、ph調整剤のいずれかが書かれていたら、まず「リン酸塩」が使われている、と思っていいでしょう。

無添加のインスタント食品でなければ、「リン酸塩」はまず使われています。

 

それで、リン酸塩には、なんと、鉄分の吸収を阻害する作用があるんです。

つまり、食べ物からせっかく摂った鉄分が吸収されにくくなるわけですから、赤血球の原料として使われることないわけですね。

だから、貧血になりやすくなる、という事になるんですよ。

 

ちなみにリン酸塩はインスタント食品以外にも、ハム、ソーセージ、魚介類の練り物(ちくわやかまぼこなど)、プロセスチーズ、ラーメンの麺(インスタント以外にも含まれる)など、加工食品にはまず使われています。

加工食品には保存料が入っていることが多いですが、保存料としてph調整剤が使われるのがほどんどです。

だから、ほとんどの加工食品にはリン酸塩が入っている、という事が言えるんですね。

もちろん、無添加の加工食品は除きますけどね。

 

ただし、リン酸塩はもともと体内にあり、歯や骨を形成するのに必要なものです。

ですから、不足分を補うことは実は健康に良い事なんです。

ただ、不足することはまずないとされていますので、わざわざ食品から摂る必要はありません。

逆に食品から摂ってしまうと、過剰摂取ということになってしまうことが多いんです。

それで、リン酸塩を摂りすぎると鉄分が吸収されにくくなるなど、さまざまな悪影響が出てしまうんです。

 

ですから、インスタント食品を食べ過ぎるとリン酸塩の摂りすぎになって鉄分の吸収が妨げられるので、貧血になりやすくなるということになります。

貧血気味だと感じたら、インスタント食品を控えてみてはいかがでしょうか?

 

関連サイト:貧血サプリの効果は?口コミで評判のサプリを実際に飲んだ結果は?

 

浅い呼吸が及ぼす影響~えっ!こんなにも悪影響があるの!?

 

最近、「浅呼吸」が話題になっていますね。

簡単にいうと、呼吸が浅いことで身体にさまざまな悪影響を及ぼす、という事ですね。

 

そこで、ここでは浅い呼吸が体に及ぼす影響について紹介します。

201311203

 

浅い呼吸が体に及ぼす影響

 

まず、呼吸が浅くなると、肺の一部にしか酸素が届かなくなります。

それで、酸素が不足してしまうわけですね。

 

私たちの体内器官はすべて酸素がないと機能しません。

内臓や脳、肌などありとあらゆるものが機能するのに酸素が必要ですが、その酸素が不足すれば、ありとあらゆる悪影響を及ぼしてしまう、というのは想像できるのではないでしょうか?

 

脂質や糖質を燃やすのにも酸素が必要ですが、呼吸が浅くなるとそれらを燃やすことができなくなるので、太りやすくなりますね。

そして、酸素が不足すると血液の流れが悪くなるので、肩こり、首のこり、腰痛など筋肉がこりやすくなりますし、疲れやすくなったりもします。

 

また、呼吸と自律神経は密接な関係にあります。

 

それで、呼吸が浅くなると自律神経が乱れます

自律神経が乱れることで様々な症状が引き起こされてしまいます。

イライラ、倦怠感、だるさ、頭痛、動悸、めまい、不眠などありとあらゆる症状を引き起こしてしまうのです。

 

また、呼吸が浅いと薄毛の原因になると言われていますが、頭への血液の流れが悪くなると髪の成長に必要な栄養が届かなくなりますので、髪が抜けやすくなったり薄くなったりします。

 

浅い呼吸かチェックする方法

 

呼吸が浅いかチェックする方法があります。

まず、胸の下あたりをメジャーで巻き、何センチか測ります。

そして、息を思いっきり吸い込みます。

その時にメジャーが何センチになったのか、測ります。

 

それで、空気を吸い込む前と吸い込んだ後の差が5cm以上あれば正常です。

3cm~5cmの場合は呼吸が浅いとまでは言えないけど不充分、3cm未満の場合は浅い呼吸ということになります。

 

浅い呼吸を改善するには?

 

呼吸が浅くなる原因は、姿勢が悪い事かストレスかのどちらかが多いです。

 

前のめりになると肺がつぶされているのが想像できると思いますが、猫背だったりすると浅い呼吸になります。

また、緊張していると少し息苦しさを感じることがあると思いますが、それは呼吸が浅くなるからです。

ストレスにさらされると体が緊張しますので、同じように呼吸が浅くなります。

 

それで、浅い呼吸を改善するには、ストレスが原因の場合は深呼吸を定期的にするといいです。

深呼吸はストレスを緩和しますし、深呼吸を繰り返すことが浅い呼吸そのものの改善にもなるからです。

姿勢が悪いことが原因の場合は、悪い姿勢を矯正する必要があります。

普段から姿勢を良くしていれば、自然と姿勢は良くなります。

それと同時に定期的に深呼吸をする事で、浅い呼吸による症状を一時的には緩和できますよ。

 

ぎっくり腰に効く湿布は温湿布?それとも冷湿布?

 

ぎっくり腰になると、ものすごい痛くて耐えられないですよね。

それで、あまりにもひどいと病院で診てもらうと思いますが、それほどでもない時は湿布を貼って様子を見ることもあると思います。

 

ところで、湿布には温タイプと冷タイプの2つがありますよね。

では、ぎっくり腰の時にはどちらを使うといいのでしょうか?

 

ぎっくり腰の時には温湿布?それとも冷湿布?

 

ぎっくり腰のような急性の腰痛には、痛いところを冷やすといいです。

ぎっくり腰は炎症が起こりますが、その炎症を鎮めたいわけですね。

それで、炎症は冷やすとおさまります。

ですから、ぎっくり腰は痛いところを冷やすといい、ということになるわけですね。

 

では、湿布は冷湿布を使えばいいのでは、と思いませんでしたか?

 

結論を言うと、温湿布でも冷湿布でもどちらでもいいです。

 

実は、温かいか冷たいかは体感で、実際に温湿布を貼ったからといって温かくなるわけではありません。

逆に温タイプでも温度は下がります。

 

温湿布も冷湿布も使われている成分はほぼ同じです。

違いは、温湿布にはカプサイシン(唐辛子の辛み成分)が含まれていて、冷湿布にはメンソールやハッカなどが含まれている、という事です。

 

それで、カプサイシンは血液の流れを良くして温かくする効果があるものの、皮膚の温度に変化が出るだけの量は入っていません。

もし、温度が変わるくらいの量が入っていたら、ものすごくピリピリして耐えられないでしょう。

逆に湿布には水分が含まれていますが、そのせいで皮膚の温度は下がる、とされています。

だから、温湿布というのは体感では温かく感じるものの、実際には皮膚の温度を下げています。

 

ですから、温湿布も冷湿布も皮膚の温度を下げるので、お好みの方を使うといいですよ。

 

慢性的な痛みには温湿布、急性な痛みには冷湿布とよく言われます。

これは、慢性的な痛みは温めて血流を良くして痛みの原因物質を流すと良くなり、急性な痛みは冷やして炎症を静めることで良くなることから、そのように言われるのでしょう。

 

ただ、湿布は温湿布だろうと冷湿布だろうと、多少温度を下げるものの、痛みを緩和したりするほど温度は下がらないです。

湿布は痛みの原因物質の分泌を抑えることで、痛みを緩和することができます。

血液の流れを良くしたり、炎症そのものを鎮める働きは、ほとんどありません。

 

ですから、「慢性的な痛みには温湿布、急性な痛みには冷湿布」というのは誤りということになりますね。

温湿布トレイ湿布は体感以外の違いはほとんどありませんので、どんな痛みであってもどちらを使ってもいいですよ。

 

節分豆は危険!?窒息することもある?知らないと損する情報!

 

節分になると、豆まきをして歳の数だけ節分豆を食べる人は多いと思います。

しかし、あなたは節分豆には危険がひそんでいることをご存知でしょうか?

 

なんと、節分豆が窒息事故に繋がることがある、ということなんです。

3歳ころまでのお子さんが豆やナッツ類を食べると、気道に入り気管支炎や肺炎を起こすことがある、と消費者庁から発表されたんです。

参考サイト:
ナッツ類は小さな破片も要注意!3歳頃までは与えないで!!(消費者庁ホームページへ)
「豆は3歳まで与えないで」気道に入り肺炎も 節分前に消費者庁が警告(産経ニュースのページへ)

 

消費者庁のホームページには「節分豆」とは書いてなく、「豆やナッツ類」と書いてあります。

ただ、「豆やナッツ類」には、節分豆も入りますよね。

 

乳幼児は食べ物を飲みこむ力が充分に発達していないので、気道に入り込む恐れがある、という事です。

それで、豆類が気道に入り込むと、取り除くのに全身麻酔をかける必要がある、という事なんですよ。

 

節分の日に、お子さんに節分豆を食べさせるご家庭は多いのではないでしょうか?

しかし、お子さんが3歳以下の場合は、食べさせないほうが良さそうですね。

 

節分の豆まきは、無病息災を祈る意味がある、と言われています。

そして、年の数だけ豆を食べると、病気にならず健康でいられると言われています。

その豆のせいで、気管支炎や喘息になったら、シャレにならないですよね。

ですから、注意が必要ですね。