お盆っていつ?

お盆 いつ について

a0006_002388

お盆休みは8月15日前後になることが多いと思います。

 

しかし、お盆はいつからいつまでなのかは

地域によって違いがあります。

東京などの都心部の一部は7月13日から16日の4日間

その他の地域は8月13日から16日の4日間

一般的です。

 

しかし、地域によって、

初めと終わりが若干のずれはありますが、

ほとんど15日が含まれます。

 

 

お盆とは、先祖や亡くなった人達の霊を祀る(まつる)行事です。

 

この時期に家の門口やお墓に提灯を立てるなど、

霊を迎えて供養します。

 

 

ではなぜお盆の時期が地域によって違いがあるのでしょうか?

 

これにはいろいろな説があります。

 

一般的に言われていることは、

7月15日前後には都心に人がいて地方には人がおらず、

8月15日前後は普段都心にいる人達が

帰省して地方に人が集まるから、

ということですね。

 

それ以外にも7月15日は農家が忙しいため、

地方は1ヶ月ずらした、という説もあります。

 

 

さて、お盆の日程ですが、

13日(お盆初日)がお盆の入りです。

午前中にお墓参りに行って夕方に迎え火をたきます。

 

14日~15日が盆中日です。

この時期に僧侶を迎えて読経していただきます。

 

16日(お盆最終日)はお盆の明けです。

夕方に送り火をたきます。

 

お盆に行われることは、地域によって大きな違いがあります。

 

 

さて、お盆は本来は仏教の行事でした。

 

しかし、最近は盆踊りを楽しんだり、

仏教とは関係のない行事も多くなってきていると思います。

 

また、お盆に帰省して久しぶりにふるさとの家族や友達などと

楽しい時間を過ごす、という方も多いと思います。

 

また、旅行に出かける方も多いですよね。

 

仕事をしている方であれば、

大型連休は年に3回くらいしかないと思います。

ですから、旅行が好きな方にとっては

この時期は逃したくないですよね。

 

しかし、お盆休みの時期は、

各高速道路で渋滞が発生しますし、

観光地は人でいっぱいです。

 

また、この時期に海に行く方も

多いのではないかと思います。

 

思いっきり楽しむのはいいことだと思いますが、

事故に合わないように気を付けたいものですね。

 

 

 

敬老の日に手作りのプレゼントを!~送って喜ばれるものとは?

敬老の日 手作り プレゼントについて

illust413

「敬老の日に、おじいさんやおばあさんに何を贈ると喜ばれるのかなぁ?」

なんて、敬老の日が近づくと毎年悩んでいませんか?

 

そんなあなたに、敬老の日に送ったら喜ばれるプレゼントで

お薦めなものを紹介します。

 

敬老の日に贈るプレゼントは、どこかで買ってくるよりも

手作りのほうが喜んでもらえるのは間違いないでしょう。

 

何かを買ってきてプレゼントしても、

お孫さんからのプレゼントという感じがしませんからね。

 

そこで、手軽に作れて喜んでいただける、

手作りプレゼントを紹介します。

 

 

それはフォトブックです。

 

孫と撮った写真がたくさん入っているアルバムを、

もらって喜ばないおじいさん、おばあさんは

めったにいないと思います。

 

写真選びはちょっと大変ですが、

後はフォトブックのデザインやレイアウトを決めて注文するだけなので、

比較的簡単にできると思います。

 

楽天写真館などのネットのフォトブックサービスを使えば、

手軽にオリジナルのフォトブックを作ることができると思います。

 

 

ネットが苦手でデジタルカメラの写真をパソコンに取り込むことができない、

という方は、街の写真屋さんでも作ってくれるところが多いです。

 

お店で聞いてみるといいでしょう。

 

 

敬老の日におじいさん、おばあさんにフォトブックをプレゼントし、

その場で見てもらえば、話が盛り上がることでしょう。

 

写真にコメントを添えることができるサービスが多いので、

「おじいさんが買ってくれたランドセル」という感じの

メッセージを添えておくと、より喜んでもらえると思いますし、

話もより盛り上がると思います。

 

おじいさん、おばあさんにとっても

きっと楽しい敬老の日を過ごしてもらえる事でしょう。

 

おじいさんやおばあさんが遠方にお住まいで、

敬老の日に会いに行くことができない、という場合でも、

フォトブックなら宅配便等で送ることができます。

 

食べ物のように日持ちを気にする必要がありませんので

敬老の日に着くように日付指定をしておけば

早めに出しても大丈夫ですね。

 

 

もし、去年の敬老の日にフォトブックを送ったとか、

フォトブックにするような写真を用意するのが難しいなど、

フォトブックをプレゼントできない、という場合は、

絵を描いてフォトフレームに入れてプレゼントするのもいいでしょう。

 

お子さんから絵をプレゼントされて喜ばない親御さんはいないように、

お孫さんから絵をプレゼントされて喜ばないおじいさん、おばあさんは

いないでしょう。

 

ちなみに私が小学生の時のことですが、

おじいさん、おばあさんの絵を描いて敬老の日にプレゼントしたら、

喜んでくれたみたいで、

その後何十年もその絵が壁に飾ってありましたね。

 

私はその絵を見るたびにちょっと恥ずかしい思いをしましたけどね。

 

それくらい喜んでもらえると思います。

 

フォトフレームは近所の文具店などでも売っていますし、

ネットで検索すればたくさん出てきますよ。

 

ぜひ参考にしていただければ、と思います。