気管支炎の熱と頭痛の特徴と対処法

気管支炎 熱 頭痛 について

 

気管支炎の症状は風邪と大きな差はありません。

 

医者でさえ気管支炎と風邪を誤診することがあるくらいです。

 

気管支炎と風邪の大きな違いは、熱と頭痛にあります。

illust203

 

気管支炎による発熱は、そんなに高くならないことがほとんどです。

 

38.5℃以上の発熱の場合は気管支炎ではないことが多いです。

 

頭痛は痛いというよりかは重いという感じです。

 

風邪の場合は熱が40℃近くまで高くなることはありますし、

頭痛は頭が痛い、という感じですよね。

 

 

ただし、気管支炎でも熱が39℃以上になることもありますし、

頭がガンガンするような痛みを感じることもあります。

 

逆に、風邪の場合は発熱が38.5℃以下のことだって珍しくありませんし、

頭が痛いというよりかは重いという感じのことだってあります。

 

ですから、現実は風邪と気管支炎を区別するのはちょっと難しいです。

 

しかし、治療法を間違えると、

気管支炎の場合は治るまでに時間がかかることがあります

 

気管支炎は熱はすぐに治まることが多いですが、

咳が長引くことが多く、1~2ヶ月咳が続くという事もあります。

 

ですから、気管支炎の疑いがあるときはすぐに病院に行き、

問診の際に誤診されないようになるべく正確に症状を伝えるようにしましょう。

 

そうすれば適切な治療を行うことができて、

少しでも早く治すことができますよ。

 

 

また、気管支炎は風邪やインフルエンザにかかった場合に

併発することが多いです。

 

初めに病院に行ったときに風邪やインフルエンザと診断されたけど、

咳が治まらなかったので再び病院に行ったら

気管支炎と診断された、なんていう事もあります。

 

ですから、風邪やインフルエンザだったけど、

熱は下がったのに咳が全然治まらない時は

気管支炎を併発した可能性があります。

 

そういう場合、今度は気管支炎の治療をしていかないといけませんので、

すぐに病院に行ったほうがいいですよ。

神経痛の原因は梅雨!?

神経痛 原因 について

 

神経痛がひどくなる原因の一つに「梅雨」があります。

 

神経痛は抹消神経が骨によって圧迫されていたり

あるいは末梢神経が炎症することなどで起こります。

 

それで、梅雨になると神経痛がひどくなることがあります。

201311203

 

誤解のないようにしてほしいのが、

梅雨が原因で骨が抹消神経を圧迫したり、

抹消神経に炎症ができるわけではありません。

 

梅雨が原因で神経痛の症状が現れることがありますが、

それは梅雨が原因で末梢神経が圧迫されていたり

炎症ができたりするわけではありません。

 

すでにそういった状態だったところに、

梅雨が原因で症状が出た、という事になります。

 

 

梅雨が原因で神経痛がひどくなる理由は、

様々なことが考えられます。

 

 

まず、天気が悪い時はほとんど気圧が低くなっています。

 

ちなみに人間の体は60%以上が水分です。

 

気圧が低くなると、体内の水分が圧力の低い空気中に流れようとします。

 

つまり、体内の水分が体外に向かって流れるようになるので、

体が膨張します。

 

そうなると、抹消神経を圧迫する力が強くなるので、

痛みがひどくなるのです。

 

 

また、血管が膨張すると、

関節や筋肉の周辺では神経が過敏になってしまいます

 

それで、神経痛の症状がひどくなってしまうのです。

 

 

また、梅雨の時期は湿度が高くなります。

 

湿度が高いと発汗がスムーズに行えなくなります。

 

そうすると、体内の水分が外に出ようとしているのに

出ることができないので体が膨張します。

 

そうなると、末梢神経を圧迫する力が強くなるので、

神経痛の症状がひどくなるのです。

 

 

そして、雨が続くと気温が上がらない傾向があります。

 

そうなると、血管が縮みますので、血液の流れが悪くなります。

 

それで、筋肉がこわばるので、神経痛の症状が悪化してしまいます

 

 

梅雨に神経痛がひどくなるのは気象状況が原因なので、

対処できないことも多いです。

 

ただし、体を温めて血液の流れを良くすれば、

ある程度は症状を緩和することができますよ。

お中元の意味と由来~意味が大きく変わったお中元

お中元 意味 由来 について

 

お中元は、現代ではお世話になった方へ品物を贈る行為、

あるいは贈る品物を意味しますよね。

 

しかし、お中元の由来は現代の意味とは全然違います。

ochuugen

 

お中元の中元はもともと

中国の三大宗教の一つである「道教」の行事です。

 

道教では上元・中元・下元の三元があるのですが、

中元はその一つになりますね。

 

そして、中元は過去に犯した罪や過失を償う(贖罪)日として、

一日中火を焚いて神を祭る盛大な行事でした。

 

旧暦の7月15日に中元が行われていました。

 

中国の中元は日本の盂蘭盆会(うらぼんえ)の時期と重なります。

 

盂蘭盆会とは先祖を供養するのために行われる仏教の行事です。

 

それで、日本では中元と盂蘭盆会が混同されてしまい、

いつの間にか日本では中元が先祖供養の日となってしまったんです。

 

それで江戸時代以降、中元に先祖供養のために

親類や知人が行き来し、盆に贈り物をする風習が生まれました。

 

それが現代には贈り物を贈るという事だけが残ったわけですね。

 

そして、先祖供養はお盆に行うのが一般的になってきましたね。

 

ただし、お盆とお中元は都心部では時期が重なりますね。

 

例えば関東だとお中元は7月1日~15日ですね。

最近はお中元を贈る時期が若干早くなっていますけどね。

そして、お盆は南関東は7月13日~16日に行う事が多いですよね。

 

実はもともとお盆はどこもだいたい7月15日前後に

行っていたんです。

 

しかし、都心部など一部を除いて

お盆が8月15日前後になってしまいました。

 

これは単純に8月15日前後のほうが

夏休みの関係で人が集まりやすいので、

お盆の時期をずらしただけです。

 

 

お中元の由来を見てみると、

現代の意味とはかなり変わってしまったことがよくわかりますね。

 

現代ではお中元がもともと宗教の行事だったとは

誰も思わないでしょうからね。

 

※「お中元」の由来に関しては諸説あります。

ここではそのうちの一つだけを紹介しています。

乳幼児のくる病の症状~こんな症状に注意!

乳幼児 くる病 症状 について

 

乳幼児の骨にやわらかい組織が増える「くる病」ですが、

症状は以下の通りです。

 

  • 重度のO脚やX脚(脚が曲がって成長する、変形する)
  • ろっ骨の一部がこぶのように膨らむ(くる病数珠、ろっ骨念珠)
  • その他ろっ骨の異常
  • 頭蓋骨が柔らかい(頭蓋癆)・その他頭蓋骨の異常
  • 脊髄(背骨)の湾曲(側彎)・S字に反る(前彎)・猫背のようになる(後彎)
  • 虫歯になりやすくなる(歯のエナメル質が形成できない)

 

脊髄(背骨)や脚の骨に症状が出れば、

見た目でおかしいことが分かると思います。

 

しかし、ろっ骨や歯に症状が出ても気が付かないことがあります。

 

ただし、乳幼児は健康診査がありますので、

もしくる病であればその時に発見されることもあります。

 

ですから、乳幼児健康診査はしっかり受けるようにしましょう。

 

 

くる病は発見が遅くなればなるほど治療が難しくなります。

 

ですから、少しでもおかしいところがあったら、

すぐに病院で診てもらうようにしましょう。

 

また、最近くる病の乳幼児が増えていますが、

増え始めたのは2000年以降です。

 

そのせいなのでしょうか、2000年~2010年の間に、

くる病を他の病気と誤診したケースが約100件にのぼります。

 

もし、病院で診てもらったものの、なにかおかしいと思ったら、

他の病院で診てもらったほうがいい場合もありますよ。

 

他の医者に診てもらう事は、

今診てくれている医者に対して失礼な行為にはなりません。

 

遠慮なく他の医者にも見てもらいましょう。

定期借家契約って更新できるの?

定期借家契約 更新 について

 

通常、賃貸住宅に住む場合、契約期間になると更新をしますよね。

 

しかし、定期借家契約すると更新ができません

a0002_011388

 

ですから、原則契約期間終了とともに

その借家から出ていかないといけません。

 

ただし、借りる側(住む人)と貸す側(大家さん)と合意すれば、

再契約することはできます。

 

定期借家契約の場合、契約更新とは言わず、再契約と言います。

 

普通借家契約だと、貸す側はよっぽどの理由がない限り

更新しなくてはいけませんが、

定期借家契約は更新や再契約する義務はありません。

 

ただ、定期借家契約で再契約することは決して珍しくありません。

 

しかし、借りるときには、契約終了とともに退去する必要がある、

と考えておいたほうがいいです。

 

 

普通借家契約(一般的な賃貸契約)の場合、圧倒的に借りる側が有利です。

 

よっぽどの理由がない限り、

途中で借りている人に出て行ってもらう事はできません。

また、よっぽどの理由がない限り

貸している側は契約更新をする必要があります。

 

しかし、それでは一時的に持ち家を開ける場合、

例えば転勤で数年間別のところに住み時期が来たら戻って住みたい場合、

人に貸すことができないですよね。

 

人に貸した場合、元の家に戻ろうと思った時に、

借りている側が「出ていきたくない」と言ったら、

そのまま貸し続けなければいけません。

 

建て替えが必要なほど老朽化していたり、

家賃の未払いがあったり、

貸す側が他に住む場所をどうしても見つけることができなかったり、

そういったよっぽどの理由がない限り

借りている人に出て行ってもらう事はできません。

 

元に戻ってきたから住みたい、という理由では、

借りている人に出て行ってもらう事はできないですし、

契約更新を拒否することができません。

 

よっぽどのことがない限り他に借りることができるからです。

 

 

しかし、それだとしばらく住まない家を有効に活用できないですよね。

 

それで、家を貸す側が好きな時に戻ることができるように

「定期借家制度」が平成12年3月1日に施行されました。

 

この制度だと契約更新や再契約をする義務は貸す側にはありません。

 

契約期間が終了したら、すぐに借りている人に出て行ってもらえます。

 

ただし、これだと借りる側にとって、普通借家制度よりも不利ですよね。

 

そこで定期借家契約は家賃が相場より安いことが多いです。

 

貸す側の立場で考えると、少しでも家賃は高くしたいですよね。

 

ですから、ずっと貸し続けるつもりであれば

普通借家契約にすることが多いです。

 

貸す側が一時的にしか貸したくない、と思っていない限り、

定期借家契約はしないと考えていいでしょう。

 

という事は、定期借家契約したら契約満了とともに

退去しないといけない、と考えておいたほうがいいということになりますよね。

生活