くも膜下出血と水頭症を発症したときの後遺症

 

くも膜下出血になると、水頭症にもなることがあります。

 

くも膜下というのは、頭がい骨と脳の間にある膜の1つです。

その膜から出血することをくも膜下出血と言いますね。

 

それで、くも膜下と脳の間には髄液という液体があるんですが、くも膜下出血になると髄液が循環しなくなることがあります。

そうなると髄液がたくさんたまりすぎるので、水頭症を引き起こすわけですね。

 

では、くも膜下出血と水頭症を同時に引き起こした時に、どのような後遺症があるのでしょうか?

201311203

 

くも膜下出血と水頭症を同時に引き起こした時の後遺症

 

まず、くも膜下出血の後遺症は以下の通りです。

・運動障害(全身麻痺、半身麻痺)
・言語障害
・発生障害
・嚥下障害(食べ物や飲み物、つばなどを飲み込めなくなる)
・感覚障害(触覚、知覚、痛覚などの感覚が鈍る)
・視野障害(視野が狭くなるetc)
・排泄障害(頻尿や尿失禁、尿意を感じない、など尿の排泄の障害)

 

そして、水頭症の後遺症は以下の通りです。

・認知症、記憶障害
・排泄障害
・運動障害(歩行困難など)

 

くも膜下障害と水頭症を引き起こした場合、これらすべての後遺症の心配があります。

ただ、早めに対処すれば後遺症は残らなかったり、残っても軽くなったりします。

後遺症が多少残っても、生活に支障がない程度まで回復することだってあるのです。

 

ですから、くも膜下出血の場合は、早めに対処することが大切ですよ。

 

くも膜下出血の症状は、ハンマーで殴られたような頭痛、という表現をされることが多いですが、耐えられないほどひどい頭痛です。

まさか、救急車を呼ばない人はいないだろう、というくらいのひどい頭痛です。

ですから、症状が出たら、ほとんどの人が緊急で病院で診てもらうことになると思います。

 

その前に、何とか耐えられる程度の頭痛と同時に、吐き気や嘔吐が起こることが多い、とされています。

くも膜下出血の前兆の頭痛の特徴は、頭が全体的に感じる痛みだったり、あるいは頭の前の部分か後ろの部分が痛くなったりします。

頭痛と同時に吐き気、嘔吐がした場合は、すぐに病院で診てもらったほうがいいです。

 

また、くも膜下出血の危険要素は、生活習慣の乱れ、アルコール、喫煙などです。

くも膜下出血の予防を考えれば、せめて、アルコールとたばこはやめたほうがいいですよ。

もちろん、適度な運動、栄養バランスのとれた食事、ストレス発散、充分な睡眠も非常に大切ですけどね。

 

てんかんは遺伝する?結婚した男性がてんかんだと子供はどうなる?

 

てんかんだと、突然発作を起こしたりして怖いですよね。

てんかん患者が事故を起こしたりしたニュースを見ると、ゾッとすることがあります。

 

さて、
「てんかんは遺伝するの?てんかんの男性と結婚したらてんかんの子供が生まれるの?」
と、ある女性から聞かれました。

そこで、てんかんは遺伝するのか、紹介します。

201311203

 

てんかんの男性との間に生まれた子供はてんかんになる?

 

まずは結論から。

てんかんは遺伝する可能性がかなり低いです。

 

てんかんの原因は、脳炎や脳梗塞などの病気や、頭部をけがするなどして脳が傷つくことだと言われています。

 

これらは遺伝で起こることではなく、生まれたあとに起こることですよね。

ですから、てんかんのほとんどが遺伝ではない、ということができます。

 

ただし、てんかんが遺伝することもある、と言われています。

てんかんの遺伝子があって、その遺伝子のせいでてんかんになる、という事なんです。

 

しかし、てんかんの遺伝子を持っているという理由だけでてんかんになることは、まずないだろうとされています。

てんかんの遺伝子を持った人が、頭部をけがをするなどして脳に衝撃が加わることで、てんかんが発症するとされています。

つまり、てんかんの遺伝子を持った人は、てんかんにはなりやすいけど、脳が傷つくような衝撃を受けなければ、てんかんを発症することはない、とされているのです。

 

 

ただ、てんかん患者の大多数は遺伝ではない、とされています。

ですから、てんかんの男性との間にできた子供がてんかんになる可能性は非常に低い、という事になります。

 

理由はよくわからないですけど、てんかんは遺伝する、と思っている人が非常に多いです。

しかし、ほとんどの医師は、てんかんが遺伝するとは考えていません。

ですから、てんかんの方と結婚しても、てんかんの子供は生まれない、と考えて大丈夫ですよ。

 

また、てんかんは適切な治療をすれば治ることが多いです。

ですから、てんかんであれば、病院で診てもらって、しっかりと治療することが大切です。

てんかんの方と結婚を考えているのであれば、しっかりと治療させることも大切ですね。

連休明けの疲れを解消するポイント~GW.お盆.正月etcの疲れを解消!

 

ゴールデンウィークやお盆、シルバーウィーク、お正月などの連休が明けると、なんだか疲れて「仕事に行きたくない!」と思う人も多いのではないでしょうか?

そこで、ここでは連休明けの疲れを解消するポイントを紹介します。

 

連休明けの疲れを解消するポイント

 

連休明けに疲れを感じる原因は主に2つです。

 

1つは、連休中に仕事から離れると、普段は疲れを感じない仕事でも、疲れを感じてしまうんです。

仕事に限らずなんでもそうですが、慣れないことをすると疲れますよね。

でも、次第に慣れてくると疲れを感じなくなりますよね。

それで、1週間、10日と仕事をしないと、せっかく慣れていた仕事も久しぶりに行う事になりますので、慣れていないのと少し同じような状態になります。

ですから、疲れてしまうのです。

仕事の日の前日からツラくなることがあると思いますが、嫌な仕事も慣れると嫌だと感じなくなるのに、久しぶりに仕事だと思うとツラいと思ってしまうのです。

 

また、生活リズムの乱れによっても疲れを感じます。

連休中に朝起きる時間が遅くなると、仕事の時に起きるのがかなりツラくなります。

それで、疲れを感じてしまうのです。

 

以上が連休明けの疲れの主な原因です。

これらは仕事に慣れていくことで疲れを感じなくなります。

ですから、連休明けの1日、2日はウォーミングアップだと思って、徐々に仕事に慣れていくといいですよ。

無理して仕事を頑張ると、ますます疲れてしまうことがあります。

ですから、無理しないことも大切です。

 

家族サービスで疲れた場合、これらの疲れに加えて肉体疲労もひどくなると思います。

連休明けの数日は仕事が終わったらまっすぐ帰るようにしたほうがいいです。

そして、しっかりと肉体疲労を取るようにしたほうがいいですよ。

夕方老眼を予防するポイント!アレで視界クッキリ!?

 

「夕方になると、視界がボヤ~として字が見えなくなるんだけど、なんとかならないかなぁ?」
と、あなたは悩んでいませんか?

朝は視界がくっきりしていて、スマホをしっかり見ることができたのに、夕方になるとスマホの字が見えなくなる、という事ってあると思います。

それは、「夕方老眼」です!

 

夕方老眼は放置しておくと、本当の老眼になることがあります。

ですから、早めに対処したいものですね。

 

そこで、ここでは夕方老眼の原因と予防する方法を紹介します。

computer_tsukare

 

夕方老眼の原因

 

夕方老眼の原因は、目の疲れです。

日中にパソコンやスマホをずっとしていると、目を酷使していることになります。

目を酷使するという事は、目の周りの筋肉を酷使していることになります。

 

足や腕の筋肉は、使いすぎると痛くなって動かすことができなくなりますよね。

それと同じで、目を酷使して周辺の筋肉を使いすぎると、動かすことができなくなります。

 

目の周辺の筋肉はピントを合わせる働きがあります。

それで、目の周辺の筋肉が動かなくなると、ピントを合わせることができなくなるので、視界がボヤーとしてスマホなど手元の字を見ることができなくなるのです。

 

ちなみに、目の疲れというのは目の筋肉が疲労している状態です。

ですから、夕方老眼は目の疲れがひどくなったものだということができますね。

 

夕方老眼を予防するポイント

 

夕方老眼を予防するには、目の周りの筋肉をほぐすことが大切です。

筋肉は温めるたり血液の流れを良くするとほぐれます。

 

ですから、蒸しタオルなどで目の周辺を温めると、夕方老眼の予防になります。

 

また、瞬(まばた)きをすると、目の周りの血液の流れを良くすることができるので、頻繁に瞬きをするといいですよ。

ちなみに、パソコンやスマホをしているときは、していない時と比べて瞬きの回数が減ると言われています。

それが目の疲れをますますひどくするので、夕方老眼になる原因の1つと考えられています。

パソコンやスマホをしているときは、意識して瞬きの回数を増やすのもいいですよ。

 

あと、できれば作業中に小休憩をはさむといいです。

1時間に1回、5分くらいパソコンやスマホの画面を見ないようにすると、目の疲れが緩和されて夕方老眼を防ぐことができます。

 

そして、目薬は疲れ目用のものを使うといいですよ。

ただ、目薬は目の周辺の筋肉に刺激を与えて動かしているだけです。

目の周辺の筋肉の疲れを取っているわけではありません。

多くの目薬には目の筋肉に疲れを取る成分も入っていますが、基本的には筋肉の疲れを取ることで視野を回復させているのではなく、筋肉を刺激しることで視野を回復させています。

ですから、目薬を使うのもいいんですが、それと同時に目の疲れを解消することも大切ですよ