秋晴れの時期は?何日から何日までって決まってるの?

秋の晴れた日のことを“秋晴れ”と言いますね。

気温などに関係なく、秋に晴れたら“秋晴れ”と言うそうです。

秋晴れは、雲が少なく、風は弱く、湿度も低く、さわやかな晴れが特徴です。

また、天気が移りやすく、晴れが3日~4日くらいしか続かない傾向があるのも、秋晴れの特徴ですね。

 

ところで秋晴れは、夏や冬に晴れても、秋晴れとは言いませんよね。

つまり、8月に晴れても、また12月に晴れても、秋晴れとは言いません。

 

じゃあ、9月に晴れたら、あるいは11月に晴れたら、秋晴れと言うのかなぁ?と疑問に思いませんか?

 

そこで、ここでは秋晴れの時期について紹介します。

 

秋晴れの時期

 

秋晴れについて、いつからいつまでなのか定義があるのか調べました。

そうしたら、どこにも時期については触れられていませんでした。

ということは、秋晴れは特にいつからいつまでと定義されてないようですね。

 

ちなみに、秋はいつからいつまでなのか、というと、これはいろいろな定義があります。

社会通念上、あるいは気象学上では、秋は9月、10月、11月です。

天文学上は秋分(9月23日ごろ)から冬至(12月22ごろ)までです。

二十四節気では、立秋(8月8日ごろ)から立冬(11月8日ごろ)までです。

 

ただ、秋晴れとは社会通念上の言葉と考えることができますので、秋晴れの時期は9月、10月、11月の晴れの日と考えることができますよね。

恐らく、9月下旬~11月下旬をイメージする人が多いような気はするんですけどね。

 

秋晴の候(あきばれのこう)の時期は?

 

秋晴の候(あきばれのこう・しゅうせいのこう)という言葉があります。

これは時候の挨拶です。

白露(9月7日ごろ)~寒露(10月6日ごろ)に使うのが通例です。

 

ただ、時候の挨拶と実際の季節には、ずれがありますね。

2月の寒さのピークの時に、「立春の候」などと使うことなどを考えると、時候の挨拶と実際の季節は、ずれているということが分かると思います。

 

 

ですから、秋晴の候が9月初旬から10月初旬に使われるからといって、秋晴れがその時期の晴れた日のことだけしか指さない、なんてことはありません。

11月の秋らしい晴れた日のことも、普通に秋晴れと言いますよ。

彼岸花の花言葉 赤いヒガンバナの花言葉は?

彼岸花 花言葉 赤について

a0960_003760

赤い彼岸花(ヒガンバナ)の花言葉は、

「情熱」「独立」「再会」「あきらめ」
「悲しい思い出」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」

です。

 

赤い彼岸花の花言葉ってたくさんあるなぁ!

なんて思いませんでしたか?

 

赤い彼岸花に限らず、

どの花でも複数の花言葉がある場合が多いです。

 

例えば、ひまわりの花言葉も、

「あこがれ」「私の目はあなただけを見つめる」「崇拝」「熱愛」
「光輝」「愛慕」「いつわりの富」「にせ金貨」

と、たくさんあるんです。

 

 

ではなぜ一つの花にたくさんの花言葉があるのでしょうか?

 

 

花言葉は、各民族の歴史、風習、神話や伝説から生まれました。

 

それで、日本で花言葉が使われるようになったのは

明治時代のことですが、

当初は諸外国から輸入された花言葉がそのまま使われていました。

 

それにプラス日本独自の花言葉も作られるようになりました。

 

ですから、たくさんの花言葉があるわけです。

 

 

さて、赤い彼岸花の花言葉を見ていると、

同じ花なのに民族によって思う事が違うのがわかりますよね。

 

「情熱」と「悲しい思い出」というのは、

全然ニュアンスの違う言葉ですよね。

 

真っ赤な色だけから出来た感じの言葉もあれば、

細くて可憐な花の形から出来た感じの花言葉もありますね。

 

赤い彼岸花の花言葉を見ていると、

民族によって考え方が違うんだという事が、

よくわかります。

 

 

ちなみに、彼岸花の花言葉は、

花の色によって若干違いがあります。

 

白い彼岸花(シロバナヒガンバナ)の花言葉は、

「また会う日を楽しみに」「想うはあなた」

と、赤い彼岸花よりも少なくなります。

 

また、黄色い彼岸花(ショウキズイセン)の花言葉は、

「悲しい思い出」「追想」「深い思いやり」

と、赤い彼岸花とは違う花言葉が入ってきます。

 

彼岸花に限らず、同じ花でも色が違えば

花言葉が違う、という場合が多いです。

 

それは、同じ花の種類の色違いに見えて、

正確には色が違えば近種の違う花になる場合が多いので、

それぞれに花言葉がつけられた、という事になります。

 

白い彼岸花に「情熱」という花言葉は、

とてもじゃないけど似合わないですから、

色が違えば花言葉が違って当然のように思ってしまいますね。