大人喘息 発作

スポンサード リンク



大人喘息 発作 について

201311131

成人になってから喘息(ぜんそく)になる大人喘息ですが、

年々増えている傾向にあります。

 

しかし、大人喘息は、

風邪と勘違いしてしまう人が多いようですね。

 

大人喘息を風邪だと思って放置しておくと発作を起こしやすくなり、

軽度でも命に係わる発作を起こすことがあるのです

 

大人喘息の発作の症状は、激しいせきや息苦しさ、たんなどです。

 

そして、ひどいと息苦しくて呼吸困難になることもあります。

 

最悪の場合は窒息死してしまうのです。

 

 

大人喘息は完治は非常に難しいと言われています。

 

しかし、治療を続ければ発作が起こらないように

することは可能です

 

ですから、大人喘息になったら、早めに病院で治療を受ける必要があります。

 

 

大人喘息になったら、

発作で苦しい思いをする前に治療をしておきたいですよね。

 

 

大人喘息の症状はせきやたんなどになりますので、

風邪と間違えやすいです。

 

しかし、大人喘息と風邪とは決定的に違うところがあります。

 

 

まず、大人喘息になると、

呼吸の時にヒューヒュー、ゼーゼーと音が鳴ります。

 

風邪になっても呼吸の時に

ヒューヒュー、ゼーゼーと音がなることはありませんよね。

 

 

もう一つの違いは、風邪の場合は昼だろうと夜だろうと、

時間に関係なくせきが出ると思いますが、

大人喘息は、明け方に激しいせきが出ることが多いです。

 

せきが長引いたときにこの2点に注意して、

風邪とはなんだか違うと思ったら、すぐに病院に行きましょう

 

咳が長引いた時点で、何らかの重病の可能性はありますので、

大人喘息ではなくても見てもらたほうがいいですけどね。

 

大人喘息の発作は、

口から肺をつないでいる管、気管支の炎症が原因です。

 

それで、大人喘息の治療は、気管支の炎症を鎮めます。

 

炎症を鎮める方法は炎症を起こす原因を除去するわけです。

 

それで、早く治療をすれば炎症がひどくなる前に

抑えることが可能な場合があります。

 

ですから、発作で苦しい思いをしなくても済む可能性だってあるのです。

 

大人喘息に限った話ではありませんが、

早期発見早期治療が非常に重要になりますよ。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)