鏡開きの由来~お餅を食べる理由とは?

鏡開き 由来 について

syougatsu_kagamimochi

鏡開きの由来は武家の風習だと言われています。

 

室町時代に武家では正月に鏡餅を供える習慣があったんです。

 

昔は円形の鏡には特別な霊力を

持っていると考えられていました。

 

それで、円形の餅が鏡の形に似ていることから、

「鏡餅」としてお正月にお供えするようになったんです。

 

男性は鎧(よろい)や兜(かぶと)などの具足に

「具足餅」をお供えし、

女性は鏡台に「鏡餅」をお供えしていました。

 

そして、お供えしたお餅を、

1月20日に割って食べていたのです。

 

お餅を割っていた理由は、

刃物でお餅を切るのは切腹をイメージさせられて、

縁起が悪いという事で、

手や木槌で割っていたんです。

 

では、お餅を割って食べるのに、

なぜ「鏡割り」と言わずに「鏡開き」というのでしょうか?

 

それは、「割る」や「切る」は縁起が悪いので、

「開き」という言葉が使われるようになったんです。

 

ただし、「鏡割り」という事もあります。

 

鏡開きは元々1月20日に行われていたのですが、

徳川家光が亡くなってからは1月11日に

行われるようになりました。

 

徳川家光がなくなったのが4月20日ですが、

20日は忌日になってしまったので、

1月11日に変わったと言われています。

 

 

ただし、鏡餅の由来はもう少し古く、

紀元前にさかのぼるという説があります。

 

お正月は元々神様を迎え入れる行事とされていました。

 

それで、神様の居場所が鏡餅だった、という事です。

 

ただし、この説は断定できるだけの証拠がないそうです。

 

 

もし、鏡餅の由来が紀元前で、

鏡開きの由来が室町時代の武家の風習だとしたら、

室町時代まで鏡餅は食べなかったのか?

という疑問が残りますね。

 

 

今では、正月の神様の居場所として鏡餅を飾り、

鏡開きをしてお餅を食べることで、

神様から力を授けてもらう、と考えられています。

 

無病息災を祈って鏡開きをしましょう。

 

ただし、お餅にカビが生えていたら、

お腹を壊すと思いますので注意が必要ですね。