睡眠改善薬 アルコール

スポンサード リンク



睡眠改善薬 アルコール について

a1180_007522

睡眠改善薬はアルコールと一緒に飲んではいけません。

また、アルコールが残っている状態でも

睡眠改善薬を飲んではいけません

 

睡眠改善薬は眠気を誘う薬です。

アルコールも眠気を誘います。

 

この2つを一緒に飲むと薬とアルコールの作用が

強くなりすぎてしまいます。

 

つまり、眠気がとても強くなったり、悪酔いしたりします。

 

そして、副作用が強くなる場合があります。

 

睡眠改善薬の副作用は、

昼間の眠気、イライラ、注意力低下、めまい、頭痛、胃痛、発疹

などです。

 

また、アルコールを飲みすぎると、

気分が悪くなったり下痢になったり動悸したり

することがあると思いますが、

それらの症状も強くなる可能性があります。

 

 

睡眠改善薬には、

病院で処方される睡眠薬(睡眠導入剤)と違って、

依存性はありません。

 

また、睡眠改善薬は睡眠導入剤よりも

効果が小さいと考えてよいのですが、

その分副作用が小さいと考えてもいいでしょう。

 

ですから、睡眠導入剤とアルコールを同時に摂取したときのように、

意識を失ったり記憶障害を起こしたり依存症になりやすくなったり、

といったことは、

睡眠改善薬とアルコールを一緒に飲んでも起こらないと思います。

 

しかし、睡眠改善薬とアルコールを一緒に飲むと、

副作用が強くなるのは確かなことですので危険です。

 

もし、寝酒をやめることができない人が寝つきが悪くなった場合、

医師に相談をしましょう。

 

不眠は、心療内科か精神科です。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)