不快指数と体感温度の関係~2つの数値の関連性は?

不快指数 体感温度 について

 

不快指数は、気温と湿度から計算される指数です。

 

体感温度は気温と湿度、それに風速の3つから計算される数値です。

 

人間が感じる温度は、気温による影響が大きくなりますが、

それにプラス湿度と風速も影響してきます。

 

気温が同じだとすると、湿度が高くなると温度が高く感じます。

そして、気温が同じでも風が強いと温度は低く感じられます。

 

ですから、体感温度を出すときは、気温、湿度、風速の3つから

計算される必要があるのです。

 

 

では、なぜ不快指数には風速が計算されないのでしょうか?

 

ある説によると、不快指数は室内での不快さを数値化したものだという事です。

 

建物の中にいて窓をすべて閉めていれば、

風が強かろうと弱かろうと不快さは変わらないですよね。

 

ですから、不快指数は風速が計算されない、という事です。

 

 

それで、風速に変化がなければ、不快指数と体感温度は比例します。

 

ここで例を出します。

 

気温25℃、湿度50%、風速0m/sの場合、

不快指数は71.8 体感温度は23.2℃です。

 

気温25℃、湿度70%、風速0m/sの場合、

不快指数は73.9 体感温度は24.4℃です。

 

気温30℃、湿度50%、風速0m/sの場合、

不快指数は78.3 体感温度は26.7℃です。

 

気温30℃、湿度70%、風速0m/sの場合、

不快指数は81.4 体感温度は28.3℃です。

 

見てわかると思いますが、風速に変化がない場合、

不快指数の数値が大きくなれば大きくなるほど

体感温度は大きくなります。

 

 

では、これに風速に変化を与えると、比例しなくなります。

 

気温25℃、湿度50%、風速10m/sの場合、

不快指数は71.8 体感温度は16.6℃です。

 

気温25℃、湿度70%、風速20m/sの場合、

不快指数は73.9 体感温度は16.3℃です。

 

先ほどの気温25℃、湿度50%、風速0m/sの場合と

一緒に見るてもらうとわかりやすいと思いますが、

不快指数は数値が大きくなっているのに

体感温度は小さくなっていますね。

 

 

不快指数は室内での不快さを表したもの、

体感温度は場所を問わない温度を表しているため、

全く数値に関連性のない場合も多々ありますよ。

鎌倉のあじさいの見頃~明月院(あじさい寺)の見ごろのピークは?

鎌倉 あじさい 見頃 明月院 について

 

鎌倉の「あじさい寺」として知られる明月院のあじさいの見頃は、

毎年だいたい6月の中旬から下旬にかけてです。

 

6月初旬からあじさいを見に来る人たちで混みますが、

初旬は通常はちょっと早いですね。

 

6月10日以降がいいでしょう。

 

ちなみに、あじさいが見ごろの時期は、明月院はものすごく混雑します

 

土日だと、1時間以上待つのは当たり前、

2時間待ちも珍しくありません。

 

また平日でさえもお昼以降は1時間以上待つことがよくあります。

 

しかし、平日の朝一番(6月は拝観時間は8:30から)で行けば、

ほぼ待ち時間はありません。

 

土日しか行くことができない、という場合も、

朝一番で行けば待ち時間は少なくて済むでしょう。

 

アクセス方法は鉄道だとJR横須賀線の北鎌倉駅から

徒歩約10分です。

 

車だとものすごい渋滞ですので、

なるべく電車で行ったほうがいいと思いますよ。

 

 

鎌倉のあじさいの名所は明月院の他に長谷寺と成就院が有名ですね。

 

この2つとも見頃は明月院とほぼ同じです。

 

そして、混雑ぶりもほぼ同じです。

 

同じ日に3つのあじさいの名所をまわりたいと思う人も多いと思います。

 

しかし、それぞれ離れていて移動にも時間がかかります。

 

そして同じ日に3ヶ所まわるのであれば、

2ヶ所目、3ヶ所目は待ち時間は避けられないでしょう。

 

明月院、長谷寺、成就院の順番でまわったほうが、

効率良くまわることができると思います。

 

それで休日は朝一で明月院に訪れたとしても、

移動時間や待ち時間なども考えると、

3つまわり終えるのは夕方の4時か5時になってしまうと思います。

 

ちなみにアクセス方法は電車の場合、

長谷寺は江ノ電の長谷寺駅から徒歩約5分、

成就院は江ノ電の極楽寺駅から徒歩約5分です。

 

長谷寺から成就院へ行く場合は、

電車の待ち時間などを考えると徒歩のほうが早いと思います。

 

横浜開港祭の花火が見えるレストラン~花火を観ながらおいしい料理を!

横浜開港祭 花火 レストラン について

 

横浜開港祭の花火をレストランで食事をしながら見たい、

という方におススメなのが、

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルの31階にある

中華料理「驊騮(カリュウ)」です。

 

31階とホテルの最上階にあって、窓も大きく眺めが良いで

かなりおススメです。

 

味もなかなかおいしいので本当におススメです。

 

ただし、1人当り1万円以上はすると思っておいたほうが良く、

ちょっと料金は高めです。

 

アクセス方法は電車の場合、

横浜高速鉄道みなとみらい線の「みなとみらい駅」から徒歩約5分、

JR根岸線の「桜木町駅」からは徒歩約15分です。

 

車で行く場合は下の地図をご覧ください。

 

 

早めに予約しないと満席になることが予想されます。

 

「驊騮」ホームページへ

 

 

次に横浜開港祭の花火が見えるおススメのレストランは、

パシフィコ横浜展示場の2階にあるフランス料理「DANZERO(ダンゼロ)」です。

 

ここは2階と低いので、眺めが先ほどの「驊騮」と比べると劣りますが、

それでも、近くで花火を観ることができるのでおススメです。

 

料理もなかなかおいしいです。

 

しかし、ここも値段がちょっと高めで、1人1万円くらいです。

 

 

場所は、先ほどの

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテルのすぐ近くです。

 

 

ただし、ここは横浜開港祭の花火の時の予約は、

20名以上の団体からの受付だという事です。

 

ただし、予約状況次第では4名以上でも受け付ける、という事です。

 

少人数で行く場合、予約できるかどうかは運次第になってしまいますね。

 

詳しくは直接店舗へお尋ねください。

 

「DANZERO」ホームページへ(「LOCATION」に電話番号が書いてあります)

 

 

もう一つ、パシフィコ横浜展示場の2階にある

イタリア料理「ATTIMO(アッティーモ)」は団体でなくても大丈夫だそうです。

 

ここは横浜開港祭の時は12,000円のセットになるようです。

 

ここもリーズナブルとは言えませんが、なかなかおいしいですよ。

 

「ATTIMO」ホームページへ

 

 

あと、僕は言ったことがないですが、

横浜そごう10階にある「IL PINOLO Levita(イルピノーロレヴィータ)」

おススメだそうです。

 

ちょっと離れますから、どれだけ眺めがいいのかが不明ですけどね。

 

ぐるなびで調べた限り、ややお手ごろな料金っぽいですね。

 

横浜開港祭の花火の打ち上げ場所近辺で予約ができなかった場合は、

こちらも検討してみるといいかもしれないですね。

 

アクセス方法ですが、電車の場合

横浜そごうへはJR横浜駅から約3分です。

 

ぐるなび「IL PINOLO Levita そごう横浜」へ

 

 

横浜開港祭の花火はものすごい人です。

 

花火を観ることができるけど、あまり人が多くない穴場スポットは、

打ち上げ場所からはちょっと離れますので眺めが良くなくなります。

 

ですから、眺めがよくゆったりして花火を観ることができるのは、

レストランしかない、という事になります。

 

各レストランとも早く予約しないとすぐに満席になると思いますので、

予約は早めにすることをおススメします。

 

あと、横浜開港祭の花火が見える席が希望と伝えるのを

忘れないようにすべきですね。

 

急性声帯炎はストレスが原因でなることも!~予防するには?

急性声帯炎 ストレス について

 

急性声帯炎の原因は様々ですが、その一つにストレスがあります

 

人間には自然治癒力があります。

体のどこかに異常が発生しても、その異常を回復しようと働くわけですね。

 

怪我をしたらその怪我を治そうとしますし、

風邪を引いたら風邪ウイルスを退治して元に戻ろうとします。

 

声帯は、声を出せば炎症が起こりやすい状態になります。

 

しかし、自然治癒力のおかげで炎症になりやすい状態を修復するので、

少々酷使したところで炎症は起こりません。

sick_nodo

 

 

しかし、ストレスで自然治癒力が低下します。

 

ですから、ストレスがたまっている状態だと

ちょっと声帯を酷使しただけで炎症になりやすい状態から回復できなくなります。

 

ですから、急性声帯炎になってしまうんです。

 

仮の話ですが、ストレスがたまっていたとしても、

全く声を発しなかったりタバコやお酒などで声帯を傷めることがなければ、

急性声帯炎にはならないでしょう。

 

しかし、全く声を発しないなんてことは、

普通に生活をしていればなかなかないでしょうし、

声帯を傷めるようなことはしているはずです。

 

ですから、ストレスが原因で急性声帯炎になる

という事ができるわけですね。

 

 

それで、ストレス発散は急性声帯炎の予防になります。

 

ただし、ストレスの発散の方法にも注意が必要です。

 

お酒やたばこは声帯を傷める原因となります。

 

あるいはカラオケも声帯を傷める原因になります。

 

ですから、お酒やたばこ、カラオケでストレスを解消しようとしても、

急性声帯炎の予防になるとは言えないです。

 

声帯を酷使しない方法でストレスを解消することが大切になります。

 

急性声帯炎は、歌手やアナウンサーなど

声をよく出す職業の方がなりやすいと言われています。

 

ですから、普段から声をよく出す方は、

声帯を酷使する方法でストレス解消するのはやめたほうがいいでしょう。

 

そして、喉を乾燥させなかったり、常にうがいをするなど、

喉をいたわるようにすればある程度急性声帯炎の予防になりますよ。

ハンセン病の原因

ハンセン病 原因 について

 

ハンセン病は、「らい菌」という細菌に感染することが

原因で発症する病気です。

 

「らい菌」は主に人から人へと感染します。

 

しかし、らい菌は感染力が非常に弱く、簡単には感染しません。

 

何か特殊な条件がない限り感染しないと言われています。

a0001_014027

 

また、「らい菌」に感染してからハンセン病を発症するまでに

通常は5年くらい、時には何十年もかかることがあります。

 

それで、ハンセン病を発症する人は、

子供の時にらい菌に感染したからではないか、

感染力が弱いので大人になってから

「らい菌」に感染することはないのではないか、

とも言われています。

 

ハンセン病の患者の治療をしていた医療関係者で

ハンセン病になった人はいないと言い切る人がいます。

 

実際には医療関係者100人に1人くらいハンセン病を発病していましたが、

それは、ハンセン病患者に接して「らい菌」に感染したのではなく、

子供の時にらい菌に感染して大人になってからハンセン病を発病した

という意見もあります。

 

 

あと、らい菌はハエなどの昆虫やサルなどの哺乳類動物からも

感染する可能性がある、とも言われています。

 

 

さて、ハンセン病はかつては不治の病として恐れられていました。

 

また、誤解も非常に多かった(今でも多い)病気です。

 

しかし、最近は治療法が確立されていて、

早く治療をすれば後遺症が残ることなく完治する様になりました。

 

そもそも、衛生環境が改善されているせいか、

ハンセン病になる人が激減しています。

 

日本で新たにハンセン病を発症する人は、

在日外国人を含めて年間10人くらいです。

 

そのほとんどがブラジル人か東南アジアの国の人達です。

 

在日の日本人は年間1人くらいしか

新たにハンセン病を発症していないという事なんです。

 

 

ハンセン病になる確率は非常に低いですが、

万が一発症しても早く治療すれば完治しますから、

無駄な心配はしないほうがいいですよ。

 

だからといって、油断して放置してしまったら

後遺症が残る可能性が大きくなりますけどね。

心筋梗塞の原因の一つにストレス!そのメカニズムとは?

心筋梗塞 原因 ストレス について

 

心筋梗塞は、心臓を取り巻く血管内の血液の流れが悪くなることで、

心臓の細胞が死んだ状態になる病気ですね。

 

それで、血液の流れが悪くなる原因はいろいろ言われていますが、

その一つにストレスがあります。

201311203

 

ストレスがかかると、全身の毛細血管が収縮します。

 

それで血液の流れが悪くなります。

 

ストレスが続くということは、

毛細血管が収縮している状態が続き、血液の流れが悪い状態が続く、

という事になりますよね。

 

ですから、心臓を取り囲む血管の血流も悪い状態が続くことになります。

 

そういう状態が続くと、心臓に酸素や栄養が送られなくなりますよね。

 

それで、細胞が死んでしまうわけです。

 

心臓の細胞が死んでしまえば、

何らかの異常が起こるのは想像できますよね。

 

それで、心臓に強い痛みを感じたり、呼吸困難になったりするわけです。

 

 

それで、心筋梗塞を予防するには、

ストレスのない生活を送るのが一番ですが、

それはかなり難しいですよね。

 

それで、ストレスがたまったら解放することが大切になります。

 

しかし、ストレス解消のためにたくさん食べたり、

あるいはアルコールをたくさん飲むと、

逆に心筋梗塞の原因を作っていることになります。

 

脂肪分をたくさん食べると、

血液がドロドロになるので流れが悪くなります。

 

また、アルコールを飲むと血液が暴れて血管を傷つけ、

その傷を修復しようと血管にふくらみができます。

そうなると血管の内側は狭くなりますので血液の流れは悪くなります。

 

ストレスを解消するには小説を読むなどして現実を忘れることが

一番良い、なんて言われています。

 

しかし、小説を読むのが苦痛であれば、

逆にストレスをためてしまうと思います。

 

ただ、現実を忘れることのできる事に没頭することで、

ストレスを解消することができるでしょう。

 

何をすれば現実を忘れることができるのか、

それは人それぞれだと思います。

武器貿易条約とは?わかりやすく解説!

武器貿易条約とは わかりやすく について

 

武器貿易条約(ATT)とは、武器の移譲を制限する条約です。

 

テロリストや人権侵害国(国民の基本的人権を犯す国)が

武器を手に入れるのを阻止することが目的の国際条約です。

fighter-jet-63028_640

 

それらの国や組織に武器がいきわたるのを防ぐことで、

大量殺害やテロを防ぐことができるわけですね。

 

2014年5月10日現在、武器貿易条約は発効されていません。

 

それで、テロリストや人権侵害国などに、

通常兵器を譲り渡すことが自由にできます

(国際的な批判を浴びる恐れはありますが、規制はされていません)。

 

そうなると、大量殺害やテロを防ぐのが難しくなるわけですね。

 

そこで、武器取引をする際に、

テロリストや人権侵害国へ譲り渡さないようにすれば、

その国に武器を輸出してもテロリストなどに

武器がいきわたらなくなるわけですね。

 

そのために様々な取り決めをしているのが武器貿易条約です。

 

主に、テロリストなどに武器がいきわたらないように管理すること、

また、大量殺害などに使われる恐れがあるときは取引を禁止すること

などが盛り込まれています。

 

 

現在、核兵器に関しては規制があります。

 

核兵器不拡散条約(NPT)によって、

核兵器が拡散しないよう取り決められています。

 

しかし、通常兵器に関しては現在規制する条約は発効されていません。

 

ですから、武器貿易条約はテロや大量殺害を防止するのに、

画期的な一歩と言われています。

 

 

しかし、問題点がないわけではありません。

 

規制が甘く、弾薬や武器の部品がテロリストなどにわたる恐れがある、

という事が指摘されています。

 

また、通常武器の貿易大国であるロシアや中国が締結しなければ、

条約の効力が大きく損なわれる、とも指摘されています。

 

 

現在、世界で年間約50万人が通常兵器の犠牲になっている、

と言われています。

 

こういった犠牲者を少しでも減らすためにも、

武器貿易条約がより良いものになり、

より大きな効力が出るようにしてもらいたいですね。

皮膚がんの初期症状~早めに発見すれば治る!

皮膚がん 初期症状 について

 

皮膚がんの初期症状は、ぱっと見た感じは

ほくろやシミなどとほとんど区別がつかないです。

 

ある程度症状が進むとかゆみなどの症状が現れることがありますが、

初期症状ではほとんどそのような症状はありません。

doctor_illust02_03

 

ただし、ほくろやシミと皮膚がんを区別する方法はあります。

 

皮膚がんがほくろやシミと違うところは、

・色に濃淡(濃いところと薄いところのむら)がある
・直径が7ミリ以上
・境界が不明瞭
・平らではなくふくらみがある

などです。

 

虫眼鏡でよく見てみたり触ってみるなりして、

これらのうちどれか一つでも当てはまることがあれば、

皮膚科でもらったほうがいいでしょう。

 

ちなみに、これらのことがすべて当てはまったとしても、

必ずしも皮膚がんとは言えないです。

 

ほくろやシミという事もあります。

 

しかし、正確には検査をしないと誰もわかりません。

 

ですから、心配であればすぐに見てもらったほうがいいですよ。

 

検査をしてもらって何もなかったとしても恥ずかしがることはありません。

 

また、検査は待ち時間を含めて時間がかなりかかります。

 

ですから、検査してもらうのが億劫に思うかもしれません。

 

しかし、皮膚がんは初期症状の段階で治療しないと、

取り返しのつかないことがあります。

 

 

皮膚がんは、初期症状で発見・治療すれば、ほぼ100%治っています

 

しかし、放置するとがん細胞が血液やリンパまで達し、

そして全身に運ばれ転移してしまう事もあります。

 

そうなったら治療が非常に難しくなります。

 

ですから、皮膚がんは早く治療することが非常に大切です。

 

皮膚がんはがん細胞が他に転移していなければ、

切除して取り除けば治ることが多いです。

 

しかし、皮膚がんができた近くの筋肉や骨、

あるいは全身に転移してしまったら治療がかなり難しくなります。

 

取り返しのつかないことにならないように、

おかしいと思ったら早めに病院に行くべきです

帯状疱疹の原因の一つにストレス!そのメカニズムとは?

帯状疱疹 原因 ストレス について

 

帯状疱疹(たいじょうほうしん)の原因は、

子供のころにかかった水ぼうそうのウイルスです。

 

子供のころに水ぼうそうになって、治ったとしても、

水ぼうそうのウイルスは体の奥深くに潜んでいます。

 

ウイルスは何十年も潜んでいるんですよ。

201311203

 

ただし、ウイルスが潜んでいても免疫力があるおかげで、

帯状疱疹を発症しないんです。

 

しかし、免疫力が低下すると、潜んでいたウイルスが活動をするため、

帯状疱疹を発症してしまうのです。

 

免疫力が低下する原因は様々ですが、その一つにストレスがあります。

 

ストレスは、白血球の異常をもたらす最大の原因と言われています。

 

白血球は細菌やウイルスなど人間の体にとって害になるものを

体外に追い出す働きがあります。

 

つまり、人間の免疫システムにおいて非常に重要な働きをします。

 

その白血球に異常が起これば、免疫力が低下します。

 

ですから、ストレスが原因で免疫力が低下し、

体の奥深くに潜んでいた水疱瘡のウイルスが活動してしまうので、

帯状疱疹を発症してしまうのです。

 

 

免疫力が低下する原因は他に加齢があります。

 

それで、かつては帯状疱疹は50~60歳代に多い病気でした。

 

しかし、最近は20~30歳代でも帯状疱疹になる人が増えています。

 

それは、もちろん食生活の変化や大気汚染などによって

免疫力が低下していることもあると思いますが、

現在社会は以前に比べてストレスが多い事も

若い世代で帯状疱疹が増えた原因の一つと考えられます。

 

ストレスを避け、ストレスが溜まったら解消することは、

帯状疱疹の予防になります。

 

それだけではなく、ストレスで免疫力が低下すると、

様々な病気にかかりやすくなります。

 

健康的な毎日を送るためにも、

ストレスをためないようにするのは非常に重要です。

口内炎の治し方~塩を使って早く治すには?

口内炎 治し方 塩 について

 

「口内炎のできたところに塩をもむように塗り込むと早く治る!」

ということを聞いたことがないでしょうか?

 

口内炎に塩をもむように塗り込むと、水を吸い込みます。

 

それで、傷口が早くふさがるので口内炎が早く治ります

doctor_illust02_03

 

怪我をしたところを乾燥させると早く治りますが、

原理はそれと同じですね。

 

また、塩で殺菌することもできますので治るのがさらに早くなります。

 

ちなみに人工の塩(食卓塩など)よりも天然塩のほうが

高い殺菌効果が期待できます。

ですから、口内炎を治すには天然塩のほうが適している、

と言えますね。

 

人工の塩の成分はほぼ塩化ナトリウムです。

塩化ナトリウムのみの食塩水は

圧力の影響で細菌などから水を抜き取って殺しますので、

殺菌効果が期待できます。

 

天然塩は塩化ナトリウムにミネラルが含まれています。

ミネラルと塩化ナトリウムが合わさると殺菌効果が高くなります。

 

ですから、天然塩のほうが殺菌効果が高くなるので、

口内炎を治すのにはより良いといえます。

 

 

ただし、口内炎に塩をもむように塗り込むと、

ものすごい痛くて我慢できないと思います。

 

塩による痛みで口内炎の痛みが感じなくなるのでは、

と思うほど強烈に痛いです。

 

 

そこで、直接もむように塗り込まなくても、

塩水でうがいすれば口内炎を治すのに効果的です。

 

ただし、塩水は濃度が10%以上でないと

殺菌効果はあまり期待できません

 

10%の食塩水とは100g中10gが塩という事ですね。

ですから10%の食塩水は、水90gに対して食塩10gです。

初めは重さを測って、10%以上の濃度の食塩水を作り、

それでうがいをするといいでしょう。

 

食塩水でうがいをしてもしみます。

でも、直接塩を塗り込むよりかはましです。

 

 

ちなみに口内炎を塩を使って治すのは対処療法になります。

 

対処療法とは、症状が現れた根本原因を解消せず、

表面的な症状を緩和するだけの治療のことです。

 

例えば風邪を引いた場合、

熱を下げたりのどの痛みを緩和するのが対処療法です。

それに対して根本治療は

風邪をひきにくい体質に変えていくことです。

 

つまり、塩で口内炎を治すのは、

口内炎ができた根本原因を解消することなく

とりあえず口内炎を取り除いているだけです。

 

これでは、口内炎は次々とできてしまいます。

 

口内炎の原因は様々です。

 

口の中が雑菌だらけで汚いことが原因だったり、

栄養(特にビタミンB2)が不足していることが原因だったり、

胃が弱っていることが原因だったり、

様々なことが口内炎の原因になります。

 

塩で口内炎を治すのもいいですが、

それと同時に口内炎の根本原因を突き止め解消することも

非常に大切になりますよ。

 

そうすれば、塩の働きで口内炎が早く治るのと同時に、

口内炎ができるのを防ぐことができます。