冬の食中毒予防~夏との違いとは?

冬の食中毒予防 について

virus_syokuchudoku

冬の食中毒と夏の食中毒とでは予防が若干異なります。

 

冬の食中毒の原因はほとんどがウイルスです。

 

冬になるとノロウイルスによる集団食中毒が

時々ニュースになりますよね。

その他、ロタウイルスでも食中毒になります。

 

それに対して夏の食中毒は細菌が原因になります。

 

 

ウイルスも細菌も熱には弱いので、

食材などを加熱すると食中毒を予防することができます。

 

ただし、ほとんどの細菌は75℃で1分間、

ノロウイルスとロタウイルスは85℃で1分間

加熱することで死滅します。

 

ですから、冬の食中毒の原因であるウイルスを死滅させるには、

夏の食中毒の原因である細菌を死滅させるときの加熱よりも

高温で加熱する必要があります

 

 

また、ノロウイルスは細菌と違って、

エタノールやアルコールでは死滅しないです。

 

ロタウイルスはエタノールやアルコールで

死滅させることができます。

 

ただ、次亜塩素酸ナトリウムは、

ロタウイルスもノロウイルスも死滅させることができます。

 

ですから、冬の食中毒予防としては、

次亜塩素酸ナトリウムでの消毒が有効です。

 

次亜塩素酸ナトリウムは塩素系漂白剤には

まず入っています。

 

ただ、念のため成分を見て、

次亜塩素酸ナトリウムが含まれているか

確認したほうがいいでしょう。

 

 

また、冬の食中毒の原因である

ノロウイルスやロタウイルスは細菌と違い

食品中では増えず、人間の体内で増えます。

 

夏の食中毒の原因である細菌は、

食品中で増えます。

 

それで、食品を10℃以下で保存すると細菌が増えるのを

防ぐことができますので

夏の食中毒予防には有効です。

 

しかし、冬の食中毒は

食品を室温で保存していてもウイルスは増えませんし、

食品を冷やしてもウイルスは死滅しませんので、

食品の保存に関してはあまり気にする必要はありません。

 

 

あとは、冬の食中毒と夏の食中毒は

予防法は同じになります。

 

ウイルスも細菌も、

便や嘔吐物に含まれています。

 

それで、便や嘔吐物から二次感染することがあります。

 

トイレの後はしっかりと手洗いをしましょう。

 

また、患者さんの便や嘔吐物を処理はきちんと行い

処理後は念入りに手洗いをしましょう。

 

トイレのドアノブや便座は

次亜塩素酸ナトリウムで常に消毒をしたほうがいいでしょう。

バセドウ病の原因~こんな人は要注意!

バセドウ病 原因 について

201311203

バセドウ病(あるいはバセドー病)は甲状腺ホルモンという物質を

過剰に作り続けることによって引き起こされる病気ですね。

 

自分の甲状腺を異物と体が勘違いしてしまうと

やっつけて外へ追い出そうと攻撃し続けます。

 

そして、甲状腺を攻撃し続けると

甲状腺が刺激されるので甲状腺ホルモンを作り続けてしまうのです。

 

 

さて、甲状腺を異物だと認識してしまう原因は、

今のところはっきりしていません。

 

つまり、バセドウ病の原因はわかっていない、という事になります。

 

ストレス、遺伝、過労、妊娠、出産、アレルギーなどが

バセドウ病の原因ではないか、と考えられています。

 

ただし、発症までのメカニズムがハッキリしていないので、

それらがバセドウ病の原因とは断定できないのです。

 

 

 

今のところ、バセドウ病は遺伝的になりやすい人が、

大きなストレスや精神的ショックなどを受けたときなどに

発症しやすい、という事がわかりつつあります。

 

 

ですから、親や兄弟姉妹でバセドウ病の方がいるのであれば、

注意が必要です。

 

普段からストレス発散やリラックスする時間を作るなどして

ストレスをため込まないようにするといいでしょう。

 

また、喫煙はバセドウ病が発症しやすい、と言われています。

 

禁煙したほうがいいでしょう。

 

バセドウ病を発症する人は女性に多く、

男性患者の4倍と言われています。

 

ですから、女性の方で家族がバセドウ病の場合は

特に注意が必要です。

 

 

そして、バセドウ病を発症した人は

アレルギーを持っていることが多い、とも言われています。

 

アレルギーは異物でないものを異物と勘違いすることが

原因で発症しますよね。

 

バセドウ病も異物ではない甲状腺を異物だと

勘違いしてしまうことが原因で発症します。

 

ですから共通点があるので、

何らかの関連性があるのではないか、

と考えることもできるのです。

 

家族でバセドウ病を発症した人がいて、

さらにアレルギーがある場合は、

バセドウ病を発症する可能性がかなり高い、

と考えられます。

 

ですから、かなりの注意が必要になりますね。

ノロウイルスの潜伏期間に他の人に感染させることはあるの?

ノロウイルス 潜伏期間 感染 について

201310312

ノロウイルスに感染してから症状が出るまでの

潜伏期間はだいたい1日~2日くらいです。

人によっては早ければ10時間くらいの場合もありますし、

遅いと4日間くらいになることもあります。

 

感染しても症状が出ていない

潜伏期間でも他の人に感染させてしまいます

 

ノロウイルスに感染すると、

潜伏期間であっても便にノロウイルスが混ざります。

 

それで、その便から他の人に感染することがあるのです。

 

 

大人がノロウイルスに感染しても症状が出ずに

終わってしまう事があります。

 

しかし、症状が出なくてもノロウイルスに感染すれば

便と一緒にノロウイルスを出し続けますので、

そのウイルスがお子さんに感染して発病した、

という事はよくあるのではないか、

と考えられています。

 

 

ノロウイルスに感染しているかどうかは、

検査をしない限り症状が出るまでわかりません。

 

ですから、ノロウイルスが流行している時期は、

家族や周りに誰も発病していなかったとしても

感染している可能性があるので

予防をしたほうがいいでしょう。

 

ノロウイルスに感染した人は、

便や嘔吐物とともに大量にウイルスを排出します。

 

排便の後は手をよく洗いましょう。

 

また、嘔吐の後は経口感染させる可能性があります。

 

嘔吐したら口をよくすすぎましょう。

 

手をしっかり洗う事は言うまでもありません。

 

 

また、ノロウイルスは乾燥すると空気に漂い、

これが口に入って感染することがあります。

 

便や嘔吐物は乾燥させることのないよう、

きれいに洗い流しましょう。

 

便座の裏などに便がつき、

それが乾燥したらノロウイルスが空気に舞います。

 

ノロウイルスが流行している時期は、

トイレは念入りに掃除をしたほうがいいでしょう。

狭心症の原因~狭心症予防のために知っておきたいこと!

狭心症 原因 について

201311203

狭心症は、

心臓に酸素や栄養を送り込む血管(冠動脈)が狭くなることで、

急に胸が圧迫されるような発作が起こります。

 

冠動脈が狭くなる原因は、

糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)などによって

血管が詰まったり硬くなるために起こることが多いです。

 

 

また、動物性脂肪の多い物を食べると、

血液中に悪玉コレステロールや中性脂肪が増えます。

 

それで、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪が

血管に付着することで、

血管が狭くなったり硬くなったりしますので、

狭心症を起こします

 

 

そして、

喫煙やアルコール、食生活や生活習慣の乱れ、

ストレス、運動不足などが原因で

血管は硬くなりますので、

狭心症を起こしてしまいます

 

 

狭心症は、

初期のころは運動をしたときや興奮したときなど

心臓の動きが激しくなった時に発作が起こります。

 

心臓の動きが早くなると、

心臓が酸素や栄養をより多く必要とします。

 

しかし、冠動脈が狭いと

十分に酸素と栄養を心臓に送ることができないので、

それが原因で発作を起こしてしまうのです。

 

また、冬になると狭心症の発作が起こりやすくなります。

 

急に暖かいところから寒いところに移動すると、

血管が縮みます。

 

それが原因で心臓に酸素と栄養を送ることができなくなるので、

発作を起こしてしまうのです。

 

 

ただし、狭心症が進行すると、

安静時にも発作が起こるようになります。

 

寝ているときに狭心症の発作を

起こすようにもなるのです。

 

そして、発作が治まるまで時間がかかるようになります。

 

そして、心筋梗塞を起こすようにもなります。

 

 

狭心症は遺伝でなりやすい人もいます。

 

しかし、遺伝で狭心症になりやすい体質だとしても、

栄養バランスの取れた食事を摂り、規則正しい生活を送るなど、

狭心症になりやすい原因を取り除けは

あらかじめ予防することができると言われています。

 

ですから、狭心症になるかならないかは、

普段の生活習慣にかかっていると考えていいでしょう。

立春大吉の意味は?

立春大吉 意味 について

2011_02_11_2

立春大吉は、

立春の日(2月4日ころ、年によって違う)に禅寺の門前に張り出される文字、

またはそのお札(おふだ)のことですね。

 

 

では、立春大吉という言葉にはどのような意味があるのでしょうか?

 

 

立春は、冬が終わり春が始まる節目の日のことです。

 

昔は立春は1年の始まりと考えられていました。

 

昔から暦の上では正月が1年の始まりでした。

 

しかし、立春と正月は旧暦でも違う日でした。

 

ただ、現代人ではちょっとピンと来ないかもしれませんが、

暦の上での1年の始まりと生活上の1年の始まりは

別のものだと考えられていたんです。

 

ですから、立春の前日に当たる節分には

豆まきをして1年間の厄を払い、

立春の日には1年の始まりに

その年は厄が来ませんように、という願いを込めて、

厄除けのために「立春大吉」の札を張り出していたんです。

 

それが今までずっと続いているわけですね。

 

 

「立春大吉」という言葉に、

今年1年大吉でありますように、

という意味が込められているのかもしれません。

 

しかし、「立春大吉」が厄除けになる理由は、

別のことが言われています。

 

「立春大吉」は、縦に書くと左右対称ですよね。

 

つまり、薄い紙に書くと、

表から見ても裏から見ても「立春大吉」と

読むことができますよね。

 

それで、表から見ても裏から見ても

同じことが書いてあるように見える札を入り口に貼ると、

鬼が入ってきて振り返ってお札を見たときに

「まだ家に入っていないんだ」と思って、

逆戻りして出ていく、ということです。

 

それで、厄除けになるということで、

「立春大吉」の札が張り出されるようになった、

という説があります。

 

 

ただ、現代ではお正月の「謹賀新年」という言葉と同じように、

「立春大吉」は、挨拶みたいな意味で考えられることが多いです。

 

しかし、新年の始まりを喜ぶという意味の「謹賀新年」と

厄除けの意味がある「立春大吉」とでは

元々の意味が全然違いますね。

花粉症の注射をする時期は?~うっかり手遅れにならないために

花粉症 注射 時期 について

syringe-145002_640

花粉症の注射を打つ時期はできるだけ早めのほうがいいです。

 

花粉症の注射はいくつかの種類があります。

 

その中で、注射した翌日からくしゃみ、鼻水などの

花粉症の症状が治まり、

たった1回の注射で1シーズン花粉症の症状が出てこなくなる

ものがあります。

 

それはステロイド注射です。

 

かなり効果が高いのですが、その分副作用が強くなります。

 

今現在で分かっている副作用は以下の通りです。

 

ステロイド注射の副作用

・感染症
・副腎機能不全
・注射したところの筋肉の委縮、陥没
・糖尿病
・胃潰瘍、十二指腸潰瘍
・高血圧
・肝機能障害
・緑内障
・精神障害(うつ病)
・全身倦怠感
・骨訴訟症
・生殖機能障害
・生理不順
・満月様顔榜、顔面紅斑

 

非常に副作用が強いので、

ステロイド注射を希望しても

医者によっては他にも安全な治療法があるからという事で、

注射するのを拒否することもあるのです。

 

ですから、ステロイド注射はおススメできません。

 

 

それ以外は、何回も注射をする必要があります。

 

 

ヒスタミン注射というものがあります。

 

これは簡単に言うと、

花粉が体内に入ってきたときに作られる

ヒスタミンという物質の働きを抑えることで、

花粉症の症状が出なくなるようにする注射です。

 

この注射は

週に1回~2回、3週間~6週間にわたって

打つ必要があります。

 

ですから、初回の注射から終わるまで

最大6週間(通常4週間くらい)かかってしまいますので、

花粉シーズンに入ってからでは遅い、

という事になります。

 

ですから、花粉症は3月に入るとピークになりますので、

それに間に合わせるには

1回目の注射を1月中には打つ必要がありますね。

 

効果は、通常3ヶ月~4ヶ月続きます。

 

 

あと、減感作療法といって、

花粉のエキスを注射することで体を花粉に慣らす療法があります。

 

しかしこれは2年~3年注射を打ち続ける必要があります。

 

ですから、今シーズンの花粉症対策にはなりません。

 

 

あと、ノイロトロピン注射があります。

 

この注射は元々腰などの痛みを抑える効果のある注射です。

 

この注射がなぜ花粉症に効果があるのかは

ハッキリしていませんが、

副作用の心配がほとんどありませんし、

なぜか知らないけど花粉症の症状が治まるので

花粉症治療に使われます。

 

この注射は打ったその日に効果が現れますが、

数日しか効果が継続しません。

 

ですから、花粉症の時期は数日おきに

注射を打ってもらう必要があります。

 

そして、この注射の効果は個人差が大きく、

全く効果を実感できない人もいます。

 

また、同じ人でも効果のある時と効果のない時があります。

 

 

以上のことを考えると、

花粉症の時期まで6週間以上ある場合はヒスタミン注射、

花粉症の時期になってしまったのであればノイロトロピン注射

がいいのではないかと思います。

 

ただし、ノイトロピン注射は効果がない可能性が低くないので、

出来るだけ早い時期に ヒスタミン注射をしたほうがいいと思います。

節分でいわしを食べたり戸口に挿したりする意味は?

節分 いわし 意味 について

setsubun_iwashi

節分に焼いたいわしの頭を、ひいらぎの小枝に刺して

戸口に挿す習慣がありますよね。

 

これには魔除けの意味があります。

 

ひいらぎの葉にはとげがありますよね。

 

このとげが鬼の目を刺すので、

戸口から鬼が入ってこられなくなる、

と言われています。

 

また、いわしを焼いた時に出てくるにおいのある煙で、

鬼が近づいてこなくなる、とも言われています。

 

これは、平安時代に、

正月に門口に飾るしめ縄に、

ひいらぎの枝とぼらの頭を刺していたことが

由来だと言われています。

 

それが時代とともに形が変わっていき、

いつの間にか節分にひいらぎの小枝にいわしの頭を刺して

戸口に挿すようになった、ということです。

 

 

また、西日本を中心に、

節分でいわしを食べる習慣がありますよね。

この意味は、いわしの頭をひいらぎに刺して

戸口に挿すのと同じ意味で、

イワシを焼いたときの煙で鬼が近づいてこなくなる、

と言われています。

 

 

最近では、節分に健康に良いいわしを食べのは、

健康や無病を祝う意味がある、

なんて言われる事もあります。

 

しかし、これはいわしを売るための宣伝文句として

業者が考えたような気がしないでもないですね。

 

節分は豆まきをして歳の数だけ豆を食べ、

恵方巻を食べて、そしていわしを食べれば、

完璧な節分になりそうですね。

 

ちなみに、ひいらぎの小枝にいわしの頭を刺したものは、

節分の日に戸口に挿し、翌日には外すのが一般的です。

 

そして、半紙に包んで塩で清める方が多いと思います。

 

せっかく戸口に挿すのであれば、

挿したりはずしたりする時期や処分の方法など

きちんとしたほうが良さそうですよね。

痛風の原因 女性が増えた原因とは?

痛風 原因 女性 について

a0002_004054

かつては男性と比べると

女性は圧倒的に痛風になる人が少なかったです。

 

しかし、最近女性で痛風になる方が増えています。

 

その大きな原因はホルモンバランスの乱れだと言われています。

 

痛風になる女性が少なかったのは女性ホルモンのおかげです。

 

痛風は体内の尿酸という物質の濃度が

高くなることが原因で起こります。

 

尿酸は血液や尿に溶けにくい性質がありますが、

体内の尿酸の濃度が高くなると、

関節に尿酸がくっついてしまうので、

関節などが痛くなるのです。

 

しかし、女性ホルモンには

尿酸を体外に排出するのを促す働きがあるので、

女性の痛風患者は少なかったんです。

 

しかし、ホルモンバランスが乱れ、

女性ホルモンの分泌量が少なくなると、

尿酸を体外に排出することが促されなくなるので、

痛風になる確率が高くなってしまうのです。

 

 

最近、ホルモンバランスが乱れている女性が増えた原因は、

いろいろ考えられます。

 

ホルモンバランスは、

ストレス、食生活の乱れ、生活習慣の乱れ、冷え、水分不足

などが原因で乱れます。

 

それで、最近はストレスの多い世の中になりましたし、

食生活が乱れやすくなりましたし、

睡眠不足など生活習慣が乱れている人が増えましたので、

ホルモンバランスが乱れている女性が増えた、

と考えられています。

 

痛風を治すには、体内の尿酸を減らすために、

尿酸の原料であるプリン体を減らすと良い、

と言われていますよね。

 

女性が痛風になったら、

プリン体を減らすのと同時に、

ホルモンバランスを整えるようにする必要があります。

 

ホルモンバランスが乱れる原因をすべて取り除けば、

自然とホルモンバランスは整っていきます。

 

仕事などで仕方のないことはあると思いますが、

ストレスはきちんと発散をして、

栄養バランスの取れた食事をし、

規則正しい生活を送るなど、

ホルモンバランスが乱れる原因を取り除けば、

ホルモンバランスを整えることができ、

痛風を治すことができるでしょう。

インフルエンザで熱が上がったり下がったりすることがあるの?

インフルエンザ 熱 上がったり下がったり について

201401101

インフルエンザになって、

朝は熱が下がったけど夕方になったら熱が高くなった、など

熱が上がったり下がったりすることがあります。

 

通常、インフルエンザは

熱が上がったり下がったりすることが少ないので、

他の病気も併発しているんじゃないか?

と心配になったりもしてしまいますよね。

 

しかし、インフルエンザでも

熱が上がったり下がったりすることはあり得ます

 

 

考えられる理由は2つあります。

 

 

まず一つ目は、

人間の体温は健康な人でも1日の中で変化があることです。

 

一般的に、午前4時ごろが一番体温が低く、

それから徐々に体温が上がっていって

午後4時ごろ一番高くなります。

 

体温が一番高い時と低い時の差は、

健康な大人で1℃ほどです。

 

高くなる時間、低くなる時間、高低差は、

個人差がありますし、

同じ人でも日によって違いはあります。

 

これがインフルエンザの時であれば、

熱のピークの時に39℃になって、

その後ピークを越えたけどインフルエンザ感染が続いている場合、

翌朝は36℃台後半になったけど、夕方に38℃台前半になることは

十分あり得ます。

 

また、インフルエンザウイルスがまだ潜伏しているのにもかかわらず、

朝起きたときに熱が下がったからといって安静にしていなければ、

熱はさらに高くなります。

 

朝測った時と比べると2℃も高くなった、

という事もあり得ます。

 

ですから、熱が37℃以下になったからといって、

インフルエンザが治ったとは限りませんので、

注意が必要ですね。

 

インフルエンザウイルスの潜伏期間は

ウイルスの種類によって違いがありますので、

医者にウイルスの潜伏期間を確認しておいたほうがいいでしょう。

 

 

 

もう一つ、インフルエンザで熱が上がったり下がったりする

理由として考えられるのは、

インフルエンザの種類によって症状が違うという事です。

 

実際に過去に流行した新型インフルエンザで、

熱が上がったり下がったりといった症状が

5日間くらい続くものがありました。

 

新型インフルエンザが流行し始めのときは、

どのような症状なのかはっきりしていないこともあります。

 

熱は38℃くらいで、約1週間くらい続く、

という事はわかっていても、

実は従来のインフルエンザと比べると、

熱の上がり下がりが激しかった、なんていう事が

しばらくしてからわかった、という事もあり得ます。

 

もし心配であれば、

病院や保健所で診てもらうといいでしょう。

 

時々、病院に行くとさらにインフルエンザウイルスをもらって

ひどくなるかもしれない、と思って、

病院に行きたがらない人がいますね。

 

でも、マスクをしっかりとして、

うがい、手洗いを徹底すれば、

新たにインフルエンザウイルスに感染することはないと思います。

 

また、一度インフルエンザになったら、基本的に

そのシーズンは同じ型のインフルエンザに感染することはないので、

2種類以上のインフルエンザが流行していなければ、

新たにインフルエンザに感染することはまずないと思います。

 

ですから、熱が上がったり下がったりして心配なら

すぐに病院に行きましょう。

食道がんの生存率

食道がん 生存率 について

201311203

食道がんになった人の生存率は25%程度(手術後5年以上生きていた人の割合)

と言われています。

 

食道は手術が難しいですし、

また食道がんは悪性度が高いので、

他のがんに比べると生存率が低いですね。

 

しかし、生存率は年齢やがんの進行具合によって

かなり違っています。

 

年齢が高くなれば生存率は低くなりますし、

またがんが進行していれば生存率は低くなります。

 

 

食道の壁は内側から

粘膜上皮、粘膜固有層、粘膜下皮、筋層、外皮の

5つの層に分けることができます。

 

食道がんの初期は食道の一番内側にある

粘膜上皮や粘膜固有層にがんができます。

 

そして、進行していくにつれて

だんだん外側の層にまでがんが広がっていきます。

 

 

食道がんの初期、がん細胞が粘膜固有層にとどまっている0期は、

生存率が70%~80%です。

 

がん細胞が粘膜固有層からリンパ節や粘膜下皮まで広がる1期は、

生存率が50%~60%です。

 

がん細胞が筋層を超えて食道の外に出たり、

あるいは外には出ていないものの食道近くのリンパ節まで

がん細胞が広がる2期は、

生存率が30%~50%です。

 

がん細胞が食道の外まで広がったものの、

他の臓器に転移していない3期は、

生存率が10%~30%です。

 

がん細胞が他の臓器まで転移する4期は、

生存率が5%~10%です。

 

ちなみにここで示している生存率は、

5年生存率(手術成功後5年以上生きる確率)です。

 

食道がんの手術で死亡する確率が3%~10%になります。

 

食道がんは初期症状がほとんどありません。

 

がんが進行すると、

食道で食べ物がつかえたり、食道がしみるといった

症状がでてきます。

 

このような症状が出てきた場合には、

すでに2期まで進んでいることが多いです。

 

つまり、自覚症状が出たときには、

生存率30%~50%になっているという事ですね。

 

人間ドッグなどで胃カメラを飲んだ時に

一緒に食道を診てくれることが多いですが、

その時に食道がんを発見することができます。

 

ですから、食道がんで死亡しないためには、

定期的に検査をして早期発見することが大切になります。

 

特にタバコや飲酒は食道がんになりやすいので、

タバコやお酒が好きな方は年1回程度検査をしてもらったほうが

いいでしょう。