日本でも結合双生児って生まれているの?

日本 結合双生児について

 

2人の体がつながっている結合双生児(けつごうそうせいじ)は、

日本ではまず見かけませんよね。

 

かつて、ベトナムのベトちゃんドクちゃんが

ニュースになりましたが、

日本人の結合双生児はニュースでは見かけませんよね。

 

結合双生児はアフリカや中東に多い、と言われています。

 

ですから、われわれ日本人にとって、

結合双生児は海外にしかいない、と思ってしまいがちですよね。

 

 

しかし、日本にも結合双生児で生まれてきた人がいます

 

長峰姉妹が結合双生児として生まれてきたのは、

知られているのではないか、と思います。

 

出産から約2ヶ月後に分離手術をしています。

 

その他にも結合双生児の例は、いくつかあります。

 

しかし、アフリカや中東に比べると、

日本は結合双生児として生まれてくるケースは

非常に少ないように思えます。

 

テレビを見ていても、海外の結合双生児は時々扱われていても、

日本人の結合双生児はほとんど扱われていませんよね。

 

 

ではなぜ、アフリカや中東では結合双生児が多く、

日本では少ないように思えるのでしょうか?

 

 

実は、結合双生児が生まれてくる原因は、

まだはっきりしていませんので、

しっかりとした結論を出すことができません。

 

しかし、様々な推測がされています。

 

アフリカでは結合双生児を出産しやすい食べ物を

食べているのではないか?とか、

民族によって双子の出生率に違いがあり、

双子の出生率が高い民族に結合双生児が多いのではないか?

などといった推測があります。

 

しかしながら、本当にアフリカや中東で結合双生児が多く、

日本は少ない、という確証もありません。

 

結合双生児を妊娠した方が何人いるのか、

というデータがないのです。

 

日本では、おなかの赤ちゃんが結合双生児とわかったら、

死産させたり、中絶したりすることが多い、という話を聞きます。(※)

 

また、結合双生児として生まれてきたら

すぐに分離手術をしているのでニュースにすらならないから、

日本では少ないと感じてしまうのではないか、

なんていう推測もあります。

 

長峰姉妹がニュースになったのは、

分離手術をした場合、障害が残る可能性が高かったからで、

それ以外は分離手術をしても問題にならなかったので、

マスコミが取り上げなかったので、少ないと思えてしまう、

と推測されているんです。

 

ですから、実は日本でもアフリカや中東と同じ確率で

結合双生児を妊娠しているけど、

中絶したり分離手術したりしているので、

まるで結合双生児がゼロだという印象を持ってしまうのではないか、

という推測も出てくるわけですね。

 

事実は謎のままです。

 

(※)日本では2013年9月6日現在、胎児が障害児だからという理由だけで中絶することは、法律上認められていません。それで、中絶を勧める意図は全くない、という事をご理解ください。

岸和田だんじり祭りの編み込み~だんじり娘のヘアスタイル

岸和田だんじり祭り 編み込みについて

上の動画は、2012年の岸和田だんじり祭りの様子です。

 

動画をよく見るとわかると思いますが、

だんじりを曳(ひ)いている女性で

編み込みをしているのをたくさん見かけますよね。

 

この編み込みは、だんじりヘアーと言われるくらい、

岸和田だんじり祭りでは定番になっている髪形です。

 

上の動画ではちょっとわかりづらいのですが、

編み込みには様々な模様があります。

 

町名を編み込んだもの、

花やハートなどを編み込んだものなど、

見ているだけでも楽しくなってきます。

 

岸和田だんじり祭りは、

女性がだんじりを曳(ひ)けるのは高校3年まで

という慣習があるところが多いです。

 

それで、高校3年までの短い期間しかだんじりを曳(ひ)けないので、

少しでも目立とうという事で髪を編み込んでいる、

なんていう話があります。

 

実際に美容院では、

「一番目立つように編み込みをしてほしい。」

という注文が多いようですよ。

 

 

岸和田だんじり祭りで編み込みが始まったのは、

昭和55年ごろだ、という事です。

 

初めはシンプルなもので、人によって大差はなかったようですが、

2000年頃から様々な模様が出てくるようになったそうです。

 

編み込みをし始めたころは、

編み込みをしているだけで目立った気がしますが、

多くの人が髪を編み込むようになると、

それだけでは目立たなくなるでしょうから、

様々な模様で編み込むようになったのかもしれませんね。

 

 

岸和田市内の美容院は、

岸和田だんじり祭りの数日前から予約でいっぱいになるそうです。

 

予約を受け付ける時期は美容院によって違いはありますが、

1年前から予約でいっぱい、なんていう美容院もあるようですよ。

 

料金は美容院やデザインによって違いはありますが、

ある美容院では平均2万円、最高で4万5千円だそうです。

 

岸和田だんじり祭りのために、

お金をかけて編み込みをするわけですから、

岸和田の方のだんじり祭りに対する熱の入れようが

わかるような気がしますね。

 

 

また、美容院で編み込みをするのではなく、

親に編み込みをしてもらう少女も多いようです。

 

 

岸和田だんじり祭りの見どころといえば、

S字のカーブの曳き回しや、

曲がり角を全速力で曲がるやりまわしなど

いろいろありますよね。

 

それに加えて少女たちの編み込みも

見どころの一つになるのではないでしょうか?

 

スズメバチに刺されたら 症状は?~死に至るケースも!?

スズメバチに刺されたら 症状について

a1380_000618

スズメバチに刺されたら、どのような症状が出るのでしょうか?

 

 

まず、刺されたところに激痛が走ります。

そして、刺されたところが赤く大きく腫れます

 

スズメバチに刺されたら、

すぐに応急措置をして病院に行くべきです。

 

スズメバチに刺された時の応急措置は、

水道水などで刺されたところを洗い流し、

虫刺されの薬を塗りましょう。

 

スズメバチの毒は、水に溶けます。

 

ですから、水道水などで洗い流せば

ある程度は毒を取り除くことができます。

そして、洗い流しているときに手でつまんで

毒を絞り出すようにするといいでしょう。

 

あと、水道水などで洗い流すと、

刺されたところを冷やすことができるので

応急措置としては有効です。

 

刺されたところを口で吸って、

その後に入念にうがいをするのも

応急措置としては有効と言われています。

しかし、口がしびれることがありますので、

念のため、やらないほうがいいのではないかと思います。

 

応急措置をしたら、すぐに病院に行きましょう。

内科、外科、皮膚科などあらゆる科で対応可能なはずですので、

最寄りの病院に行きましょう。

 

出来れば電話で問い合わせをしたほうがいいですね。

 

 

スズメバチに刺されたら、

ショック症状(呼吸困難、意識がもうろうとする、血圧低下)が

出る場合があります。

 

その時は、すぐに救急車を呼びましょう。

 

そのままにしておくと死亡する可能性が高いです。

 

 

ショック症状が出ていないからといって、

応急措置をして病院に行かないと、

次第に重い症状が出てきます。

 

病院に行かないと、

じんましん、体のだるさ、息苦しさを

などの症状が出ることがあります。

 

また、腹痛、下痢、頭痛、めまい、しびれなどの

症状が出ることもあります。

 

ですから、スズメバチに刺されたら、

症状が軽くてもすぐに病院に行きましょう

 

 

スズメバチに刺された時の症状で一番怖いのが、

アナフィラキシーショックです。

 

スズメバチに刺されて死亡するのは、

ほとんどアナフィラキシーショックによるものです。

 

アナフィラキシーとは、呼吸困難や血圧低下など

全身的なアレルギー反応のことです。

 

そして、生死にかかわるほどの非常に重い症状を

アナフィラキシーショックといいます。

 

アナフィラキシーショックは、頭部や頸部(くび)に

刺された時に多く発症しています。

 

そして、刺されて10数分以内に症状が現れます。

 

このアナフィラキシーショックは、

過去にスズメバチに刺されたことのある人ほど、

症状が出やすくなります。

 

「スズメバチに2回刺されると死ぬ」という都市伝説がありますが、

2回刺されたら死亡した、という例もあれば、

4回~5回刺されたら死亡した、という例もあります。

 

ですから、過去にスズメバチに

刺されたことのある方は要注意です。

 

 

スズメバチに刺されたら、重い症状が出ることも多く、

最悪死亡してしまう事もあるので、

とっても恐ろしいですね。

 

ですから、スズメバチに刺されないように

対策を取っておくことは非常に大切になります。

目黒のさんま祭りの行列~どれだけすごいの?

目黒のさんま祭り 行列 について

上の動画は、2010年の目黒のさんま祭りの様子です。

 

見ていただければわかると思いますが、

所々で大行列になっているのが見えますよね。

 

目黒のさんま祭りは、

さんまの炭火焼が無料で配布されるという事で、

毎年大行列ができるんです。

 

2012年の場合で説明します。

 

目黒のさんま祭りは朝の10時からですが、

明け方の5時ごろにはすでに列ができていたそうです。

 

そして、朝の8時には約1,000人の行列ができていた、

という事なんです。

 

そして、開催時間の10時には、

行列の長さが1km近くになっていた、

という事です。

 

もう、10時過ぎには

「3~4時間待ちです。

並んでもさんまを食べられるかどうかわかりません。」

というアナウンスが流れたそうです。


大きな地図で見る

上の地図のⒹの地点がさんまの配布場所ですが、

Ⓐの地点付近から行列ができていたようです。

 

実際に10時に並び始めた人は、

3時間以上並んでやっとさんまを食べることができたという事ですよ。

 

おそらく、8時の時点で1,000人の行列ができていたという事は、

8時に並び始めても10時から配布ですから、

さんまを食べるまで3時間近くかかったと思います。

 

まあ、時間が遅くなると食べることができるかどうか

わからないですから、

早めに行って並んだほうが良いと思いますけどね。

 

目黒のさんま祭りは、

テレビのニュースで取り上げられていることもあって、

毎年来場者数が増えているそうです。

 

また、2012年はさんまの値段が高騰したこともあって、

来場者数が例年に比べてかなり増えた、

ということです。

 

2013年はさらにさんまの値段が高騰しましたから、

さらに来場者が多くなるのではないかと思います。

 

10時から並び始めても、

3時間ではさんまを食べることができないかもしれませんよね。

 

そして、2012年は10時から並び始めても

さんまを食べることができたそうですが、

2013年は食べることができない可能性もありますよね。

 

ですから、早めに並んだほうが良さそうですね。

 

また、目黒のさんま祭りが開催される時期は、

まだまだ残暑が厳しいです。

 

ですから、目黒のさんま祭りで行列に並ぶ方は、

なるべく薄手の服装をしたほうがいいでしょう。

また、水を携帯して行列に並んでいるときは

水分補給をこまめにして

熱中症対策をしたほうがいいでしょう。

防止や日傘などを持って行ったほうがいいですね。

 

あと、さんまだけを食べるのも寂しいので、

ご飯を持って行ったほうが良い、なんていう声もあります。

フェーン現象が起こる場所

フェーン現象 場所について

job_senesi

日本でフェーン現象が起こっている場所は、

全国各地の平野や盆地などです。

 

2006年まで日本の最高気温は

1933年7月25日に山形県山形市で観測した40.8℃でしたが、

この時にフェーン現象が起こっていたようですね。

 

山形市は盆地ですが、盆地でフェーン現象が起こると

平野よりも気温が高くなる傾向にあります。

 

夏は盆地は暖かい空気が淀んだままになりますので、

高温になりやすいです。

そんな場所にフェーン現象が起こると、

さらに気温が上がるので、平野よりも気温が高くなりがちなのです。

 

 

さて、日本でフェーン現象が起こる場所は、

季節によって違いに傾向があります。

 

夏は日本海側でフェーン現象が起こる傾向があり、

冬は太平洋側で起こる傾向にあります。

 

夏は南から風が吹きますよね。

 

つまり太平洋側から風が吹くわけですから、

その風が山を越えて日本海側に来た時に

フェーン現象が起こります。

 

逆に冬は北から風が吹きますよね。

 

つまり、日本海側から風が吹くわけですから、

その風が山を越えて太平洋側に来た時に、

フェーン現象が起こります。

 

それで、夏に日本海側のある場所だけ異常に気温が高くなったり、

冬に太平洋側のある場所だけ異常に気温が高くなる、

という現象が起こるわけですね。

 

その典型例は、2009年2月14日にフェーン現象によって

静岡県静岡市で26.2℃、神奈川県小田原市で26.1℃を

記録した事です。

 

真冬にもかかわらず、25℃を超える場所あったんです。

 

 

さて、このフェーン現象によって

異常なほどの高温をもたらした例はまだあります。

 

その場所は北海道です。

 

2010年6月26日、フェーン現象によって、

北海道北見市で37.0℃を記録するなど、

各地で猛暑日を記録しました。

 

北海道では8月でも35度を超える猛暑日は非常に稀ですが、

フェーン現象によってそんな稀な現象が起こってしまうわけですね。

 

 

以前は、異常に高い気温を記録した場所には

フェーン現象が起こっている場合が多かったですね。

 

しかし、最近はフェーン現象が起こらなくても

異常に高い気温を記録しています。

 

高知県四万十市で2013年8月12日に41.0℃を記録し、

日本で最高気温を出した場所として知られるようになりましたが、

この時にはフェーン現象が起こっていません。

 

また、その前は埼玉県熊谷市や岐阜県多治見市が

高い気温を記録していましたが、

この時もフェーン現象は起こっていません。

 

最近、日本の気象状況は以前とは大幅に変わっている、

という声を耳にしますが、

このことも変化の一つといえるかもしれませんね。