大動脈瘤で背中の痛みが発生する原因と対処法!~この痛みは…?

 

俳優の阿藤快さんが「大動脈瘤破裂胸腔内出血」で亡くなりました。

阿藤さんは69歳で亡くなったんですが、60歳を超えたあたりから背中の痛みを訴えていたそうです。

それでも大動脈瘤に気が付かず、マッサージを受けていた、という事なんです。

ひょっとして、大動脈瘤に気が付いていたら、亡くなっていなかったのかもしれない、と思うと、ちょっと悔やまれますよね。

 

そこで、ここでは大動脈瘤の早期発見のヒントとして、大動脈瘤によって背中が痛くなる原因と対処法を紹介します。

 

a0001_014027

大動脈瘤によって背中の痛みが発生する原因

 

大動脈瘤とは簡単にいうと、心臓から全身に血液を送る大動脈にできた瘤(こぶ状に拡張したもの)のことです。

それで、瘤が破裂しないと症状がないことが多いですが、まれに症状が出ることがあります。

背中付近に瘤ができれば背中が痛くなることがありますし、腰付近に瘤ができれば腰が痛くなることがあります。

 

大動脈瘤による背中の痛みの特徴はあるのか?

 

大動脈瘤による背中の痛みの特徴は、特にありません。

胃や肝臓など内臓に異常が起こっても背中が痛くなりますが、それらと大きな違いは特にありません。

背中がこった場合の痛みとの違いもほとんど区別がつきません。

 

ただし、大動脈瘤の場合、他の症状が出ることがあります。

大動脈瘤になると、咳、息切れ、しわがれ声、ものが飲みにくい、胸が痛い、顔のむくみといった症状が出ることがあります。

 

また、大動脈瘤の大きな原因は、動脈硬化です。

 

ですから、背中の痛みのほかに何らかの症状が出たり、健康診断で動脈硬化を指摘されているのであれば、大動脈瘤の可能性があります

病院で、動脈硬化であること、そして他の症状も出ていること、だから大動脈瘤の可能性があるのではないか、という事を伝えると、検査することがあります。

 

大動脈瘤は通常の健康診断で行うX線検査では見逃すことがあります。

ですから、健康診断でX線検査をしてもらっているからといって、安心はできませんよ。

 

大動脈瘤を防ぐには?

 

大動脈瘤の大きな原因は、動脈硬化です。

動脈硬化の原因は、脂質の多い食事、ストレス、睡眠不足、タバコ、アルコールなどです。

これらを避けるようにして、動脈硬化を予防することで、大動脈瘤を予防することができます。

 

また、健康診断などで動脈硬化を指摘された場合、少しの異変に敏感になる事が大切です。

病院での治療をしている場合は、医者に少しでも異変があった場合は、相談するようにしたほうがいいです。

また、治療をしてない場合でも、少しでもおかしいと思ったら、すぐに病院に行ったほうがいいですよ。

塩抜きダイエットとするとリバウンドする!?リバウンドを避けるには?

 

最近、「塩抜きダイエット」が話題になっていますよね。

「むくみが取れてスッキリした!」
など、多くの人が効果を実感していますよね。

 

しかし、リバウンドしてしまう人もたくさんいます。

そこで、ここでは塩抜きダイエットでリバウンドしないためのポイントを紹介します。

 

saltdame

塩抜きダイエットとは?

 

まずは簡単に塩抜きダイエットについて紹介します。

 

塩抜きダイエットとは、文字通り体内の塩分を抜いてしまうダイエットです。

塩分をできるだけ摂らないようにすることで、体内にためられた塩分を排出します。

 

塩分が多いと体内に水分をため込むのでむくみやすくなるほか、血液の流れが悪くなりがちなので代謝が下がって太りやすくなります。

それで、塩分を体内から排出することで、むくみを解消したり、代謝を高くして痩せやすくなったりします。

 

ただし、塩分は生きていくうえで必ず必要になるものです。

ですから、長期間にわたって塩を抜くのではなく、通常は3日間だけ集中的に行うことが多いです。

 

塩抜きダイエットでリバウンドを避けるには?

 

塩抜きダイエットは通常、短期間で終えます。

そうすると、むくみなどが解消されていることが多いです。

そして、今まで体内にため込まれていた水分が抜けますので、1~2kg体重が減ることが多いです。

 

ただし、塩分の摂取量を元に戻してしまうと、すぐに体内に蓄えられた塩分量が以前と同じになります

そうなったら、体重もむくみも元通りになりますよね。

ですから、リバウンドをしてしまうんです。

 

塩抜きダイエットは3日間だけ塩分を徹底的に抜きますので、それほど無理なダイエットではなく、リバウンドしにくいとは言われています。

しかし、塩分の摂取量を元に戻せば、体重が元通りになるのは当然といえば当然ですね。

 

ただし、塩抜きダイエットを続けるのは危険です。

やりすぎると命にかかわることもあり得ます。

ですから、塩抜きダイエットは3日で終わらせるべきです。

 

塩抜きダイエットをすると、どんな食品にどれだけの塩分が含まれているか、だいたいわかるようになると思います。

それで、塩抜きダイエットを3日間した後は、塩分の摂取量を減らすといいでしょう。

塩は、1日5g摂る必要だと言われています。

1日の摂取量の目安は、男性が8g、女性が7.5gですが、これは超えないようにしたほうがいいです。

ですから、最低限の塩は摂るようにしながらも、今までよりも塩分摂取量を減らせば、リバウンドを防ぐことができるでしょう。

 

「一度、塩抜きダイエットをすると、薄味に慣れるので塩分を減らしやすくなる。」
という声もたくさんあります。

塩抜きダイエットをきっかけに、塩分の摂取量を減らすことができるようになるといいでしょう。

 

椎骨動脈解離の原因と予防のポイント~脳卒中にならないために!

 

椎骨動脈解離は、脳梗塞やくも膜下出血などの脳卒中の大きな原因になります。

ですから、椎骨動脈解離になったら早めに治療をする必要がありますが、それと同時にならないように予防することも大切ですね。

 

そこで、ここでは椎骨動脈解離の原因と予防のポイントを紹介します。

 

201311203

 

椎骨動脈解離の原因

 

まずは、椎骨動脈解離とはどういった病気なのか、そしてその原因は何なのか、紹介します。

 

椎骨動脈解離は、椎骨動脈が解離することです。

 

椎骨とはいわゆる背骨のことです。

背骨といっても背中だけにあるのではなく、頭から首や背中を通ってお尻のあたりまであります。

それで、首の後ろ側の椎骨には動脈が並行して通っています。

その動脈を椎骨動脈と言います。

ひらたく言うと、首の後ろ側を通っている動脈のことですね。

 

また、動脈は3つの層からできているんですが、その内側の層がはがれることを動脈解離といいます。

 

ということは、ひらたく言うと、首の後ろ側の動脈の内側の層がはがれることが椎骨動脈解離だ、ということができますね。

 

椎骨動脈解離になると、脳に血液を正常に送れなくなります。

それで、脳卒中になりやすくなるのです。

 

動脈解離の原因は、
・高血圧、糖尿病、高脂血症、動脈硬化
・血管の病気
・外傷
・喫煙
などです。

これらは、椎骨動脈解離の原因にもなります

 

それにプラス、椎骨動脈解離特有の原因も指摘されています。

それは、ストレートネックです。

首の骨(椎骨)が歪むと、血管にも負担がかかります。

それで、椎骨動脈が解離しやすくなる、ということです。

最近は、スマホやパソコンのせいでストレートネックになる人が増えています。

それで、椎骨動脈解離になる人が増えている、と言われています。

 

椎骨動脈解離を予防するポイント

 

椎骨動脈解離を予防するには、適度な運動、栄養バランスのとれた食事、充分な睡眠など、生活習慣病の予防とほぼ同じです。

 

それにプラス、ストレートネックにならないようにすることも大切です。

ストレートネックは、スマホやパソコンなどをする時に下を向いていることが多いと思いますが、その時間が長くなるとなりやすいと言われています。

ですから、ストレートネックにならないようにするには、スマホやパソコンを長時間しないようにすることが大切です。

仕事などで1日中パソコンやスマホを使う場合は、時々休憩をして顔を上げるようにするといいですよ。

また、ストレートネックを矯正する枕やグッズなどが売られていますので、そういったものを使って矯正するのもいいでしょう。

効果はグッズによって差があると思いますので、事前に口コミなどを調べたほうがいいかもしれませんね。

 

夜中に咳を止まらない時は玉ねぎが効果的ってホント?

 

夜中に咳が止まらなくて眠れない時は、タマネギが効果的、ということを聞いたことはありませんか?

これはかなり意外なんですが、びっくりするほど簡単な方法なのに、ものすごく効果があるんです。

「こんなに簡単に咳が止まるなんて~!」
と、誰もが感じるのではないでしょうか?

 

そこで、ここでは夜中に咳が止まらない時に、玉ねぎが効果的な理由と、咳を止める具体的な方法を紹介します。

 

201311203

 

夜中に咳が止まらない時に玉ねぎが効果的な理由

 

玉ねぎを切ると、独特なにおいがありますよね。

そのにおいのもとは「硫化アリル」といいます。

それで硫化アリルに、咳を止める効果がある、ということです。

 

なぜ硫化アリルに咳を止める効果があるのか、詳しい事はまだわかってないということです。

ただ、硫化アリルには神経を鎮めたり、ぐっすり眠れるようになったりする効果もありますので、そのあたりと関係があるのではないか、と考えられているようです。

 

玉ねぎで夜中の咳をとめる具体的方法

 

玉ねぎで夜中の咳を止める方法は、ものすごく簡単です。

玉ねぎの皮をむき、1/4サイズにカットし、お皿などに盛って枕元に置くだけです。

たったそれだけで咳が軽くなるんです。

もし、香りが強すぎて目がいたくなるようなら、タッパーなどに入れてふたをしておくといいですよ。

 

もちろん、部屋が乾燥しない様にしたりすることも大切です。

それでも咳が止まらない時に玉ねぎを切ったものを枕元に置いておくだけで、咳がかなり軽くなったり、止まったりするんです。

これは、かなり効果がありますし、とっても手軽なので、一度試してみてはいかがでしょうか。