ネット依存症の原因~ネット依存症にならないようにするために!

ネット依存症 原因 について

a0002_003660

ネット依存症の中高生が増えていることが問題になっていますね。

 

そのネット依存症の原因は様々なことが言われていますが、

一言で言うと、長時間ネットを使っていること、という事になります。

 

 

ネットにはオンラインゲームやSNSなど、

魅力的な物がたくさんありますよね。

 

そういったものをして楽しんでいると、

脳内で興奮作用を引き起こすドーパミンという

快楽物質が分泌されます。

 

ドーパミンの分泌量が適量であれば問題ないのですが、

ネットが楽しすぎてしまうと過剰にドーパミンが

分泌されるようになってしまうのです。

 

ドーパミンの過剰分泌が続くと、

脳が快楽を常に求めるようになってしまいます。

 

それでドーパミンを分泌しつづけるために、

ずっとネットをし続ける、という事になってしまうのです。

 

ネット依存症のメカニズムは、

ギャンブル依存症やゲーム依存症と同じですね。

 

アルコール依存症や薬物依存症は、

アルコールや薬物に含まれる快楽物質が原因なので、

ネット依存症とは原理がやや違います。

 

 

さて、中高生がネット依存症になりやすい原因は

たくさんあります。

 

友達が少なく家族との関係が希薄になると、

暇つぶしにネットを利用する時間が長くなったり、

SNSなどコミュニケーションツールなどで

さみしさを紛らわすためにネットを使う時間が長くなったり、

オンラインゲームなどにはまってネットを使う時間が長くなったり、

あるいは、現実逃避するためにネットを使う時間が長くなったり、

そういったことが原因でネットを使う時間が長くなってしまい

ネット依存症になってしまうのです

 

 

「中高生に比べて大人のほうがネットを使っている時間が長いのでは?」

と疑問をもったかもしれませんね。

 

仕事で1日中ネットを使っているという方も少なくないと思います。

 

でも、そういった方がネット依存症になりにくいのは、

仕事でネットを使っていても楽しいと感じる人が少ないと思いますが、

楽しくなければドーパミンが分泌されませんので、

ネット依存症にはならないのです。

 

それに対して中高生は、

ネットは楽しむために利用する場合が多いので、

ネット依存症になりやすいのです。

 

 

そして、最近急にネット依存症が増えた原因は、

スマホの普及にある、と言われています。

 

スマホは電車の中でもどこでも

電波さえつながっていればネットを利用できます。

 

そうなると、ドーパミンの分泌される時間がより長くなりますので、

ネット依存症になりやすくなってしまうのです。

 

 

ネット依存症になったら、

ギャンブル依存症などと同様に克服するのが

かなり大変になります。

 

ネット依存症にならないように、ネットの利用時間には注意が必要ですね。

赤ちゃんにインフルエンザの予防接種の効果ってあるの?

赤ちゃん インフルエンザ 予防接種 効果 について

inhuruenza12

赤ちゃんは生後6ヶ月(満6ヶ月)から

インフルエンザの予防接種を受けることが出来ますよね。

 

では、6ヶ月を超えてからインフルエンザの予防接種を受けて、

効果があるのかなぁ?なんて疑問に思ったことはないですか?

 

 

実は、インフルエンザワクチンは

1歳未満の赤ちゃんに効果があるとは証明されていません

 

病院によっては、インフルエンザワクチンの効果が証明されてないという理由で、

1歳未満赤ちゃんの予防接種を断っているところがあるくらいです。

 

また、1歳以上6歳未満のお子さんの場合、

インフルエンザの予防接種による効果は

20%~30%と言われています。

 

ですから、1歳、2歳の赤ちゃんが

インフルエンザの予防接種を受ける価値があるのか、

ちょっと疑問が残りますよね。

 

このことに関しては、医師の間でも意見が分かれていて、

インフルエンザの予防接種をしておいたほうがまだましだという医師と、

受けても意味がない、という医師がいます。

 

 

もし、赤ちゃんにインフルエンザの予防接種を受けさせたい、

という事であれば、

インフルエンザが流行しはじめる12月中旬の4週間前の

11月上旬には1回目の予防接種を

しておいたほうがいいでしょう。

 

赤ちゃんのインフルエンザの予防接種は

2回行わないといけません。

 

1回目と2回目の間を4週間開ける必要があります。

 

ですから、インフルエンザの流行の4週間前には、

1回目の予防接種をしたほうがいいのです。

 

 

赤ちゃんのインフルエンザの予防は、

予防接種よりも手洗い、うがい、マスクのほうが有効です

 

赤ちゃんは、うがいができないと思いますが、

のどを潤すことでインフルエンザを予防できますので、

湯冷ましなどの飲み物で時々のどを潤すといいでしょう。

 

 

また、赤ちゃんは外部との接触が少ないので、

外でインフルエンザに感染する確率が低い、

と言われています。

 

それよりも家族からインフルエンザに

感染する確率が高いのではないか、と言われているんです。

 

ですから、親や兄弟姉妹などの家族のインフルエンザ対策も

かなり大切だと言われています。

 

家族全員が手洗い、うがい、マスクを

しっかり行うようにしてインフルエンザの対策をすれば、

赤ちゃんのインフルエンザ予防にもつながるでしょう。

 

家族がインフルエンザの予防接種をしたからといって

油断をしてはいけません。

 

インフルエンザのワクチンは、

発症を防ぐ効果はある程度あっても、

ウイルスの体内侵入を防ぐことはできません。

 

そして、ウイルスが体内に入ってきた場合、

そのウイルスが他の人に感染することがありますよ。