急性心筋梗塞の原因 スポーツ選手特有の原因はあるのか?

 

急性心筋梗塞(きゅうせいしんきんこうそく)で

亡くなったスポーツ選手といえば、

多くの方がサッカーの元日本代表DF、松田直樹選手を

思い浮かべるのではないでしょうか?

 

松田選手が急性心筋梗塞になった原因ははっきりしていませんが、

なぜ若いスポーツ選手が急性心筋梗塞で急死したのか

疑問を持つ方も少なくないと思います。

 

急性心筋梗塞は中高年の方の病気というイメージを

持っている方が多いと思いますが、

そんな中、34歳の若さで急性心筋梗塞で急死したことに、

驚いた方も多いと思います。

 

急性心筋梗塞で亡くなったプロのスポーツ選手は、

おそらく松田選手だけだと思います。

しかし、若いスポーツ選手(アマチュア)の方で

急性心筋梗塞になった方は過去に何人かはいます。

 

 

通常、急性心筋梗塞の原因は、動脈硬化であることが多いです。

動脈硬化は、食生活の乱れや運動不足、喫煙、飲酒、ストレスなどが

原因でなります。

 

 

では、スポーツ選手が急性心筋梗塞になる原因は、

一般の方と同じように動脈硬化と考えていいのでしょうか?

それともスポーツ選手特有の原因があるのでしょうか?

 

 

おそらく、スポーツ選手特有の急性心筋梗塞の原因は、

ないと思われます。

 

松田直樹選手をはじめ、若いスポーツ選手が急性心筋梗塞になったのは、

動脈硬化が原因だと言われています。

 

動脈硬化もスポーツ選手特有の原因はおそらくないでしょう。

 

 

では、急性心筋梗塞になった若いスポーツ選手は、

極端に食生活や生活習慣が乱れていたのでしょうか?

 

おそらくそれはないと思います。

 

しかし、若い方で健康に気を使っていても

急性心筋梗塞になることはあり得るのです。

 

若い方で急性心筋梗塞になる原因は、

一つは幼少期に川崎病になった、ということがあります。

 

川崎病とは血管に炎症が起こる病気です。

 

幼いころに川崎病など血管の病気をした方は、

動脈硬化を予防する力を失っている可能性があります。

 

 

若い方が急性心筋梗塞になるもう一つの原因は、

冠動脈の痙攣(スパスム)です。

冠動脈とは、

心臓の周りにあり心臓に酸素や栄養を送り込んでいる血管です。

冠動脈が痙攣すると、

心臓に酸素や栄養を送ることが出来なくなりますので、

心臓が停止します。

 

 

あと、冠動脈の構造的な疾患

若い方が急性心筋梗塞になることもあります。

 

 

若いスポーツ選手が急性心筋梗塞になるのは珍しい、

と言われています。

 

スポーツ選手は健康に気を使っている方が多いと思いますが、

普段の食生活に気を付けていれば

なりにくい病気です。

 

 

しかし、普段から健康に気を使っていても、

急性心筋梗塞になることはあるのです。

 

 

時々冠動脈の検査をしてもらう事で、

急性心筋梗塞を事前に防ぐことはできるでしょう。

 

天の川が見える方角は?

 

7月7日は七夕ですね。

 

そこで、天の川が見えるのかどうか、見えるとしたらどの方角なのか、

という事が気になりませんか?

 

 

天の川を見つけるには、

まず織姫様と彦星様を見つける必要があります。

 

7月7日の21時ごろ、織姫様と彦星様が真東に見えます。

 

この時間に真東を見ると、明るい星が3つあります。

 

一番高いところにある一番明るく見える星が

「こと座」のベガ織姫様です。

 

そして、織姫様から一番遠いところにあるのが

「わし座」のアルタイル彦星様です。

 

時間が変わると方向が変わるのでわかりづらくなりますが、

一番明るい星が織姫様、次に明るいのが彦星様になります。

 

 

そして、織姫様と彦星様の間を天の川が流れています

 

 

織姫様と彦星様は肉眼でも見つけやすいと思います。

 

しかし、天の川は肉眼では見えにくいと思います。

 

特に都心部は街の明かりで空が明るく見えます。

ですから天の川が非常に見えにくいと思います。

 

天の川は双眼鏡や望遠鏡で見ることをおススメします。

 

 

天の川、 織姫様、彦星様が見える方角は毎年同じです。

 

7月7日21時に真東の方角を向けば見ることが出来ます。

 

 

ただし、晴れていればです。

 

 

7月7日は梅雨空の可能性が高いです。

 

過去、7月7日の七夕が晴れだったのは、

東京や大阪は10年に1回か2回しかありません。

 

しかし、この時期沖縄は梅雨が明けていることが多いですね。

そして、札幌には梅雨がありません。

それで、2年に1回は晴れて、七夕の星空を楽しむことが出来ます。

 

ちなみに、福岡と仙台は3年に1回晴れています。

 

 

ですから、七夕にどうしても天の川を見たいという事であれば、

沖縄か北海道に行くといいのではないか、と思います。

 

ただし、2年に1回は見ることが出来ないので、

天気予報を確認してからにしたほうがいいと思います。

 

 

ちなみに天の川と織姫様、彦星様は、

7月7日以外にも見ることが出来ます。

 

7月~8月にかけては大体同じ方角、真東に

見ることが出来ます。

 

ですから、天の川を見る時期を問わないのであれば、

梅雨明けに見るのもいいでしょう。

 

 

でも、7月7日は年に1度の織姫様と彦星様が

会う事の出来る日です。

 

せっかくですから、織姫様と彦星様が会う日に

天の川を見たいものですよね。

 

 

七夕が晴れるのを祈るしかないでしょうけどね。

子宮筋腫の手術後はやせる?

子宮筋腫の手術をしたら痩せるのでしょうか?

 

病気で手術をした場合、やせることが多いですよね。

ですから同様に子宮筋腫の手術後もやせるのではないか?と考えてしまうのかもしれません。

 

まずは、子宮筋腫の手術で卵巣を摘出しなかった場合です。

 

子宮筋腫の手術後にやせる、ということはあり得ます。

それは、子宮筋腫を摘出した分の体重が減るからです。

 

しかし、それ以外で子宮筋腫の手術の影響で痩せる、という事は、ちょっと考えづらいです。

 

逆に子宮筋腫の手術後に太るという事も考えられないです。

子宮筋腫の手術の時に炭酸ガスでおなかを膨らますと、術後数日はガスがおなかに残るのでおなかが張った状態が続くこともあります。

しかし、子宮筋腫の手術の影響で太ることはないでしょう。

もし太ったとしたら、それは術後に安静にしていたからだと思います。

 

手術後に体重が減るのは、胃や腸などの消化器系の手術の時がほとんどです。

例えば、同じがんでも、胃がんの術後は痩せるけど、肺がんの術後は痩せない、という事があります。

 

子宮筋腫は消化器系の病気ではありませんので、体重に影響をおよぼすことはほとんどないと考えていいでしょう。

 

子宮筋腫の手術で子宮全摘出すると、ホルモンバランスが崩れて体重に影響があるのではないか、という事を耳にします。

しかし、子宮全摘出してもホルモンバランスにほとんど影響はないでしょう。

卵巣を摘出しなければホルモンバランスへの影響はほとんどない、と考えていいでしょう。

 

次に、子宮筋腫の手術で卵巣を摘出した場合ですが、卵巣を摘出したら女性ホルモンを作り出す能力が弱くなります。

それで、体重に影響をおよぼす可能性があります。

しかし、多くの場合はおなかに脂肪が付きやすくなるので、体型が変わることがあっても体重に大きな影響は及ぼさないだろう、と言われています。

卵巣を摘出した分は体重が減りますが、それ以上は体重に変化はないだろう、という事です。

 

子宮筋腫の手術後にやせた、という事は少なくありません。

それは、生活習慣を改善されている方がほとんどです。

子宮筋腫は摘出しても子宮全摘出しない限り再発の可能性があります。

ですから、健康に気を使う方が多いです。

健康に気を使えば自然と標準体重くらいになりますよね。

 

また、子宮全摘出したり卵巣を摘出した方も、手術をきっかけに健康に気を使う方が多いです。

それで標準体重くらいになる方は多いと思います。

 

もし、子宮筋腫の手術後に原因不明でやせた場合、他の病気の可能性がゼロではありません。

ですから、心配であれば医師に相談することをおススメします。

骨髄移植 合併症

白血病などの血液難病ですと、骨髄移植をすることも考えないといけなくなると思います。

しかし、骨髄移植は合併症や後遺症などのリスクが非常に高くなります。

ここでは骨髄移植の合併症について触れたいと思います。

 

骨髄移植の合併症は主に2つ、GVHDとウイルス感染です。

 

骨髄移植の合併症:GVHD(移植片対宿主病)

GVHD(移植片対宿主病)は、移植された骨髄が患者さんを異物として認識してしまい、攻撃をするという反応です。

移植ですから、骨髄が今までとは違う体に移されてしまいますよね。

それで、移植された体(患者さんの体)を異物と認識してしまうわけですね。

移植後30日以内に発症する急性GVHDと移植後3ヶ月後以降に発症する慢性GVHDの2種類あります。

主な症状は、皮膚の発疹、下痢、肝機能障害です。

長引くことが多く、日常生活に支障をきたすことが多いです。

このGVHDを予防するために免疫抑制剤を使用します。

 

骨髄移植の合併症:ウイルス感染

ウイルス感染は、移植してから半年間になることが多いです。

骨髄移植の合併症によるウイルス感染には実に様々な種類があります。

様々なウイルス感染がある中で特に注意が必要なのが肺炎です。

最悪の場合、命に係わることもありますので、肺炎の疑いがある場合にはすぐに医師に診てもらう必要があります。

肺炎の初期症状は、発熱、たんを伴うせき、息切れ、吐き気、嘔吐、疲労感、筋肉痛、発疹など様々です。

 

骨髄移植の合併症:その他

骨髄移植の合併症は、GVHDやウイルス感染以外にも細かいものを上げれば実に様々です。

肝中心静脈閉塞症(肝臓の中心の静脈の異常)や血管障害など様々な合併症がおこりえます。

 

 

移植後100日以降、骨髄移植の合併症にかかりにくくなりますので、そこが退院のめどになることが多いですね。

それで、何の支障なく日常生活を送れる方もいます。

しかし、特に慢性GVHDを引き起こしてしまった場合は、移植後1年が経過しても慢性的な下痢や嘔吐、呼吸困難などの症状が出る場合があります。

 

骨髄移植は合併症のほかに後遺症もあり、移植後、日常生活に支障が出るほどの症状で悩まされ続ける可能性があります。

また、骨髄移植の後遺症として不妊症になる可能性が非常に高いです。

ですから、骨髄移植を行う場合は、これらのことをきちんと把握したうえ、再発の可能性も低くないという事もあらかじめ知っておいた上で医師からの説明を受ける必要がありますね。

 

急性大動脈解離 検査

 

急性大動脈解離(きゅうせいだいどうみゃくかいり)になると、胸や背中にバットで殴られたような激痛が起こります。

人によっては「ナイフで刺されたような激痛」とか「引き裂かれるような痛み」と表現します。

急性大動脈解離は放置しておくと死に至る可能性が高いので、疑いがある場合は大至急循環器系の病院で検査をしてもらう必要があるでしょう。

 

急性大動脈解離になると、発症して24時間で20%、3ヶ月で90%が死亡するとされています。

治療が遅くなれば遅くなるほど死亡する確率が高くなりますので、大至急治療をする必要があります。

急性大動脈解離の症状が短時間で収まってしまう事もあります。

それで「治った」と思い込み放置しておくと、その後すぐに死亡してしまう事があります。

3か月放置しておくと、かなり高い確率で死亡します。

ですから、胸や背中に激痛が走ったら、すぐに循環器系の病院に行き検査をしてもらいましょう。

 

そもそも、急性大動脈解離とはどういった病気なのでしょうか?そして、予防することはできないのでしょうか?

 

急性大動脈解離とは、血管の内側の膜と外側の膜の間に血液が流れ込み、1本の血液で2つの血流ができる状態のことです。

血管の内側に裂け目ができると、そこから血液が外側の膜と内側の幕の間に流れ込んでしまいます。

それで、血液の流れが2つできる(分離される)わけですね。

大動脈解離が発生して2週間以内のものを急性といいます。

 

では、急性大動脈解離を予防することはできないのでしょうか?

 

急性大動脈解離は、高血圧、高脂血症の方に発症しやすいとされています。

ですから、普段から食生活などに気を付けるなど、血圧の上昇を抑えたりコレステロールが増えないように心がける必要がありますね。

また、急性大動脈解離は冬場に発症することが多く、特に前日よりも気温が急激に下がった時に発症しやすいという事がわかっています。

ですから、気温が前日よりも低くなった日は要注意です。

 

とはいえ、完全に予防することは難しいです。

 

大動脈解離は遺伝的要因がある、とされています。

ですから、ご家族で大動脈解離(慢性・急性の両方)を引き起こした方がおられたり、あるいは高血圧や高脂血症の方は、一度超音波検査(エコー)をしてもらったほうがいいのかもしれませんね。

一度循環器系の病院で相談してみてはいかがでしょうか?

そして、健康診断を定期的に受けて血管に異常がないのか調べておくようにするといいでしょう。

路線価と実勢価格の関係

土地の値段にはいろいろな種類がありますよね。

ここでは「路線価」と「実勢価格」の関係について触れたいと思います。

 

それにはまず、「路線価」というものがどういうものであるかを知る必要があります。

 

「路線価」には「相続税路線価」と「固定資産税路線価」の2種類あり、通常「路線価」といえば「相続税路線価」を指します。

「相続税路線価」は、相続税や贈与税の基準になる土地の評価額になります。

この評価額は公示地価の8割が目安になります。

毎年国税庁が8月に発表します。

 

では、「公示価格」とはどういったものでしょうか?

「公示価格」とは、全国の土地の価格の基準となる値のことです。

毎年1月1日時点での土地の価格を鑑定して算出し、国土交通省が毎年3月下旬から4月初旬に発表しています。

 

つまり、非常に簡単にまとめると、国土交通省が発表する土地取引の基準になる「公示価格」の8割を目安に「路線価」を国税庁が決めている、という事になるわけですね。

 

では「実勢価格」、実際に土地が売買されるときの価格はどうなるのかといいますと、平均的には路線価の130%前後になるようです。

つまり、「公示価格」よりも若干高めになる、と思っていいでしょう。

ただし、これはあくまで平均的な場合です。

実勢価格はケースバイケースです。

例えば、土地の持ち主がその土地を手放す気になれないのに、どうしてもそこの土地を手に入れたいという人がいる場合は、値段が上がることが多いですね。

逆に、土地を売る人が早く現金を手にしたい、という時には大きく値段が下がることが多いです。

なかなか売れなくて値下げしていくこともありますので、路線価や公示価格から考えて提示されている価格があまりにも低い場合は、わけありかもしれないと疑ったほうがいいのかもしれませんね。

 

では、ここまでの話だと、土地の実勢価格は売る人と買う人が決めればいいことですから、いくらでもいいのでは、と考えてしまいますよね。

実は、土地の値段は路線価とあまりにもかけ離れた値段で売買をしてしまうと、あとあと面倒なことになることがあります。

 

例えば、30坪の土地(仮に路線価を3000万円だとします)を1万円で子供に売った場合、ただであげたわけではありませんので贈与にはならないわけですね。

ですから、贈与税はかかりません。

また、土地を子供に売った後、すぐに死亡した場合も、相続税がかかりません。

これは、贈与税や相続税を逃れるために取引をした、と考えることができますよね。

 

逆に、路線価3000万円の土地を子供が親に100億円で売った場合、現金をあげたわけではありませんので、贈与税がかかりませんよね。

また、土地取引を終えた後に亡くなれば、現金に対して贈与税がかかりません。

でも、実質は100億円を子供にあげるために行われた取引と考えることができますよね。

そして、100億円に対しての贈与税や相続税を逃れるために取引をした、と考えることができますよね。

 

このように、事実上は土地を譲ったり、あるいは現金を譲ったりするとみなすことができる取引をした場合は、「みなし贈与」だと判断されて贈与税がかかります。

 

これは親族間だけではなく、第三者間の取引でも同じことがいえます。

 

基準は公示価格(路線価ではありません)の2分の1以下、あるいは1.5倍以上になると、「みなし贈与」(形式上は贈与ではなくても実質的には贈与である状態)と判断される可能性が高くなります。

ただし、土地取引はケースバイケースになります。

公示価格の2倍の取引をしても「みなし贈与」とされていない場合も少なくありません。

正確な判断は専門家に相談するしかない、という事になっていまいます。

公示価格とあまりにもかけ離れた土地取引をする場合には注意が必要ですね。

社会