急性腎不全 原因

スポンサード リンク



急性腎不全 原因 について

illust203

急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)の原因は大きく3つに分かれます。

 

まず、腎臓へ流れる血液の量が急激に減少することが原因で、

尿を作り出すことができなくなる急性腎不全があります。

 

腎臓家の血液が急減する原因は、

けがをして大量に出血をしたり、

心筋梗塞などによって血液を送り出すことができなくなったり

することなどです。

 

この場合は、輸血や血圧を上げるなどして

腎臓に血液が流れるようにすると

急性腎不全が治ります。

 

 

次に、尿道が詰まって尿が出なくなることが原因で、

尿を作る働きがストップする急性腎不全があります。

 

尿道が詰まる原因は、

腎臓内の結石や血栓(血液の塊)や、

尿管や膀胱(ぼうこう)の筋肉や神経などの異常、

前立腺肥大(前立腺が大きくなること)などです。

 

この場合、尿道の詰まる原因を解消すれば、

急性腎不全を治すことができます。

 

 

もう一つは、腎臓そのものの異常が原因

急性腎不全になることがあります。

 

腎臓への血液の流れが減少して、

それを放置しておくと腎臓の細胞に異常が出てきます。

 

また、腎臓に炎症が起こったり、毒物が入ってきたり、

腎臓内の血管に異常が起こったりすることなどが原因で、

腎臓に異常が出て急性腎不全になることがあります。

 

 

急性腎不全の症状は

その原因によって違いがあります。

 

尿の出が悪くなる場合もあれば、

普通に尿が出る場合もあります。

全く尿が出なくなったら

かなり症状が進んでいることが多いです。

 

尿道が詰まった場合は、

下腹部が膨れることがあります。

 

また、むくみが出ることもあります。

 

あとはだるさや嘔吐、腹痛などといった症状が

出ることもあります。

 

 

急性腎不全の原因によって症状が異なるわけですから、

急性腎不全の症状を一言で言い表すことは難しいです。

 

尿の出が悪くなったりしたら急性腎不全を疑うことができますが、

それ以外の症状で急性腎不全を疑うのは難しいと思います。

 


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)