花粉症の症状 悪寒の原因と対策

花粉症 症状 悪寒 について

201402041

花粉症症状悪寒がすることがありますよね。

 

花粉で悪寒がするのは

風邪などで悪寒するのと同じメカニズム

ではないかという考えがあります。

 

風邪などで悪寒がするのは、

体内に侵入してきたウイルスを退治するために

体温を高くするためです。

 

体温を高くするために、

熱が外に出ないようにします。

 

それで、体の中心部で作られた熱を

皮膚の近くに運ばないようにするので、

皮膚の近くは温度が下がります。

 

それで悪寒がするわけですね。

 

風邪のウイルスは38℃以上で活動しなくなるため、

ウイルスを退治するために体温を高くしているのです。

 

それで、風邪をひくと悪寒がするのです。

 

 

花粉症は本来は体に害がない花粉を、

異物だと勘違いしてしまって追い出そうとするので、

様々な症状が出てしまいます。

 

花粉症の症状のくしゃみや鼻水は、

そうすることで花粉を体外に追い出そうと

しているのです。

 

それで、花粉に熱を加えると退治することができるのではないか、

と体が勘違いをすれば、体温を上げようとします。

 

そうなれば悪寒がします。

 

 

しかし、花粉症で悪寒がするメカニズムは

まだはっきりしていません。

 

 

花粉症はアレルギーの一種ですが、

アレルギーの症状は

自立神経という神経に異常をきたすと悪化する

と言われています。

 

そして、自律神経に異常をきたすと熱が出ます。

 

ですから、花粉症で自律神経に異常が生じると、

悪寒がするのではないか、

と考えることもできます。

 

 

なかには、花粉症そのものの症状で悪寒は考えられず、

風邪か何かを併発しているはず

という意見の人もいます。

 

 

花粉症の症状で悪寒がするメカニズムは、

まだはっきりしていません。

 

しかし、悪寒が花粉症の症状であるとしても、

そんなにひどくなることは考えられません。

 

あまりにも悪寒がひどい場合は、

風邪など他の病気を併発している可能性が高いです。

 

ですから、病院で診てもらったほうがいいでしょう。

 

 

また、悪寒がするメカニズムは先ほど説明した通り、

体の表面の温度が下がるからです。

 

ですから、体を外側から温めると、

悪寒を緩和することができます。

 

また、体温が十分に高くなれば、

体の表面にも熱を送るようになります。

 

ですから、しょうがなどを摂って体の内側から温めると、

悪寒を緩和することができます。

 

また、悪寒は発熱のサインと考えることができます。

 

ですから、発熱に備えておくといいですよ。

PM2.5の症状 くしゃみを止めるには?

PM2.5 症状 くしゃみ について

a0002_007492

PM2.5症状の一つにくしゃみが考えられます。

 

ただし、PM2.5の症状は

まだ正確にはわかっていません。

 

PM2.5が飛来する時期は、

花粉症の時期と重なりますよね。

 

ですから、PM2.5が花粉症の症状を悪化させて

くしゃみがでるのか、

それともPM2.5が直接作用してくしゃみを引き起こすのか、

はっきりとはわかっていません。

 

PM2.5はくしゃみを引き起こす原因にならない

可能性も否定できないです。

 

また、PM2.5は黄砂と一緒に飛んできますが、

くしゃみは黄砂が原因で起こるのであって

PM2.5は全く関係ない可能性も否定はできません。

 

 

ただ今のところはPM2.5の症状の一つに

くしゃみがあるのではないか、と考えられています。

 

 

PM2.5が原因でくしゃみが起こるのであれば、

メカニズムは花粉症と同じだと考えられます。

 

ですから、花粉症の薬(抗ヒスタミン薬)を飲めば、

一時的にはくしゃみを抑えることはできると考えられます

 

しかし、くしゃみは異物を体外に排出するために起こる、

つまり、PM2.5は体にとって害だから、

体内に入れないようにくしゃみをして、

外にPM2.5を出しているんです。

 

ですから、薬などでくしゃみを止めることよりも、

PM2.5を体内に入れないようにすることのほうが大切です。

 

 

PM2.5は粒子が細かいので、

普通のマスクでは体内への侵入を防ぐことができません。

 

ですから細かい粒子を通さないマスク、

PM2.5対策用かN95タイプのマスクを

使う必要があります

 

また、PM2.5の粒子は一般の家屋であれは、

締め切っていても普通に入ってきます。

 

PM2.5の濃度は家の中と外とでは同じと考えていいです。

 

高気密の家に建て替えるなり引っ越すなりするのが

一番良いのですが、

現実的ではありませんね。

 

家の中でもマスクをするようにするか、

PM2.5に対応した空気清浄機を使うように

する必要があります

 

 

PM2.5を吸い続けると、

気管支炎や肺がん、ぜんそくになる可能性が

指摘されています。

 

PM2.5の発生状況を常に確認し、

PM2.5が発生しているときは気を付けましょう。

 

PM2.5の発生状況は、

環境省のホームページにある「そらまめ君」で

確認することができます。

 

「そらまめ君」はこちら

河津桜まつりのアクセス方法 電車の場合

河津桜まつり アクセス 電車 について

伊豆急行線路線図
guide_img_08
「伊豆急」ホームページより)

河津桜まつりの会場への電車でのアクセス方法ですが、

最寄り駅は伊豆急線の「河津駅」になります。

 

河津駅のすぐ近くに河津川がありますが、

その河津川沿いが河津さくらまつりの会場になります。

 

 

上の路線図は伊豆急行線内だけしか書かれていませんが、

伊豆急行線の列車はほぼすべてが

伊東から先、JR伊東線 熱海まで直通運転しています。

 

ですから、静岡・名古屋方面から

河津桜まつりへ電車で行く場合は、

新幹線で熱海駅までいき、

熱海駅から伊豆急下田行に乗り換えると便利です。

 

JR熱海駅から伊豆急行線河津駅まで

特急踊り子号で約1時間、普通列車で約1時間20分です。

 

 

東京方面からは特急踊り子号で、

伊豆急行線の河津駅まで乗り換えなしで

行くことができます

JR東京駅から約2時間30分です。

 

特急踊り子号は、JR東京駅始発がほとんどですが、

JR新宿駅始発・JR池袋駅始発もあります。

 

また、臨時列車でそれら以外の駅が

始発の列車もあります。

 

詳しくは伊豆急のホームページをご覧ください。

 

伊豆急ホームページ 電車時刻表へ

 

ちなみの踊り子号は、

伊豆急下田行のほかに修善寺行があります。

 

修善寺行は河津駅には行きませんので、

乗り間違いのないように注意が必要です。

 

 

また、東京方面から少しでも早く行きたい場合、

新幹線で熱海駅まで行き

伊豆急下田行に乗り換えたほうが早いです。

 

JR東京駅からJR熱海駅までこだまで約40分、

JR熱海駅から伊豆急行線河津駅まで

特急踊り子号で約1時間、普通列車で約1時間20分です。

 


 東京方面から河津桜まつりへのアクセス

・JR東京駅(特急踊り子号)⇒伊豆急河津駅(約2時間30分)

・JR東京駅(東海道新幹線)⇒JR熱海駅(JR伊東線・伊豆急)⇒河津駅
(新幹線約40分 熱海~河津:特急踊り子で約1時間 普通で約1時間20分)

 

静岡・名古屋方面から河津桜まつりへのアクセス

名古屋・静岡(東海道新幹線)⇒JR熱海駅(JR伊東線・伊豆急)⇒河津駅
(名古屋~熱海:こだまで約2時間 静岡~熱海:こだまで約40分)
(熱海~河津:特急踊り子で約1時間 普通で約1時間20分)

 

※熱海駅の乗り換え時間は約5分です。


 

飛行機の場合、

富士山静岡空港から東海道新幹線静岡駅までは

バスで約1時間です。

 

羽田空港からは、

京急で品川駅までいき、

品川からは東海道新幹線のこだまで熱海まで行くと

いいでしょう。

 

羽田空港国内線ターミナル駅から品川まで京急で約20分

品川から熱海まで新幹線で約35分です。

 

 

河津桜まつりへ車でのアクセスを考えると

渋滞が心配です。

 

特に土・日曜日は渋滞します。

 

渋滞に巻き込まれないようにするためにも、

電車でのアクセスがおススメです。

マグロの代用魚~マグロの本当の正体とは?

マグロ 代用魚 について

a0002_000966

回転ずしなどで、

まぐろ代用魚(だいようぎょ)が使われることが

多いですね。

 

マグロの代用魚は、

アロツナスアカマンボウのどちらかが多いです。

ガストロがマグロの代用魚として

使われることもあります。

 

 

アロツナスはマグロと同じサバ科の魚です。

 

カツオもサバ科の魚ですが、

アロツナスはカツオとマグロの中間のような魚です。

 

マグロよりも脂が少ないですが、

カツオよりも脂が多いです。

 

それで、マグロ以外にも、

カツオの代用魚として使われることもあります。

 

 

アカマンボウは見た目がマンボウに似ている魚です。

320px-Солнечная_рыба
(「Wikipedia」より)

マンボウに似ていますが、マンボウの仲間ではありません。

 

アカマンボウ科の魚に分類されますが、

マンボウとは全然関係ない魚になります。

 

アカマンボウの刺身は、

見た目がマグロとほぼ同じです。

 

また、脂がのっていて食感もマグロとほぼ同じです。

 

プロの料理人であれば

見た目でアカマンボウとマグロの区別はつくみたいですが、

素人だと見た目も味も区別がつく人はほとんどいないでしょう。

 

ちなみにアカマンボウの刺身は、

石垣島などで売られているという事です。

 

マグロの代用魚としてではなくて、

きちんとアカマンボウ(マンダイ)の刺身として

売っているそうです。

 

 

ガストロはアロツナスと同じサバ科の魚です。

Gamel_u0
(「Wikipedia」より)

別名はウロコマグロです。

 

白身魚ですから、白いマグロとして出されることがあります。

 

マグロと比べると脂が少なくて淡白です。

 

 

レストランなどで食品偽装が

相次いて明らかになっていますよね。

 

それがきっかけで、

回転すしの代用魚をこのまま認めていいのか

問題になっています。

 

そこで、まぐろの代用魚を使うと

食品偽装していると思われてイメージが悪くなる、と考え、

最近では死魚を使っているところが増えているそうです。

 

マグロが死亡すると、

海底に沈むか海面に浮くかのどちらかだそうです。

 

そういった死亡したマグロを捕ってきて、

回転すしなどで使っているという事なんです。

 

価格(仕入れ価格)は通常のマグロの10%くらいだそうです。

 

しかし、切り身にすると、普通のマグロと

味や見た目に大きな違いはないそうです。

 

そして、死魚といっても腐っているわけではないので、

食べても問題はないそうですよ。

 

 

企業側は少しでもマグロを安く提供するために

代用魚や死魚を使っているわけですよね。

 

これが良いことなのか悪いのことなのか、

人によって大きく意見が分かれると思います。

 

でも、死魚が問題になったら、

次にまた新たに何かが出てきそうな気がして、

ちょっとゾッとするのは私だけでしょうか?