スズメバチは11月の注意が必要!刺された時の対処法は?

a1180_009519

スズメバチは11月頃から冬眠に入りますので、徐々に活動しなくなります。

だから、スズメバチに刺されなくなるだろう、なんて考えるのは甘いです!

11月頃から徐々に活動をしなくなっていきますが、まだまだ活動をしています。

ですから、刺される可能性は充分にありますので、注意が必要です。

 

スズメバチに刺されないようにするには、スズメバチの巣に近づかないようにするのが一番です。

もし、家でスズメバチの巣を発見したら、業者に頼んで駆除してもらったほうがいいです。

 

ただ、どれだけ気をつけていても、スズメバチに刺されてしまうことがあると思います。

そこで、ここではスズメバチに刺された時の対処法を簡単に紹介します。

 

スズメバチに刺された時の対処法

 

スズメバチに刺された時は、まずその場から離れてください

集団で襲ってくる恐れがありますので、すぐにその場から離れたほうがいいでしょう。

 

そして、すぐに救急車を呼んでください

スズメバチに刺されたら、アナフィラキシーショックで死亡することがあります。

アナフィラキシーショックだと、スズメバチに刺されてから1時間で死に至っていることがあります。

ですから、いち早く救急車を呼んでください。

特に、全身にじんましんができたり、吐き気や嘔吐、息苦しさ、むくみなどがある場合は、アナフィラキシーショックで死亡する可能性が高いので、大至急救急車を呼んでください。

 

119番通報すると、救急車が来るまでの対処法を電話で教えてくれることが多いです。

ですから、詳細をきちんと伝えれば、正しい対処法を教えてくれることが多いですよ。

ここでは念のため、救急車が来るまでの対処法を紹介しておきます。

 

まずは、毒を少しでも体外に排出する必要があります。

それで、口で吸い出すのではなく、指でつまんで毒を外に追い出すようにしましょう

また、刺されたところを冷やせるなら冷やしたほうがいいです。

冷やすと血液の流れが悪くなるので、毒が全身に周りにくくなります。

 

ただ、くどいようですが、119番通報した時に教えてくれる対処法のほうを優先して実践してください。

刺された人の状況に応じた対処法を紹介してくれることが多いですよ。

秋晴れの時期は?何日から何日までって決まってるの?

秋の晴れた日のことを“秋晴れ”と言いますね。

気温などに関係なく、秋に晴れたら“秋晴れ”と言うそうです。

秋晴れは、雲が少なく、風は弱く、湿度も低く、さわやかな晴れが特徴です。

また、天気が移りやすく、晴れが3日~4日くらいしか続かない傾向があるのも、秋晴れの特徴ですね。

 

ところで秋晴れは、夏や冬に晴れても、秋晴れとは言いませんよね。

つまり、8月に晴れても、また12月に晴れても、秋晴れとは言いません。

 

じゃあ、9月に晴れたら、あるいは11月に晴れたら、秋晴れと言うのかなぁ?と疑問に思いませんか?

 

そこで、ここでは秋晴れの時期について紹介します。

 

秋晴れの時期

 

秋晴れについて、いつからいつまでなのか定義があるのか調べました。

そうしたら、どこにも時期については触れられていませんでした。

ということは、秋晴れは特にいつからいつまでと定義されてないようですね。

 

ちなみに、秋はいつからいつまでなのか、というと、これはいろいろな定義があります。

社会通念上、あるいは気象学上では、秋は9月、10月、11月です。

天文学上は秋分(9月23日ごろ)から冬至(12月22ごろ)までです。

二十四節気では、立秋(8月8日ごろ)から立冬(11月8日ごろ)までです。

 

ただ、秋晴れとは社会通念上の言葉と考えることができますので、秋晴れの時期は9月、10月、11月の晴れの日と考えることができますよね。

恐らく、9月下旬~11月下旬をイメージする人が多いような気はするんですけどね。

 

秋晴の候(あきばれのこう)の時期は?

 

秋晴の候(あきばれのこう・しゅうせいのこう)という言葉があります。

これは時候の挨拶です。

白露(9月7日ごろ)~寒露(10月6日ごろ)に使うのが通例です。

 

ただ、時候の挨拶と実際の季節には、ずれがありますね。

2月の寒さのピークの時に、「立春の候」などと使うことなどを考えると、時候の挨拶と実際の季節は、ずれているということが分かると思います。

 

 

ですから、秋晴の候が9月初旬から10月初旬に使われるからといって、秋晴れがその時期の晴れた日のことだけしか指さない、なんてことはありません。

11月の秋らしい晴れた日のことも、普通に秋晴れと言いますよ。

紅葉時期の秩父長瀞 2015年の混雑予想と対策~ライトアップは?

IMG_1209-600x400
(画像は長瀞の紅葉ではありません。イメージです。)

秩父の長瀞といえば、紅葉の名所として知られていますよね。

特に「月の石もみじ公園」の紅葉のライトアップは有名ですよね。

ただ、気になるのが混雑状況ではないでしょうか?

 

そこで、ここでは秩父の長瀞の紅葉時期の混雑状況について例年の状況から予想します。

 

秩父長瀞の2015年のアクセス

 

まずは、秩父の長瀞へのアクセス方法を紹介します。

 

電車の場合、最寄り駅は秩父鉄道の長瀞駅です。

東京都内から行く場合、池袋駅から西武鉄道で西武秩父駅まで特急で約80分、西武秩父駅から秩父鉄道お花畑駅まで徒歩約10分、そこから秩父鉄道で長瀞駅まで約20分です。

また、熊谷駅からは秩父鉄道で長瀞駅まで約50分、東武東上線を利用する場合、寄居駅で秩父鉄道に乗り換えですが、そこから長瀞駅まで約20分です。

秩父鉄道は1時間に1本~2本くらいですので、待ち時間も考慮する必要がありますよ。

 

車の場合、関越自動車道の花園ICから国道140号で約30分です。

また、熊谷からは国道140号で約50分です。

 

紅葉時期の秩父長瀞の2015年の混雑予想は?

 

まずは、例年の混雑状況から紹介します。

 

平日の日中は、紅葉の見ごろのピークであっても、それほど混雑はしません

電車はそんなにも混みませんし、西武の特急は満席になることが少ないです。

ただ、西武の特急は、たまに満席になっているのを見かけますので、前日までに特急券を購入しておいたほうがいいですよ。

道路も、国道140号はいつもよりも車が多い、と感じる程度で、流れが悪くなるほど渋滞することはまずありません。

駐車場は、長瀞駅周辺か「月の石もみじ公園」にありますが、満車になっているのを見たことがありませんので、心配はないでしょう。

 

ただし、平日の夕方以降はまあまあ混みますが、休日はものすごい混みます

西武の特急は満席になっていることが多いので、なるべく早めに特急券を購入ほうがいいです。

もともと西武の特急は、夕方は通勤客でいつも満席になりますので、夕方に行く場合は、前日までには特急券を購入しておいたほうがいいですけどね。

見ごろのピークは西武の特急券はできるだけ早めに購入したほうがいいです。

あと、休日は秩父鉄道はかなり混みます。

都心の通勤ラッシュと比べると、かなりましです。

しかし、座れないことが多いです。

国道140号線は渋滞しています。

長瀞駅から花園ICまで、1時間以上(普段の倍以上)かかることも珍しくありません。

駐車場は満車になっているのを時々見かけます。

 

ただ、月の石もみじ公園・岩畳・宝登山神社は、身動きが取れないほど混むことはまずありません。

ちょっと人が多いなぁ、と思う程度なので、現地では紅葉を充分に楽しむことができるでしょう。

 

毎年、紅葉のピークは11月中旬~下旬です。

2015年は例年通りだろう、と予想されています。

ですから、11月14日(土)~11月29日(日)の土日祝は、道路は渋滞、電車は混雑するでしょう。

 

紅葉の時期の秩父長瀞の混雑・渋滞対策

 

紅葉の時期、土日祝日はできるだけ電車で行ったほうがいいです。

秩父鉄道は座れないものだと覚悟したほうがいいですが、乗れないほど混んだところを紅葉の時期に見たことがありません。

ですから、できるだけ電車で行ったほうがいいです。

また、花園ICから140号線を走っている途中、寄居駅の近くを通りますが、寄居駅近くに駐車場がありますので、そこに車を止めて電車で行ったほうがいいかもしれないです。

 

あとは、朝早く到着するようにすれば、車でもそれほど渋滞はしないです。

午前10時くらいに着くようにすれば、少々渋滞したとしても駐車場が満車になることは、多分ないと思います。

ただ、帰りは時間帯によっては渋滞に巻き込まれることもありますので、覚悟が必要です。

なるべく早い時間(昼過ぎくらい)なら、それほど渋滞してないことが多いですけどね。

 

電車で行く場合は、西武の特急券はなるべく早めに買う、秩父鉄道は座れない、の2つを理解していればいいでしょう。

 

ただ、平日は夕方以降でも駐車場が満車になることもほとんどないので、特に対策は必要ないものと思われます。

ただ、池袋をPM5:30以降に出発する西武特急に乗る時は、通勤客ですぐ満席になりますので、早めに特急券を買っておいたほうがいいです。