調布市花火大会の穴場 稲田堤の見どころ!

調布市花火大会 穴場 稲田堤 について

 

調布市花火大会の穴場として知られる「稲田堤」は、

良く見えるのにあまり混雑しないので、

かなりおススメです。

 

JR南武線の稲田堤駅か京王相模原線の京王稲田堤駅から

多摩川まで歩いて10分程度ですが、

稲田堤駅近辺の多摩川沿いならまず花火を観ることができます。

 

 

JR稲田堤駅から行く場合は、

改札を出てから右へ曲がり、そのまままっすぐ歩くと

多摩川に出ます。

 

京王稲田堤駅からの場合、北口から行ったほうが早いですが、

南口から一度JR稲田堤駅に行ったほうがわかりやすいです。

 

京王稲田堤駅からJR稲田堤駅まではほぼ一本道ですし

案内通りいけば迷う事はおそらくないでしょう。

 

JR稲田堤駅の手前で左に曲がりますが、

それから踏切を渡ると右手にJRの改札が見えます。

そのまままっすぐ進むと多摩川に出ます。

 

JR稲田堤駅から多摩川に出たら、その周辺の河川敷で

適当な場所を探せば、まず花火を観ることができます。

 

 

調布市花火大会の稲田堤の穴場スポットとして知られるのが

稲田公園」です。

 

JR稲田堤駅から稲田公園まで徒歩約10分です。

 

稲田公園は調布市花火大会の穴場スポットとして知られていますが、

花火の打ち上げ場所からちょっと離れています。

 

稲田公園からでも良く観ることができますが、

打ち上げ場所に近づいたほうがより良く観ることができます。

 

上の地図の青い点線に沿って歩いていくと、

花火の打ち上げ場所に近づいていきます。

 

ちょうど、多摩川の堤防を歩いていくことになりますが、

打ち上げ場所に近づいていきながら河川敷で適当な場所を見つけると、

より近くで花火を観ることができますよ。

 

ただし、打ち上げ場所に近づくにつれて人が多くなります。

 

打ち上げ場所に一番近い場所になるとかなり人が多く、

場所取りをしないと座ってみることができません。

 

場所取りをしなくても

立ってみることなら出来ると思いますけどね。

 

ですから、混雑具合を見ながら適当な場所を見つけるといいでしょう。

 

上の地図の青い点線の終わるところ(右側)の

対岸付近が花火の打ち上げ場所です。

 

この場所を超えると花火から遠ざかることになります。

 

河川敷を見ながら歩き、

人が少なくなっていったら打ち上げ場所を超えている恐れがありますよ。