頚椎症性神経根症の原因

頚椎症性神経根症 原因 について

 

頚椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)の主な原因は、

加齢とともに頚椎(首の骨)が変化したり、

姿勢が悪くて首に負担がかかったりすることです。

20130723145430
(「(c)フリーメディカルイラスト図鑑」より引用)

加齢や姿勢の悪さによって、椎間板が膨張して飛び出たり、

あるいは骨自体が変形して神経を圧迫することがあります。

2012020713252
(「(c)フリーメディカルイラスト図鑑」より引用)

上のイラストで言うと、椎間板が膨張して右側に出てくると

神経を圧迫しますよね。

 

また、骨の右の部分の神経の近くの骨が変形して

神経を圧迫することもあります。

 

それで、肩から腕にかけて痛みが生じたり、

腕や手指がしびれたりするわけですね。

 

首を通る神経は肩や腕、手指までつながっていますので、

そういったところの痛みやしびれといった症状が出ます。

 

 

頚椎症性神経根症になる原因となる姿勢は、

パソコンやスマホをするときなどの猫背や、

遠視の場合に頭を後ろに反らせたりする姿勢が多いです。

 

正常であれば、頚椎はカーブを描いた状態です。

keitui
(「(c)フリーメディカルイラスト図鑑」より引用)

しかし、猫背になると頚椎がまっすぐになります。

 

そうすると、頚椎に負担がかかるので

椎間板が膨張したり骨が変形したりして神経を圧迫するようになります。

 

また、頭を反らすと、カーブが正常の時よりも大きくなります。

 

そうなった場合も頚椎に負担がかかるので、

椎間板が膨張したり骨が変形したりして神経を圧迫するようになります。

 

 

頚椎症性神経根症は猫背や頭をそらせる姿勢が

原因であることが多いですが、

それ以外にもたくさんの原因があります。

 

例えば、バッグをいつも同じ側で持っていると、

首の骨に横側の力が入って負担がかかりますよね。

 

また、腹ばいになって読書をすると、

首を後ろに反るので負担がかかりますよね。

 

ですから、首に負担がかかる姿勢は他にも考えられますが、

とにかくあらゆる悪い姿勢は頚椎症性神経根症の原因になる、と

考えてもいいでしょう

脳震盪で安静にしていないと死亡することも!

脳震盪 安静 について

 

脳震盪(のうしんとう)になったら、安静にする必要があります

 

横になり、頭を動かさない、衝撃を受けないようにする必要があります。

illust203

 

特に中度の脳震盪の場合は1週間以上安静にする必要があります。

 

中度の脳震盪とは、一瞬でも意識を失った状態のことです。

 

意識は失っていないけど体が動かない、というのは、

軽度の脳震盪になります。

 

1秒でも意識を失ったら中度の脳震盪になります。

 

その場合は1週間は安静にする必要があります。

 

中度・重度(2分以上意識を失った場合)の脳震盪の場合、

脳が損傷している可能性が高いです。

 

脳が損傷したままの状態で回復していないのにもかかわらず、

頭を動かしたり、再び強い衝撃を受けた場合、

脳に障害が残ったり死亡したりすることが多いです。

 

脳が回復していないのに再び強い衝撃を受けた場合、

致死率が50%だ、という事です。

 

ですから、脳が回復するまで最低約1週間は絶対安静です。

 

軽度の場合は、頭痛などの症状がなければ問題ない、

とされていますが、

念のため1週間安静にしておいたほうが良い、という意見は多いです。

 

 

さて、脳震盪という言葉は聞いたことがある人は多いですが、

いざ誰かが脳震盪になった場合、

どう対処したらいいのかわからない、という人が多いそうです。

 

スポーツをしている時に脳震盪になったのにもかかわらず、

一瞬意識を失っただけですぐに回復し、たいした症状もないので、

再びスポーツを再開する、という事も十分あり得る、という事です。

 

しかしこれは非常に危険です。

 

脳震盪を起こしたらすぐに救急車を呼び、病院で診てもらいましょう。

 

脳震盪になったから自分で車を運転して病院に行く、

なんていう人がいてもおかしくないと思いますが、

脳震盪の直後の車の運転は危険です。

 

救急車を呼んだほうがいいでしょう。

 

 

ただし、頭を打ったから脳震盪になった、というわけではありません。

 

脳震盪になったら、意識を失わなくても体が一瞬でも動かせなくなります。

 

脳震盪ではないのに頭を打っただけで救急車を呼ぶのは

どうかと思いますので、

その場合は自分で病院に行きましょう。

春の嵐が発生する時期~台風並みの風雨に警戒が必要な時期とは?

春の嵐 時期 について

 

春の嵐が発生する時期は3月~5月です。

 

春の嵐は別名「メイストーム」(メイ=5月、ストーム=嵐)と言われる通り、

4月後半~5月に発生することが多いですが、

3月~4月に発生することもあります。

job_otenki_oneesan

 

冬が終わり春が訪れる時期に、

日本海の低気圧が急速に台風並みに発達する(爆弾低気圧)ために

低気圧に向かって非常に強い風が吹きます。

 

では、なぜこの時期に低気圧が発達するのでしょうか?

 

この時期は上空の南の暖かい空気が北に移動します。

 

そして、南の暖かい空気と北の冷たい空気がぶつかります。

 

そうなると、暖かい空気が上に押し上げられます。

 

暖かい空気が上昇すると圧力が下がります。

 

空気が下に流れて地面を押し付けると

圧力が強くなるのは想像できると思います。

つまり、気圧が上がるという事ですね。

 

逆に空気が上に流れると地面を押し付ける圧力が弱くなりますよね。

 

それで、暖かい空気が上昇すると気圧が下がります。

 

暖かい空気の上昇が早ければ早いほど、

急速に気圧が低下(低気圧が発達)してしまいます。

 

つまり、暖かい空気と冷たい空気のぶつかりが激しいほど

低気圧が急速に発達するという事になります。

 

 

気圧が下がると空気の温度は下がります。

 

そうなると空気に含まれている蒸発した水分が水蒸気になります。

 

雲は水蒸気の塊ですね。

 

つまり、気圧が下がると空気の温度が下がるために雲ができ、

それで雨が降る、という事になります。

 

 

また、空気は気圧の高いところから低い所へ流れます。

 

タイヤがパンクしたときを想像してもらうとわかると思います。

タイヤに穴が開いたときに、空気がタイヤの中から外に流れますよね。

これは圧力の強いタイヤの内側から圧力の低いタイヤの外側に

空気が流れているからです。

 

上空でも同じように空気は気圧の高いところから低い方へ流れます。

 

つまり低気圧に向かって風が吹くわけですね。

気圧が低いほど、つまり低気圧が発達しているほど

空気の流れが速くなる、つまり強い風が吹く、という事です。

 

 

ここまでをまとめると、3月~5月の時期は、

暖かい空気が南から北へ流れ冷たい空気とぶつかるので

急速に低気圧が発達するので春の嵐をもたらす、

という事になりますね。

 

春の嵐は台風並みの強い風と激しい雨をもたらすことがあります。

 

この時期は天気予報をマメにチェックして十分に注意したいですね。

五月病と適応障害との関係は?

五月病 適応障害 について

 

五月病とは、4月に新しく入ってきた新入社員や新入生が、

環境の変化に対応できないことが原因の精神的な疾患の総称ですね。

 

ただし、五月病は正式な病名ではありません。

 

「適応障害」あるいは「うつ病」と診断されます。

illust203

 

時々「五月病」=「適応障害」というのを耳にします。

 

しかし、これは正確ではありません。

 

適応障害とうつ病は違う病気です。

 

適応障害はストレスが原因で日常生活や社会生活に

支障がでてしまう精神的な病気です。

 

うつ病は原因が特定されなくても強いうつ状態が

長く(2週間以上)続く病気ですね。

 

 

うつ病は脳細胞が萎縮(いしゅく、小さくなること)しますが、

適応障害は脳細胞が萎縮していない状態ですので、

そこが2つの大きな差になります。

 

 

つまり、環境の変化によるストレスで、

適応障害になることもうつ病になることもあり、

この2つの総称を五月病という事ができます。

 

ですから、五月病は適応障害でない場合もありますので、

五月病=適応障害というのは正確性に欠ける表現になります。

 

 

さて、適応障害とうつ病は違うとされていますが、

関係性は非常に強いです。

 

適応障害を放置しておくとうつ病になる可能性が高いです。

 

という事は、適応障害はうつ病の前段階と考えることもあります。

 

また、うつ病と適応障害とは一応区別されていますが、

適応障害が脳が萎縮する前段階と考えると

軽いうつ病との区別がほとんどなくなります。

 

 

ただし、うつ病と適応障害はそれぞれ診断基準があります。

 

それで、うつ病の診断基準に当てはまった場合はうつ病で、

うつ病の判断基準に当てはまらず、精神的異常の原因がハッキリしていれば

適応障害と診断される、と考えていいでしょう。

 

 

いろいろ考えると、五月病と適応障害、うつ病の関係は、

なんだか微妙ですね。

天然痘の致死率 恐ろしいと言われた病気の致死率は?

天然痘 致死率 について

 

天然痘の致死率は何も治療しなかった場合で30%と言われています。

 

ただし、致死率には諸説あります。

 

天然痘は治療をしても致死率が40%だという説や、

その他様々な説があります。

201311203

 

日本では明治時代に天然痘の流行が6回あり、

その後戦後に一度、天然痘の流行がありました。

戦後は約18,000人が天然痘になり、そのうち約3,000人が死亡しました。

 

また、世界天然痘撲滅宣言が出された当時、

世界で約2000万人が天然痘になり、そのうち400万人が死亡した、

とされています。

 

天然痘の致死率は諸説ありますが、

致死率が高い病気であることは間違いない、と

言っていいでしょう。

 

 

さて、天然痘は1980年にWPO(世界保健機構)によって根絶宣言されました。

 

それ以降は世界で誰一人天然痘になっていない、とされています。

 

では今後、天然痘患者が出る心配が全くない、

と言い切れるのかといえば、そういうわけではありません。

 

テロなどで生物兵器として天然痘が使われる可能性があります。

 

生物兵器として有名なのが炭疽菌(たんそきん)ですが、

炭疽菌よりも天然痘のほうが恐ろしいと言われています。

 

炭疽菌と天然痘は両方とも致死率は高いです。

 

しかし、炭疽菌は人から人へはうつらないとされていますが、

天然痘は人から人へとうつります。

 

ですから、生物兵器で天然痘が使われたら無限に広がっていき、

数多くの人が天然痘になる、と言われています。

 

日本ではオウム真理教によって炭疽菌がテロに使われましたが(ただし失敗)、

これが天然痘だったとしたら、

ものすごく恐ろしいことになっていたと想像できます。

 

今後、日本でも無差別テロが起こる可能性は否定できず、

その時に天然痘が使われる可能性はゼロではありません。

 

そんなことが起こらないように願いたいですね。

肝内胆管がんの予後は?生存率は?

肝内胆管がん 予後 について

 

肝内胆管がんは一般的に予後不良(治療後の経過、見通しは良くない)です。

 

がんを完全に切除できた場合で

5年生存率(治療開始から5年間生きている人の割合)が約40%です。

切除できなかった場合は約10%になります。

a0001_014027

 

 

肝内胆管がんはがん細胞を完全に切除したとしても、

再発することが多いです。

 

それで、再び切除できればいいのですが、

切除できない場合もあります。

 

ですから、肝内胆管がんは切除できたとしても、

5年生存率はそれほど高くはありません。

 

 

また、肝内胆管がんはかなり進行してから症状が現れます。

 

ですから、どうしても発見が遅くなりがちです。

 

それで肝内胆管がんが発見された時には、

癌細胞が広範囲に広がっていて切除ができないことも多いです。

 

その場合、抗がん剤などで治療を行ったりもしますが、

効果的な治療法とは言えないです。

 

 

肝内胆管がんは、原因が分かっていません。

 

ですから、有効な治療法は手術による切除以外は

確立されていないのが現状です。

 

まだ、肝内胆管がんの原因などが明らかになれば、

治療法を確立することができて予後が多少は良好になるかもしれません。

 

しかし、今のところ有効な治療法は確立できていないです。

 

 

肝内胆管がんになる人は近年増えています。

 

しかし、原因が全然わかっていないので、

予防法もわかっていません。

 

早期発見できれば、ある程度は予後を良好にできますので、

定期的に検査をして早期発見に努めたいですよね。

山梨県のさくらんぼ狩りで人気の農園は?

山梨 さくらんぼ狩り 人気 について

 

山梨県のさくらんぼ狩りで人気なのが「くぬぎ観光農園」でしょう。

 

「くぬぎ観光農園」ホームページへ

 

「くぬぎ観光農園」は、20種類以上ものさくらんぼが栽培されています。

 

ですから、様々な種類のさくらんぼを食べ比べることができます。

 

非常に人気があるのでたくさんの人が訪れます。

 

そのせいでしょうか、完全予約制です。

 

アクセス方法は、車の場合、中央道の甲府昭和ICから約20分です。

電車の場合はJR中央本線 甲府駅(特急停車駅)よりタクシーで約25分、

竜王駅(一部の特急が停車)よりタクシーで約15分です。

 

詳しくはホームページでご確認願います。

 

「くぬぎ観光農園」ホームページへ

 

 

「竜太園」も人気があります。

 

「竜太園」ホームページへ

 

「竜太園」の最大の特徴は、

“寿錦”(いわいにしき)という品種のさくらんぼを食べることができる、

という事です。

 

寿錦は幻のさくらんぼと言われています。

味は非常においしいですが、

栽培が非常に難しくなかなか作ることができないそうです。

 

恐らく山梨県ではここだけしか食べることができないと思います。

 

寿錦を食べる事の出来るコースは、

シーズン中、2日くらいしか開催されていません。

 

料金は4,000円と通常のコースの倍ですが、

非常に人気ですし20人限定ですので早めの予約をおススメします。

 

ちなみに通常のコース(寿錦を食べることができないコース)は、

一般的なさくらんぼ狩りと同じく約1ヶ月くらいの期間があります。

 

アクセスは車の場合、中央道 勝沼ICから約10分です。

電車の場合は、JR中央本線 塩山駅(特急かいじ停車)からタクシーで約5分です。

 

詳しくはホームページでご確認願います。

 

「竜太園」ホームページへ

 

 

そして「宮本農園」も人気がありますね。

 

「宮本農園」ホームページへ

 

ここは、さくらんぼの木のオーナーになるシステムがあります。

 

それで、梅宮アンナさんが木のオーナーになっているそうですよ。

 

また、アットホームな雰囲気が好きだ、という人が多いですね。

 

アクセス方法は車の場合、中央道 勝沼ICから約20分です。

電車の場合、山梨市駅(特急かいじ停車)からタクシーで約8分です。

 

詳しくはホームページでご確認願います。

 

「宮本農園」ホームページへ

 

 

山梨県で人気のさくらんぼ狩り農園は以上です。

 

さくらんぼ狩りは期間が約1ヶ月と他のフルーツに比べて短いです。

 

ですから、人が多めです。

 

特に土日は予約がないと入れないこともありますので、

あらかじめ予約をしておくことをおススメします。

エボラ出血熱が日本で流行する可能性は?

エボラ出血熱 日本 について

 

エボラ出血熱の日本での発症例は今のところ確認されていません

 

では今後日本で発症する可能性がゼロだ、

と言い切れるかといえば、そういうわけではありません。

201311203

 

エボラ出血熱の原因ウイルス、エボラウイルスに関しては、

まだはっきりとわかっていないことがたくさんあります。

 

 

エボラウイルスは感染した患者の

血液、排泄物、分泌物、唾液などによって感染し、

空気感染することはない、とされています。

 

しかし、空気感染の可能性は完全に否定されているわけではありません。

 

ということは、エボラ出血熱の流行している地域に渡航した人が、

エボラウイルスに感染して、

日本に帰ってきた後に他の人に空気感染させて流行する、

という可能性はゼロとは言い切れないです。

 

空気感染はないと考えていいのかもしれませんが、

海外でエボラウイルスに感染した人が日本に渡航し、

他の人にうつす可能性はゼロではありません。

 

 

日本ではエボラ出血熱は、

感染症法で一類感染症に分類されています。

 

法律でわざわざ分類してあることを考えれば、

日本で感染する可能性はゼロではない、

と考えられている証ではないかと思います。

 

 

ただし、エボラウイルスの保持者が日本に渡航した場合、

他の人にうつしても1人か2人だろう、と言われています。

 

空気感染の可能性は非常に低いです。

空気感染するのであればたくさんの人に感染する可能性がありますが、

空気感染しないのであれば多くの人に感染する可能性は低いです。

 

また、エボラウイルスに感染してから

エボラ出血熱を発症するまで約7日間くらいです。

 

感染してから発症するまで長期間かかるのであれば、

たくさんの人に感染する可能性はあります。

しかし、感染してから発症するまで期間が短いです。

発症したときに病院で診てもらえばエボラ出血熱と疑われるでしょうし、

その場合は隔離されて治療されます。

 

ですから、エボラウイルスが日本に持ち込まれた場合、

数人が感染する可能性は否定できないものの、

大勢の人が感染する可能性はほぼゼロと言っていいと思います。

 

検疫もあるので、

エボラウイルスが日本に持ち込まれる可能性は低いですしね。

 

黄砂による症状 喉の痛みの原因と対処法

黄砂 症状 喉の痛み について

 

黄砂が飛んできたときには人によっては様々な症状をひきおこしますね。

 

その一つに喉の痛みがあります。

a0002_004880

 

黄砂によって喉が痛くなるのは、アレルギー反応であると考えられます。

 

アレルギー反応とは、

体内に異物が入ってきたときにおこる体の反応のことですね。

 

黄砂は中国から飛んできますよね。

 

その時に中国の空気が汚染されている地域を通った後に日本に飛んできます。

 

ですから、黄砂には汚染物質がくっついています。

 

その汚染物質に対してアレルギー反応が出てしまいます。

 

それで喉が痛くなるのです。

 

 

黄砂そのものに体はアレルギー反応を引き起こすのか引き起こさないかは、

意見が分かれています。

 

つまり、仮に黄砂に汚染物質がくっついていないとしたら、

アレルギー反応として喉が痛くなるのかどうかは、

人によって意見が分かれる、という事です。

 

 

さて、黄砂の症状による喉の痛みを抑えるには、

まず、うがいをして喉にくっついた黄砂を洗い流すといいでしょう。

 

ただし、うがいをしても喉にくっついた黄砂をきれいに洗い流すのは無理です。

 

しかし、喉を潤せば痛みは緩和されます

 

喉を乾燥させないようにするといいでしょう。

 

喉が炎症した場合は、

トローチなど薬を口にすれば痛みを抑えることができます。

 

炎症した場合でも喉を潤せば喉の痛みを緩和できます

 

 

ただし、喉にくっついた黄砂は体内に入ってしまいます。

 

そうなると、汚染物質が体内に入ってしまいます。

 

それで、肺炎、気管支炎の原因ともなり得ます。

 

また、黄砂にくっついている有害物質が体内に入り、

様々な臓器に悪影響を及ぼす、という指摘もあります。

 

 

黄砂は体内に入らないようにすることが大切です

 

黄砂が飛んでいるときはなるべく外出しないほうがいいです。

 

外出するときはマスクをするなどして黄砂が体内に入らないようにしましょう。

 

ちなみに黄砂は花粉よりも粒子が細かいです。

 

また、最近は黄砂にPM2.5がくっついている、と考えられます。

 

ですから、PM2.5対策用のマスクをするといいでしょう。

 

ウイルスの侵入を防ぐマスクでも黄砂の侵入は防ぐことができます。

 

しかし、黄砂にくっついたPM2.5が侵入してくる可能性があります。

 

PM2.5は体への様々な悪影響が指摘されています。

 

ですから、黄砂とともにPM2.5の侵入も防ぐ必要がありますよ。

 

新宿御苑での花見の場所取りで知っておきたいこと

新宿御苑 花見 場所取り について

 

新宿御苑は東京の桜の名所の一つですね。

 

それで、新宿御苑で花見をしようと考えている方も多いと思います。

 

しかし、新宿御苑の花見の場所取りはそんなに大変ではありません。

上の動画は、2013年3月26日火曜日、桜が満開の時に撮影されたものだそうです。

 

何時に撮影されたものなのか不明ですが、

人は多いけどシートを敷いて大人数で食事をするスペースがあるのは

分かりますよね。

 

桜の花から遠くても構わない、という事であれば、

場所取りをしなくても大勢で食事をするスペースは確保できるでしょう。

 

桜のシーズン中は入口の門のところで並ぶことがありますが、

中に入ってしまえば人は流れますし、

40人~50人くらいで座って食事できるスペースはあります。

 

 

ただし、平日、土祝日にかかわらずお昼は

桜の木の近くはランチを食べている人でいっぱいです。

 

ですから、桜の木の近くでお花見をしたいという事であれば、

開門時間の午前9時に行って場所取りをしたほうがいいでしょう

 

 

新宿御苑の花見で注意しないといけないのは、

アルコールの持ち込みが禁止されています。

 

そして、カセットコンロの持ち込みも禁止です。

 

カラオケやラジカセ、拡声器など大きな音の出るものも

持ち込みが禁止されています。

 

また、開園時間は9:00~16:00です。

 

ですから、新宿御苑の花見はお弁当を持っていって

ランチをするという感じになりますね。

 

花見というと、お酒を飲みながら宴会をする

というイメージがあるかもしれませんが、

新宿御苑内ではお酒を飲むことができません。

 

 

ただ、酔っ払いが騒いでいたりカラオケしたりしていませんので、

穏やかな雰囲気でゆっくり桜の花を楽しみながら食事することができますよ。

 

人は多いので、静かとは言えませんけどね。