鏡開きで樽酒を割る意味とは?

 

鏡開きで、樽酒の丸いふたを割ってお酒をふるまいますよね。

その由来と意味を紹介します。

 

kagamibiraki_kagaminuki

鏡開きで樽酒のふたを割る由来は?

 

鏡開きで樽酒のふたを割るようになった由来は、諸説あります。

ここでは、よく言われている由来を2つ紹介します。

 

1つ目は、お酒はお米から作られますが、お米から作られたものは神聖な意味を持つ事から、神聖な行事で樽を割ってお酒をふるまうようになった、という説です。

それで、ふたを「割る」と言ってしまうと縁起が悪いので、「開く」という言葉が使われるようになった、ということですよ。

それで、お正月は年神さまをお迎えする行事ですが、年神さまのいる期間が終わる11日に願い事を祈願する意味で、樽酒を割るようになった、ということです。

 

2つ目は、武士が戦の出陣の際に、兵を鼓舞するために振る舞われたのが由来だという説です。

そこから、年初めや結婚式などの門出で樽酒を割って祝う習慣ができた、という事です。

1月11日に樽酒を割る(=鏡開きをする)のは、1年の始まりを祝う、ということになりますね。

 

鏡開きで樽酒を割る意味とは?

 

樽酒を割る由来は諸説あるものの、何らかを祝うために樽酒のふたを割って飲む、という事は共通しています。

そこから、結婚式や祝勝会、パーティーなどあらゆるお祝いの場で樽酒のふたが割られて、振る舞われるようになったわけですね。

 

つまり、鏡開きで樽酒のふたを割るのは、1年の門出を祝う、という意味があります

 

ちなみに、鏡開きで鏡餅を食べるのはほぼ同じ意味があります。

丸いものを割って口にする、という事は、樽酒と同じですね。

そこから、鏡餅を食べることは、1年の門出を祝う、という意味になったようです。

 

お餅が先なのか、樽酒が先なのか、諸説ありますが、はっきりとはわかっていません。

水無月という和菓子の意味~室町時代から食べられた和菓子の意味は?

水無月 和菓子 意味 について

 

和菓子の水無月は下のイラストのようなお菓子です。

041419

 

ういろうに小豆をのせ、三角形にカットされた和菓子です。

 

京都では6月30日に「夏越祓(なつごしのはらえ)」という行事が行われます。

 

ちょうど1年の折り返しにあたるこの日に、

今までの半年間(1月~6月)の罪やけがれをお祓いし、

残りの半年間(7月~12月)を病気をせず健康に過ごせるよう祈願します。

 

夏の暑い日々を迎える前に、

罪やけがれをはらっておくという意味もあるようです。

 

この「夏越祓」に食べるのが「水無月」です。

 

この和菓子の小豆、ういろう、三角形の形にはそれぞれ意味があります。

 

小豆は悪魔祓い(あくまばらい)の意味があります。

 

ういろうは氷をあらわしています。

 

室町時代には夏が来る前に氷を口にすると夏痩せしない、

と信じられていました。

 

しかし、冷凍庫がない時代のことです。

氷が非常に貴重なものだというのは想像できますよね。

それで、氷の代わりにういろうが用いられたのです。

 

ちなみに6月30日に水無月を食べる習慣は、

室町時代の「氷の節句(旧暦6月1日)」に

氷を口にして邪気を払っていたことが由来と言われています。

 

また、三角形は氷の形をあらわしています。

 

ですから、1月~6月の罪やけがれをおはらいする小豆と、

7月以降、夏痩せせずに無病で健康を祈る氷が一緒になった

水無月を食べる習慣ができたんですね。

 

 

水無月は、元々は京都の和菓子でしたが、

最近では関東でも見かけるようになりましたね。

 

今までの半年間の邪気払いと今後半年間の無病息災を祈願して

一度、6月30日に水無月を食べてみてはいかがでしょうか?

立春大吉の意味は?

立春大吉 意味 について

2011_02_11_2

立春大吉は、

立春の日(2月4日ころ、年によって違う)に禅寺の門前に張り出される文字、

またはそのお札(おふだ)のことですね。

 

 

では、立春大吉という言葉にはどのような意味があるのでしょうか?

 

 

立春は、冬が終わり春が始まる節目の日のことです。

 

昔は立春は1年の始まりと考えられていました。

 

昔から暦の上では正月が1年の始まりでした。

 

しかし、立春と正月は旧暦でも違う日でした。

 

ただ、現代人ではちょっとピンと来ないかもしれませんが、

暦の上での1年の始まりと生活上の1年の始まりは

別のものだと考えられていたんです。

 

ですから、立春の前日に当たる節分には

豆まきをして1年間の厄を払い、

立春の日には1年の始まりに

その年は厄が来ませんように、という願いを込めて、

厄除けのために「立春大吉」の札を張り出していたんです。

 

それが今までずっと続いているわけですね。

 

 

「立春大吉」という言葉に、

今年1年大吉でありますように、

という意味が込められているのかもしれません。

 

しかし、「立春大吉」が厄除けになる理由は、

別のことが言われています。

 

「立春大吉」は、縦に書くと左右対称ですよね。

 

つまり、薄い紙に書くと、

表から見ても裏から見ても「立春大吉」と

読むことができますよね。

 

それで、表から見ても裏から見ても

同じことが書いてあるように見える札を入り口に貼ると、

鬼が入ってきて振り返ってお札を見たときに

「まだ家に入っていないんだ」と思って、

逆戻りして出ていく、ということです。

 

それで、厄除けになるということで、

「立春大吉」の札が張り出されるようになった、

という説があります。

 

 

ただ、現代ではお正月の「謹賀新年」という言葉と同じように、

「立春大吉」は、挨拶みたいな意味で考えられることが多いです。

 

しかし、新年の始まりを喜ぶという意味の「謹賀新年」と

厄除けの意味がある「立春大吉」とでは

元々の意味が全然違いますね。

節分でいわしを食べたり戸口に挿したりする意味は?

節分 いわし 意味 について

setsubun_iwashi

節分に焼いたいわしの頭を、ひいらぎの小枝に刺して

戸口に挿す習慣がありますよね。

 

これには魔除けの意味があります。

 

ひいらぎの葉にはとげがありますよね。

 

このとげが鬼の目を刺すので、

戸口から鬼が入ってこられなくなる、

と言われています。

 

また、いわしを焼いた時に出てくるにおいのある煙で、

鬼が近づいてこなくなる、とも言われています。

 

これは、平安時代に、

正月に門口に飾るしめ縄に、

ひいらぎの枝とぼらの頭を刺していたことが

由来だと言われています。

 

それが時代とともに形が変わっていき、

いつの間にか節分にひいらぎの小枝にいわしの頭を刺して

戸口に挿すようになった、ということです。

 

 

また、西日本を中心に、

節分でいわしを食べる習慣がありますよね。

この意味は、いわしの頭をひいらぎに刺して

戸口に挿すのと同じ意味で、

イワシを焼いたときの煙で鬼が近づいてこなくなる、

と言われています。

 

 

最近では、節分に健康に良いいわしを食べのは、

健康や無病を祝う意味がある、

なんて言われる事もあります。

 

しかし、これはいわしを売るための宣伝文句として

業者が考えたような気がしないでもないですね。

 

節分は豆まきをして歳の数だけ豆を食べ、

恵方巻を食べて、そしていわしを食べれば、

完璧な節分になりそうですね。

 

ちなみに、ひいらぎの小枝にいわしの頭を刺したものは、

節分の日に戸口に挿し、翌日には外すのが一般的です。

 

そして、半紙に包んで塩で清める方が多いと思います。

 

せっかく戸口に挿すのであれば、

挿したりはずしたりする時期や処分の方法など

きちんとしたほうが良さそうですよね。

どんど焼きでお札を燃やしていいの?

どんど焼き お札 について

dondoyaki-1

どんど焼きを行う地域は

古いお札(おふだ)をどんど焼きで燃やすことが多いですね。

 

しかし、東京は火災防止のために

江戸時代からどんど焼きが行われなくなりました。

 

また、地域、神社やお寺によっては

どんど焼きを行わないところがありますよね。

 

そういう場合は、お札は神社やお寺に

納めて処分してもらいますよね。

 

どんど焼きを行う地域でも

1年中お札を納めるのを受け付け、

どんど焼きの時に燃やしてくれるところが多いと思います。

 

しかし、どんど焼きで燃やすものは

地域や神社、お寺によって違いがあります。

 

ですから、ひょっとしたらお札をどんど焼きで

燃やさないところもあるのかもしれないですね。

 

どんど焼きでお札を燃やすことができるのか、

確認をしたほうがいいと思います。

 

神社やお寺によっては、

ホームページを設置してあって、

どんど焼きで燃やすもの、燃やさないものが

書いてある場合があります。

 

ですから、まずはお札を収める神社やお寺の

ホームページがあるのか、

また、どんど焼きを行うのか、

そして、燃やすものが書いてあるのか確認してみると

いいと思います。

 

ただ、場合によっては、

燃やすものと燃やさないところ両方に

「お札」と書いてあることもあります。

 

これは多分、

燃やすものは「おふだ」で、

燃やさないものは「おさつ」だと思います。

 

でも念のために電話で聞くなど確認したほうがいいですね。

 

 

古いお札を処分に困って

普通のごみと一緒にごみの日に出す人がいる、

という事を聞いたことがあります。

 

でも、それはやめたほうがいいでしょう。

 

お札は基本的には購入した神社やお寺に納めますが、

それが不可能な場合は購入したところでなくても問題ないです。

 

ただし、神社で購入したのであれば神社に納め、

お寺で購入したのであればお寺に納めるのが基本です。

 

もし、どうしてもお寺や神社に納めることができない場合は、

お札を新聞紙に包み、お塩で清めてから

ごみとして出してもいいそうです。

ただし、袋は普通のごみとは別にするべきとのことです。

 

お札をごみとして出すのは、

本当にやむを得ない時だけにしておいたほうがいいと思います。

鏡開きの由来~お餅を食べる理由とは?

鏡開き 由来 について

syougatsu_kagamimochi

鏡開きの由来は武家の風習だと言われています。

 

室町時代に武家では正月に鏡餅を供える習慣があったんです。

 

昔は円形の鏡には特別な霊力を

持っていると考えられていました。

 

それで、円形の餅が鏡の形に似ていることから、

「鏡餅」としてお正月にお供えするようになったんです。

 

男性は鎧(よろい)や兜(かぶと)などの具足に

「具足餅」をお供えし、

女性は鏡台に「鏡餅」をお供えしていました。

 

そして、お供えしたお餅を、

1月20日に割って食べていたのです。

 

お餅を割っていた理由は、

刃物でお餅を切るのは切腹をイメージさせられて、

縁起が悪いという事で、

手や木槌で割っていたんです。

 

では、お餅を割って食べるのに、

なぜ「鏡割り」と言わずに「鏡開き」というのでしょうか?

 

それは、「割る」や「切る」は縁起が悪いので、

「開き」という言葉が使われるようになったんです。

 

ただし、「鏡割り」という事もあります。

 

鏡開きは元々1月20日に行われていたのですが、

徳川家光が亡くなってからは1月11日に

行われるようになりました。

 

徳川家光がなくなったのが4月20日ですが、

20日は忌日になってしまったので、

1月11日に変わったと言われています。

 

 

ただし、鏡餅の由来はもう少し古く、

紀元前にさかのぼるという説があります。

 

お正月は元々神様を迎え入れる行事とされていました。

 

それで、神様の居場所が鏡餅だった、という事です。

 

ただし、この説は断定できるだけの証拠がないそうです。

 

 

もし、鏡餅の由来が紀元前で、

鏡開きの由来が室町時代の武家の風習だとしたら、

室町時代まで鏡餅は食べなかったのか?

という疑問が残りますね。

 

 

今では、正月の神様の居場所として鏡餅を飾り、

鏡開きをしてお餅を食べることで、

神様から力を授けてもらう、と考えられています。

 

無病息災を祈って鏡開きをしましょう。

 

ただし、お餅にカビが生えていたら、

お腹を壊すと思いますので注意が必要ですね。

厄払いの時期 早生まれの方はいつ?

厄払い 時期 早生まれ について

a0960_004759

早生まれ(1月1日~4月1日生まれ)の方の厄払いの時期は、

同学年の方よりも1年遅いです。

 

厄年(本厄)は数え年で、

男性は25歳、42歳、61歳

女性は19歳、33歳、37歳

です。

 

それで、数え年の数え方ですが、

生まれた日が1歳になります。

そして、正月を迎えると年を重ねていきます。

 

つまり、生まれて初めて迎える正月に2歳になり、

次の年の正月に3歳になります。

 

という事は、例えば昭和48年1月1日~4月1日生まれの方は、

昭和47年4月2日~12月31日生まれの方と

学年が同じになりますよね。

 

しかし、平成26年の正月で、

早生まれの方は数えで42歳、そうでない方は43歳になります。

 

ですから、早生まれの方は、

同学年の人よりも厄払いの時期が1年遅くなります。

 

 

厄払いを行う日は、

早生まれの方もそれ以外の方も違いはありません。

 

地域や神社などによって違いがありますが、

年始から節分までの間に厄払いを行うのが一般的です。

 

正月に厄払いを行ったり、節分に厄払いを行ったり

するところも多いと思いですね。

 

しかし、神社や地域によっては、

喪中は厄払いを避けるケースがあったり、

また四十九日が過ぎてから厄払いを行うところもあります。

 

では、節分を過ぎたら厄払いは遅いのかといえば

そういうことはなくて、

厄年の残りを無事に過ごすための祈願に遅すぎることはない、

とされています。

 

 

さて、厄年は由来がはっきりしておらず、

迷信とされていますが、

そのうえで厄払いが行われています。

 

ただ、本厄は体の衰退が顕著になる時期ですので、

病気が起こりやすい年齢ではある、と考えられていますが、

そういった統計はないそうです。

 

厄払いをするのかしないのか

人それぞれ考え方はあると思います。

 

ただ、厄払いのことが気になるのであればしておいたほうが

精神衛生的に良いのではないかと思います。

 

厄払いを行う事で何か良いことが起こる、と

確信を持つことができないので

積極的におススメしませんけどね。

勤労感謝の日の手作りプレゼント~送って喜ばれるものとは?

勤労感謝の日 手作りプレゼント について

2013111002

勤労感謝の日のプレゼントは、

マッサージチェアーなど日頃の仕事の疲れをいやしてくれるもの

あるいはネクタイや名刺入れなど仕事に関連したもの

などが人気ですよね。

 

でも、せっかくだから手作りプレゼントを贈りたいと思いませんか?

 

勤労感謝の日の手作りプレゼントで多いのが、

手編みのマフラーや手袋ですね。

 

勤労感謝の日である11月23日以降は、

本格的な冬になりますよね。

 

そんな時に手編みのマフラーや手袋などをもらうと、

かなりうれしいです。

 

手編みのマフラーや手袋を作れるのであれば、

かなりおススメです。

 

今まで作ったことがなくチャレンジしたいという事であれば、

本を購入して勉強し、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 

はじめてさんの手編みレッスン マフラーと帽子&こもの

新品価格
¥1,050から
(2013/11/10 17:44時点)

(amazonより)

 

手編みマフラーの編み方の動画もありますので、

参考にしてみてください。

 

 

 

「手編みのマフラーを作るのが苦手だ」

「勤労感謝の日まで手編みマフラーを作る時間がない」

という方には、手紙を送ってみてはいかがでしょうか?

 

ただ普通に便せんに手紙を書いて封筒に入れて渡すのではなく、

ペーパークラフトの手紙を作ってみるといいと思います。

 

勤労感謝の日のありがとうレターのペーパークラフトの作り方が

紹介されているサイトを見つけましたので、

こちらを参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

勤労感謝の日 ありがとうレターペーパークラフトの作り方

 

また、検索エンジンで検索窓に

「父の日カード ペーパークラフト 作り方」と入力して

検索すると、いくつか父の日のペーパークラフトの作り方が

紹介されているサイトを見つけることができます。

 

父の日のカードのメッセージをちょっと変えるだけで、

勤労感謝の日のレターに変身させることができますよ。

 

お母さんなど女性に贈るレターは、

「母の日カード ペーパークラフト 作り方」と入力して

検索すると、母の日カードの作り方が出てきますので、

ちょっとメッセージを変えると

女性向け勤労感謝の日カードができますね。

 

普段、感謝の気持ちをなかなか伝えることができないのであれば、

勤労感謝の日に「ありがとう」と書かれたレターを贈ると、

とっても喜んでもらえると思います。

 

作り方は決して難しくありませんので、

一度チャレンジをしてみてはいかがでしょうか?

東京ラーメンショーの来場者数は?

東京ラーメンショー 来場者数 について

2009年から東京の駒沢オリンピック公園で毎年行われている

東京ラーメンショーの来場者数は、

・2009年 約10万人(5月29日~31日 1日あたり約3.3万人)
・2010年 約32万人(11月3日~7日 1日あたり約6.4万人)
・2011年 約28万人(11月2日~6日 1日あたり約5.6万人)
・2012年 約50万人(10月26日~11月4日 1日あたり約約5万人)

です。

 

上の動画を見ると、あまり混んでなさそうな感じですが、

数を見ると、来場者数はものすごい多いですね。

 

2012年は10日間で50万人ですが、他のイベントと比較すると、

日本最大の来場者数の航空祭と言われる入間基地航空祭が約20万人

東京ゲームショー2012が約22万人

ロンドン五輪メダリストのパレードに駆け付けた人が約50万人

です。

 

国民的行事であるロンドン五輪のパレードを見に来た人と、

東京ラーメンショーの来場者数が同じですから、

これはすごい数だと思いませんか?

 

東京ラーメンショーの来場者数がこれだけ多いのは、

全国のご当地ラーメンが一堂に集まる、

ラーメンのイベントの中では日本最大級であること、

そして、ラーメンがいかに人気があるかの表れではないかと

思います。

 

人気のラーメン店はいつも行列が出来ていますが、

常に行列ができている店がいくつもあるのは

ラーメンくらいではないかと思います。

 

そして、全国のご当地グルメが一堂に集まるイベントは、

どれも来場者数が多いですよね。

 

2012年のB-1グランプリの来場者数は約61万人、

2012年のふるさと祭り東京の来場者数が約38万人

ですからね。

 

確かに全国のご当地グルメをいろいろ食べることができるのは

かなり魅力だと思います。

 

 

さて、東京ラーメンショーは平日でも結構混んでいます。

 

私は超人気店「富山ブラックラーメン」の店で並びましたが、

平日にもかかわらず30分以上並んでいました。

 

人気のある店はどこも30分以上並ばないといけない、

という事ですよ。

 

休日は人気のある店だと1時間以上並んでいた、

という話を聞きました。

 

あと、ラーメンを食べるのにチケットを購入しないといけないのですが、

チケットを購入するだけでも並びます(平日午後で約30分)ので、

セブンイレブンで販売されている前売り券を購入したほうが

いいかもしれませんね。

チーズの日のイベント「チーズフェスタ」byベルサール原宿

チーズの日 イベント チーズフェスタ ベルサール原宿 について

201310301

11月11日は、チーズの日です。

 

チーズの日のイベントといえば、

ベルサール原宿で行われる“チーズフェスタ”が

一番有名ではないか、と思います。

 

チーズフェスタの2012年の模様ですが、

トークショーや試食、チーズのレシピの紹介などが

行われていましたね。

 

チーズフェスタで、なんといっても楽しかったのが、

世界中のチーズを試食できることですね。

 

普段なかなか目にしないようなチーズを試食できるので、

これはなかなかいいですね。

 

チーズでも種類によってこんなに味が違うんだぁ、

と驚いてしまいました。

 

 

あと、チー1グランプリというのが開催されていましたね。

 

一般の方からチーズのメニューを募集し、

その中から一次審査を通過したものが5点あったんですが、

そのメニューを試食して投票してグランプリを決める、

というものでした。

 

グランプリは最終日に発表されました。

 

グランプリは「トロっと とろろチーズ春巻き」と

いうものでしたね。

 

5つとも普通ではなかなか思いつかないようなレシピでしたね。

 

あとはチーズのいろいろなレシピや

チーズについてのちょっとした知識などのセミナーが

ありましたね。

 

こういった、チーズ好きにはたまらないイベントが

チーズフェスタでは行われていました。

 

チーズフェスタの2012年と2013年の案内を比べると、

大きな違いはないと思います。

 

ですから、2013年のチーズフェスタも、

きっとチーズ好きな人には楽しめるものになると思います。

 

 

2013年11月11日 チーズの日は月曜日なのですが、

チーズフェスタは11日(月)と12日(火)に行われます。

 

時間は11日(月)が11:00~20:00

12日(火)が11:00~19:00です。

 

平日に開催されるので、いけない人も多いと思います。

 

ちょっと残念ですね。

 

ちなみに2012年のチーズの日は日曜日だったのですが、

たくさんの人がいましたね。

 

場所はベルサール原宿で行われます。

 

JR山手線原宿駅竹下口から徒歩約8分、

地下鉄副都心線北参道駅2番出口から徒歩約6分

地下鉄明治神宮前駅5番出口から徒歩約9分です。

(ベルサール原宿 ホームページより)


大きな地図で見る