秩父夜祭 花火 スポット

スポンサード リンク



秩父夜祭 花火 スポット について

秩父夜祭といえば、花火をバックに見る屋台という方が

多いのではないでしょうか?

 

しかし、屋台観覧スポットはとにかく人が多くて混雑しています。

 

「もう少し空いている場所で花火を楽しみたい!」

という方のために、

花火を見るためのおススメスポットがあります。

 

それは国道140号線沿いです。

 


大きな地図で見る

 

地図のⒶからⒷの区間(国道140号線)は花火の時間は

車両通行止めになり花火を観覧する場所になります。

 

「花火を観覧する場所になるのであれば、人が多くて混雑するのでは?」

なんて思っていませんか?

 

そんな心配はいりません。

 

この場所は思っているよりも人が少ないので、

混雑して移動するときに人混みをかき分けないといけない、

なんていう事はありません。

 

花火は地図の右斜め下の「羊山公園」から打ち上げられます。

 

秩父市役所あたりが花火が打ちあがる真正面という事になりますので、

そのあたりが花火が一番きれいに見えるでしょう。

 

ただし、人が思ったより少ない、といっても

秩父市役所近辺はそこそこ混雑します。

 

地図のⒶの地点に行くほど人は少なくなっていきますので、

人混みを避けるのであれば地図のⒶの地点に向かって

人混みが気にならなくなるまで移動するといいと思います

 

この辺りは高い建物がほとんどありませんので、

どこにいっても花火は良く見えます。

 

ただし、民家が建っています。

 

もし民家が気になるのであれば、

道の駅ちちぶから観覧するといいと思います。

 

場所は地図のⒷから少し上の方向に行くと右手にあります。

 

道の駅から打ち上げ場所まではほとんど建物がありません。

 

ただし、やや距離があるのと、やや人が多いのが難点ですね。

 

 

秩父夜祭の花火の観覧スポットは他にはないと言っていいと思います

 

地図の秩父鉄道の線路の左側(御花畑駅~秩父駅間)は、

屋台の観覧スポットになるので、人がものすごく多いです。

 

地図のⒷから右に行く(国道299号)と坂を下りますが、

花火の打ち上げ場所を見上げるような感じになるので、

かなり花火が見づらくなると思います。

 

 

なお、秩父夜祭へ電車で行く場合、

西武秩父駅か秩父鉄道の秩父駅か御花畑駅を使うと思いますが、

夜祭り当日は秩父駅~影森駅間は

20:00~22:30まで電車が運行されない、という事です。

 

西武秩父駅や秩父鉄道秩父駅(熊谷方面)を

使う場合は問題ないと思いますが、

御花畑駅を使う場合はその時間帯は電車が来ませんので、

注意が必要ですね。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)