インフルエンザ タミフル 服用期間

スポンサード リンク



インフルエンザ タミフル 服用期間 について

a1180_007522

インフルエンザの治療での

タミフルの服用期間は5日間です。

 

1日2回服用します。

 

原則として、熱が下がっても体調が良くなっても

タミフルを5日間飲み続ける必要があります。

 

通常はタミフルを飲み始めてから2~3日で熱が下がります
(個人差があります)。

 

しかし、インフルエンザウイルスはまだ体内に潜伏しています。

 

それで、熱が下がったからといって服用をやめてしまうと、

インフルエンザウイルスが減り方が鈍くなり、

長引いてしまう可能性があります。

 

ですから、タミフルの服用期間である5日間は

きちんと服用する必要があります。

 

 

万が一、5日間服用していないけど

体調が良くなったので服用したくない、という場合は、

医者に相談してください。

 

 

また、タミフルはインフルエンザの予防として

服用することができます。

 

インフルエンザ予防の場合、

タミフルの服用期間は7日間です。

 

1日1回服用します。

 

ただし、予防でタミフルを服用するのは、

原則同居家族などでインフルエンザになった人が

いる場合だけです。

 

また、家族がインフルエンザになったからといって、

全員がタミフルを予防として服用するわけではありません。

 

高齢者や何らかの疾患を抱えている場合だけです。

 

タミフルは医者の処方箋がないと購入することはできませんので、

医者からタミフルを飲むように指示されない限り、

インフルエンザの予防として飲むことはないでしょう。

 

 

タミフルの服用期間中に何らかの異常が起こった場合は

すぐに医者に相談しましょう。

 

タミフルの副作用として異常行動が起こることが

報道されていましたよね。

 

それ以外にもタミフルには様々な副作用があります。

 

頭痛、腹痛、眠気、眠れない、動悸、めまいなど

いろいろな副作用があります。

 

タミフルを飲んでおかしな症状が出たら

すぐに医者に相談しましょう。

 

手遅れになってからでは遅いですよ。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)