天の川が見える方角は?

 

7月7日は七夕ですね。

 

そこで、天の川が見えるのかどうか、見えるとしたらどの方角なのか、

という事が気になりませんか?

 

 

天の川を見つけるには、

まず織姫様と彦星様を見つける必要があります。

 

7月7日の21時ごろ、織姫様と彦星様が真東に見えます。

 

この時間に真東を見ると、明るい星が3つあります。

 

一番高いところにある一番明るく見える星が

「こと座」のベガ織姫様です。

 

そして、織姫様から一番遠いところにあるのが

「わし座」のアルタイル彦星様です。

 

時間が変わると方向が変わるのでわかりづらくなりますが、

一番明るい星が織姫様、次に明るいのが彦星様になります。

 

 

そして、織姫様と彦星様の間を天の川が流れています

 

 

織姫様と彦星様は肉眼でも見つけやすいと思います。

 

しかし、天の川は肉眼では見えにくいと思います。

 

特に都心部は街の明かりで空が明るく見えます。

ですから天の川が非常に見えにくいと思います。

 

天の川は双眼鏡や望遠鏡で見ることをおススメします。

 

 

天の川、 織姫様、彦星様が見える方角は毎年同じです。

 

7月7日21時に真東の方角を向けば見ることが出来ます。

 

 

ただし、晴れていればです。

 

 

7月7日は梅雨空の可能性が高いです。

 

過去、7月7日の七夕が晴れだったのは、

東京や大阪は10年に1回か2回しかありません。

 

しかし、この時期沖縄は梅雨が明けていることが多いですね。

そして、札幌には梅雨がありません。

それで、2年に1回は晴れて、七夕の星空を楽しむことが出来ます。

 

ちなみに、福岡と仙台は3年に1回晴れています。

 

 

ですから、七夕にどうしても天の川を見たいという事であれば、

沖縄か北海道に行くといいのではないか、と思います。

 

ただし、2年に1回は見ることが出来ないので、

天気予報を確認してからにしたほうがいいと思います。

 

 

ちなみに天の川と織姫様、彦星様は、

7月7日以外にも見ることが出来ます。

 

7月~8月にかけては大体同じ方角、真東に

見ることが出来ます。

 

ですから、天の川を見る時期を問わないのであれば、

梅雨明けに見るのもいいでしょう。

 

 

でも、7月7日は年に1度の織姫様と彦星様が

会う事の出来る日です。

 

せっかくですから、織姫様と彦星様が会う日に

天の川を見たいものですよね。

 

 

七夕が晴れるのを祈るしかないでしょうけどね。