ストレス解消にアルコールは効果的?それとも危険?

drink_beer

仕事の終わった後のビールってなぜかおいしいですよね。

それだけではなく、ストレスがたまるとなぜかアルコールを飲みたくなりませんか?

「パァ~ッと飲んで、嫌なことは忘れたい!」
ストレスがたまるとそんなことを思う人は多いのではないでしょうか?

 

さて、ストレス解消にアルコールが効果的なのか、それとも危険なのか、ちょっと疑問に思った事はありませんか?

そこで、ここではストレス解消にアルコールが効果的なのか、それとも危険なのか、紹介します。

 

ストレス解消にアルコールは効果的?それとも危険?

 

まず結論から言うと、アルコールはストレス解消の効果が認められている一方で、危険性も指摘されています

 

アルコールを飲むと、セロトニンという脳内物質が分泌されます。

セロトニンは心身ともに安らぎを与える物質です。

ストレスがたまると、心身ともに緊張状態が続き、リラックスできなくなります。

そんな時に、アルコールによってセロトニンが分泌されれば、心身ともにリラックスすることができるので、ストレス解消になります

 

また、アルコールを飲むとドーパミンと呼ばれる脳内物質も分泌されます。

ドーパミンは快感を与える物質です。

ですから、アルコールによってドーパミンが分泌されると、気分が良くなるのでストレス解消になります

 

ただし、ドーパミンは依存症の原因になる物質です。

ストレスがたまると脳はより強く快楽を求めます。

それで、アルコールによってドーパミンを分泌させていると、脳はますますアルコールを求めてしまいます。

そして、ついには脳は四六時中アルコールを求めるようになってしまうのです。

これがアルコール依存症ですね。

そうなると、日常生活に支障が出るだけではなく、健康上の問題も非常に大きくなり、命にかかわるようにまでなりますよね。

 

ですから、アルコールは依存症の原因となるので、危険性も伴うという事になります。

 

また、依存症までいかなくても、アルコールの飲み過ぎで動脈硬化が進んだり、体のあらゆる部分で悪影響を及ぼします。

脳の働きを鈍らせたりするとも言われていますので、記憶力や集中力が低下したり、また認知症になりやすくなる、といったことも指摘されています。

 

ですから、アルコールには危険がたくさんひそんでいる、という事になりますね。

 

それで、ストレス解消に効果的なアルコールの量は、ビールだと1日500mlまでだといわれています。

ビールを1日500ml以上飲むと、健康を害し、依存症になりやすい、と言われているんです。

 

ただし、私たちの体はアルコールを飲み続けると、アルコールに対して耐性ができてしまいます。

そうなると、アルコールをよりたくさん飲まないと、ストレス解消できなくなってしまうのです。

すると、アルコールの飲む量が増えてしまい、健康上問題が出てくるようになります。

ですから、たとえビールを1日500mlまでしか飲まなかったとしても、飲み続けることでストレスを解消できなくなり、脳がさらにたくさんのアルコールを求めるようになります。

 

ですから、アルコールは我慢できないくらいのストレスを感じたときだけにしておいて、毎日飲むのはやめておいたほうがいいですよ。

熱中症の症状 足がしびれた時の対処法!すぐ対処しないと危険!?

 

熱中症になると様々な症状を引き起こしますが、その一つに足のしびれがあります。

足のしびれを感じたときには、早く対処しないと危険です。

運が悪いと命に係わることがあります。

ですから、暑い日に正座などをしていないのに足のしびれを感じたら、すぐに対処すべきです。

natsubate_businessman2

ここでは、熱中症で足のしびれを感じた時の対処法を紹介します。

 

熱中症で足がしびれる原因

 

まずは簡単に熱中症で足がしびれる原因を紹介します。

 

足がしびれる原因は、血液中の塩分の不足です(正確には塩の主原料のナトリウム不足)。

塩分は筋肉が収縮を調節する働きがあります。

それで、塩分が不足すると、筋肉を上手く収縮できなくなるので、しびれを感じてしまうのです。

 

それで、外部の温度(気温、室温など)が高くなると、体の温度が高くならないように汗をかきます。

その汗と一緒に血液中の塩分が外に出てしまいます。

すると、血液中の水分とともに塩分も少なくなります。

それで、塩分不足になると、足にしびれを感じるようになるのです。

 

足のしびれを感じてからしばらくすると手のしびれを感じることが多い(手足のしびれを同時に感じることも多い)ですが、手のしびれを感じなくても危険な状態には変わりありません。

早めに対処する必要がありますよ。

 

熱中症で足のしびれを感じた時の対処法

 

熱中症で足のしびれを感じたら、まずは涼しいところに移動します。

出来ればエアコンの効いた室内、それが難しい場合は木陰など直射日光の当たらない、涼しいところに移動します。

 

そして、服のボタンを外すなどして、風が通りやすくなるようにします。

 

そして、水分補給と同時に塩分も補給します。

スポーツドリンクであれば、ナトリウムイオンが含まれていますので大丈夫です。

というか、食塩よりかはスポーツドリンクのほうがいいです。

スポーツドリンクがない場合、近くに自販機かコンビニなどがあれば買ったほうがいいです。

ない場合は、とりあえず水分だけでも補給します。

 

それで、しびれを感じなくなったら、すぐに帰ってしばらくはエアコンの効いたところで安静にしていたほうがいいでしょう。

塩分補給をしなかった場合は、塩分補給をしてください。

 

また、しびれがなくならない場合は、病院に行って診てもらってください。

また、しびれは感じなくなったけど、頭痛やめまい、吐き気など他の熱中症の症状が出ている場合も、病院で診てもらって下さい。

 

そして、夏の暑い日に出かけるときは、スポーツドリンクか、もしくは水と塩飴など、水分と塩分を補給できるものを持ち歩いたほうがいいです。

万が一の時に役に立ちますよ。

夏バテによる下痢に正露丸を飲んでも大丈夫?下痢は止まる?

 

「夏バテで下痢が止まらないんだけど、どうしたらいいんだろう?」
と、あなたは悩んでいませんか?

夏バテで下痢になる人って多いですよね。

それで、下痢が止まらないと仕事などにも支障が出ますし、
なんとか早く止めたいですよね。

 

下痢が止まらない時、正露丸を飲む人が多いのではないでしょうか?

 

ただ、夏バテが原因の下痢に正露丸を飲んでも
効果があるのかなぁ?
なんて、疑問に思いませんでしたか?

食べ過ぎが原因の下痢なら効果があるだろうけど、
夏バテが原因の下痢にも効果があるのかな?と。

a1640_000380

 

そこで、ここでは夏バテが原因の下痢を止めるのに、
正露丸を飲んでも大丈夫なのか紹介します。

 

夏バテによる下痢に正露丸を飲んでも大丈夫?

 

まずは結論から、
夏バテにより下痢を止めるのに正露丸は効果的です。

飲めば一時的には下痢は止まるでしょうし、問題もありません。

副作用はありますが、食べ過ぎの時に飲むときと、
同じくらいの効果と副作用はあります。

ですから、以前正露丸を飲んで副作用が気にならなかったら、
夏バテの下痢を止めるために正露丸を飲んでも問題ないでしょう。

 

ただ、問題なのは、
正露丸を飲んでも下痢の原因を取り除くことはできない
という事です。

夏バテで下痢が引き起こされるのは、自律神経が乱れるからです。

それで、正露丸には自律神経の乱れを整える働きはありません。

排便の機能を止めているだけです。

ですから、正露丸を飲めば一時的には下痢は止まりますが、
自律神経が乱れたままなので、
正露丸の効果がなくなれば再び下痢になります。

 

正露丸を飲んでもいいですが、
それと同時に自律神経の乱れを整えることも大切です

夏に自律神経が乱れる最大の原因は、
夏の暑さに体がついてこないことと温度差です。

人間の体は温度差にある程度対応するようにできていますが、
限度があります。

その限度を超えると、自律神経が乱れます。

また、エアコンの効いた屋内とエアコンの効いていない屋外を
行き来していると、温度差に体がついていけなくなります。

それで、自律神経が乱れてしまうのです。

夏に自律神経が乱れた場合、
熱いところであまり無理しないこととなるべく温度差を小さくすることです。

クーラーの効いた部屋では服を1枚よぶんに着て、
外出するときは服を脱ぐなど、
体への温度差をなるべく小さくすることが大切ですよ。

 

夏の下痢の原因は夏バテだけではない!

 

夏の下痢の原因は夏バテだけではありません。

それ以外にも冷たいものの摂りすぎや食中毒があります。

 

冷たいものを食べたり飲んだりし過ぎたら
腸に負担になるので下痢になります。

この場合も正露丸を飲めば一時的に下痢は止まります

ただし、冷たいものを減らして腸への負担を減らさないと、
正露丸の効果がなくなれば再び下痢になります。

 

食中毒の場合は、病院で診てもらってください。

そして、下痢止めが処方されることが多いですので、
医者の指示に従って飲んでください。

食中毒は体内に入った菌を便と一緒に排出するために
下痢になります。

それなのに、自己判断で正露丸で下痢を止めていると、
細菌を外に出すことができなくなることがあり得ます。

それで、医者や薬剤師は細菌を外に出すことも考慮して、
ある程度感覚を開けて飲むように指示するはずです。

「下痢止めを飲んだら、○時間は下剤を飲まないように!」
という指示が医者か薬剤師からあると思いますので、
その指示に従いましょう。

 

また、夏には感染性胃腸炎になる人は増えますが、
なったら病院に行ってください

そして、下痢止めは医者や薬剤師などの指示通りに飲んでください。

食道がんの原因となる飲み物!~この飲み物には注意!

 

ここでは、食道がんの原因となる飲み物について紹介します。

201311203

 

食道がんの原因となる飲み物

 

食道がんの原因となる飲み物は、熱い飲み物、からい飲み物、アルコールの3つです。

 

熱い飲み物を冷ますことなく飲むと、食道の粘膜細胞を傷つけます。

そうすると、そこの細胞ががんになりやすくなるんです。

ですから、熱い飲み物を飲む場合は、できるだけ冷ましてから飲んだほうがいいです。

 

また、からい飲み物は食道に刺激を与えるので、がん細胞が発生しやすくなります。

 

また、アルコールを飲むと体内で分解されますが、その過程においてアセトアルデヒドというものができます。

アセトアルデヒドは、二日酔いの大きな原因となるものですが、食道も刺激しますので、食道がんになりやすくなります。

 

という事は、熱い飲み物は冷ましてから飲み、からい飲み物とアルコールを控えれば、食道がんの予防になる、という事になりますよね。

 

ただ、食道がんは食べ物も大きく影響します。

そして、嘔吐を頻繁にしていると、食道がんになりやすくなる、都言われています。

あと、喫煙も食道がんのリスクを高める、と言われています。

 

普段から健康的な毎日を送るようにすることで、食道がんを防ぐことができるようになりますよ。

プール熱で咳が止まらない!大人が感染したときの対処法

 

大人がプール熱に感染したときの症状の1つに咳があります。

ここでは、大人がプール熱に感染したときに咳が止まらない時の対処法を紹介します。

a0002_007492

 

大人がプール熱で咳が止まらない時の対処法

 

プール熱が発症した時、高熱、のどの痛みとともに、咳が止まらなくなることがあります。

それで、通常は5日~7日間症状が続きますが、症状が収まれば咳も自然に止まることが多いです。

咳はウイルスを体外に追い出す働きもあります。

ですから、無理して咳をとめる必要はありません

 

ただ、咳が止まらなくて眠れないと、体力の消耗が激しくなって治るのが遅くなる恐れがあります。

そういう時は、はちみつを食べると咳が止まりやすくなる、と言われています。

咳止めを飲むよりも、はちみつを摂ったほうが咳をとめるには効果的、なんていう説もありますが、本当なのでしょうかね?

そういう説が出てくるくらい、はちみつは咳をとめる効果が高い、と言われていますので、摂ってみるといいでしょう。

 

咳止めの薬を飲んでも、特に問題はないでしょう。

ただし、病院で診てもらったのであれば、咳止め薬が処方されることがあります。

それにプラス、市販の咳止めは飲まないほうがいいですよ。

また、病院で診てもらって薬を処方された場合、市販の咳止めを飲んでいいのか、医者や薬剤師の方に相談したほうがいいです。

飲み合わせで悪い症状が出ることがあります。

 

「咳を薬で止めると、ウイルスを体外に出すのを止めることになるので、飲まないほうがいい!」といわれることがあります。

ただ、咳が止まらなくて眠れず体力が消耗されるのに比べたら、咳止め薬で咳をとめて、ぐっすり眠ったほうがいいとは思います。

ですから、ムキになって咳止め薬を避ける必要もないですよ。

 

プール熱はウイルス感染によって発症します。

ちなみに、ウイルスを退治する薬やワクチンは、今のところ世の中にはありません。

ですから、免疫力を高めてウイルスを少しでも退治しやすいようにするために、しっかりと休養したほうがいいですよ。

 

大人の場合、子どもと違ってプール熱で出勤停止する義務はありません。

だからといって出勤したら、周りに移してしまうかもしれませんし、治るのが遅くなるかもしれません。

そこは、職場の人とよく話をして、できるだけ仕事は休んだほうがいいですよ。