皮脂欠乏性湿疹 予防

スポンサード リンク



皮脂欠乏性湿疹 予防 について

doctor_illust02_03

皮脂欠乏性湿疹(ひしけつぼうせいしっしん)の

予防で重要なことは、

とにかく肌を乾燥させないことです。

 

皮脂欠乏性湿疹は、

皮膚が乾燥することによってかゆみを感じ、

ついかいてしまう事でできる湿疹です。

 

ですから、肌の乾燥を防げば、

かゆみを感じにくくなりますので、

かきむしったりすることがなくなり、湿疹ができなくなります。

 

 

皮脂欠乏性湿疹予防のための肌の乾燥を防ぐうえで

ついつい注意を怠ってしまうのがお風呂です。

 

お風呂の温度が高いと、

皮膚の乾燥を防ぐために表面を覆っている皮脂が

少なくなります。

 

それで、肌が乾燥しやすくなってしまうのです。

 

お風呂の温度は40℃以下の

ぬるめ~ややぬるめがいいでしょう

 

また、お風呂で体を洗うときに、

石鹸でごしごし洗うと皮脂が減りますので、

肌が乾燥しやすくなります。

 

お風呂で体を洗うときは、

肌のやさしい石鹸を使って、あまりごしごし洗いすぎないように

したほうがいいでしょう

 

石鹸をよく泡立てて、泡を肌に付ける程度で

十分きれいに洗うことができますよ。

 

お風呂から出た後は、皮膚の水分が蒸発しやすいので、

肌が乾燥しやすくなります。

 

お風呂から出たらすぐに保湿剤を塗るといいです

 

 

また皮脂欠乏性湿疹の予防で

お風呂以外にも気を付けることはたくさんあります。

 

 

まず、お部屋の乾燥を防ぐために、

加湿器を使うようにするといいでしょう。

 

また、エアコンの風に直接当たると肌が乾燥しますので

エアコンの風が直接当たらないようにするといいです。

 

 

あと、紫外線は肌のダメージを与えるので、

肌が乾燥しやすくなります。

 

紫外線対策をしっかり行ったほうがいいですよ。

 

そして、外出するときはマフラーなどを使って肌が露出しないようにし、

肌が乾燥した空気に触れないようにしたほうがいいでしょう。

 

 

食べ物は、ビタミン類をたくさん食べるようにするといいです。

 

お菓子の代わりに果物を食べるなど、

ビタミン類をたくさん摂るようにしましょう。

 

 

もし、肌が乾燥してかゆい場合は、

皮脂欠乏性湿疹予防のために

肌をかきむしらないようにする必要があります

 

保湿剤を塗れば、まずかゆみはおさまると思いますので、

肌がかゆくなったらすぐに保湿剤を塗るようにしたほうがいいでしょう。

 

あと、からい食べ物やお酒は血液の循環が良くなるので、

かゆみが増します。

 

なるべくからい食べ物やお酒は控えるようにしましょう。

 

そして、かゆみ止めを使うなどして

とにかくかゆみを抑えるようにすれば、

肌をかきむしることはなくなると思いますので

皮脂欠乏性湿疹の予防には有効です。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)