急性胃腸炎の原因は?~苦しい思いをしないためにも知っておきたいこと!

急性胃腸炎 原因 について

doctor_illust02_03

急性胃腸炎のほとんどが

何かの病原体に感染することが原因で発症します。

 

病原体は、ノロウイルスやロタウイルスなど、

ウイルスであることが多いです。

 

時々サルモネラ菌のような細菌に感染して

急性胃腸炎になることもあります。

 

 

さて、急性胃腸炎の病原体に感染する原因は、

経口感染(口からウイルスが入って感染)が

ほとんどです。

 

ウイルスに感染した食べ物や飲み物を口にして

急性胃腸炎になることもあります。

 

あるいはウイルスに感染した人の便や嘔吐物には

ウイルスが混じっていますが、

そのウイルスが飛び散り、手に付着することがあります。

その手をしっかりと洗わずに食事をしたりすると、

ウイルスが口に入ってくることがあるので、

急性胃腸炎になることがあります。

 

最近は食品の衛生状態が良くなっているので、

人から人へと感染することが多いだろう、

と言われています。

 

 

特に注意が必要なのが、

お子さんが急性胃腸炎になったら

親御さんも急性胃腸炎になった、

という事がよくあります。

 

これはおそらくお子さんの便や嘔吐物から

ウイルスが空気中に広がり、

そして親御さんの口の中に入ってきたことが原因で、

急性胃腸炎になっているのだと思います。

 

 

家族が急性胃腸炎になったら、

特にトイレは塩素系の漂白剤できれいに拭くなどして

病原体が広がらないようにしないといけませんね。

 

 

また、お子さんと親御さんが同じものを食べているのに

お子さんだけが急性胃腸炎になることがあります。

 

同じウイルスなどに汚染された食品を食べた場合、

大人に症状が出なくても子供には症状が出る、

という事があります。

 

大人よりも子供のほうがウイルスなどには弱いので、

大人が感染しても症状が出ない場合でも子供には症状が出る、

という事があります。

 

ウイルスや細菌は熱に弱いものが多いので、

特に冬は生ものを食べないようにすると、

急性胃腸炎の予防になるでしょう。

 

 

さて、胃腸炎は、

ストレスや食べ過ぎ、不規則な生活などが原因で

なることもあります。

 

しかし、これらが原因の場合は

慢性胃腸炎のことが多く、

急性胃腸炎の原因になることはまずないでしょう。

 

ただし、胃腸が弱い人は、

ウイルスなどに感染すると急性胃腸炎を発症しやすくなります。

 

胃腸が丈夫であれば、

ウイルスや細菌に感染しても

症状が現れない、という事もあり得ます。

 

手洗いや消毒などをして

急性胃腸炎をすることは大切ですが、

普段から胃腸に負担をかけないことも

急性胃腸炎の予防では大切なことになります。