頚椎症性神経根症 完治

スポンサード リンク



頚椎症性神経根症 完治 について

doctor_illust02_03

頚椎症性神経根症(けいついしょうせいしんけいこんしょう)は、

症状が軽い場合は自然に完治してしまう事が多いです。

 

頚椎症性神経根症は、

遠視などのせいでパソコンの画面などを顔をそらして長時間見ていたり、

長時間同じ姿勢をとっていたり、重い荷物を持ったり、

寝違いなどが原因で起こる症状です。

 

それで、長時間同じ姿勢をとらないようにしたりしていれば、

自然と完治することが多いです。

 

痛みやしびれがなくなるまでは時間がかかりますから、

鎮痛剤を使う事が多いと思いますが、

遅くとも数ヶ月で完治することが多いです。

 

 

頚椎症性神経根症の症状がやや重くなると、

首の周りを固定(カラー固定)したり、牽引したりして

治療をします。

 

「神戸枕(こうべまくら)」という首を安定させる枕がありますが、

神戸枕を使うのも効果があると言われています。

 

多くの人が、カラー固定や牽引によって、

1年以内にほぼ完治をしています

 

そして、パソコンなどで作業をするときは

時々立ち上がったり姿勢を正したりするなど

長時間同じ姿勢を取らないように気を付けていれば、

再発しないことが多いです。

 

 

ただし、頚椎症性神経根症の症状がかなり重い場合は、

手術をしないといけない場合があります。

 

牽引などで痛みやしびれが軽くならない場合や、

日常生活に支障が出ている場合、

あるいは手足などが麻痺している場合など、

かなり症状が重い時には手術をすることがあります。

 

しかし、頚椎症性神経根症は、

手術をしないと完治しない、というのは稀です。

 

手足の痛みやしびれを我慢して長時間放置すると、

手術をしないといけなくなる場合があります。

 

手足のしびれを感じるようになったら、

頚椎症性神経根症がかなり進行している、

という医者もいます。

 

頚椎症性神経根症の症状は、まずは肩こりからが多いです。

 

通常の筋肉疲労による肩こりはマッサージで緩和されますが、

頚椎症性神経根症による肩こりはマッサージでは緩和されません。

 

マッサージで緩和されない肩こりは、

頚椎に異常があるか、内臓に異常があるかのどちらかですので、

早めに医者に診てもらったほうがいいでしょう。

 

 

また、頚椎症性神経根症を完治したとしても、

同じ姿勢を長時間続けるなどしていたら、

再発する可能性があります。

 

完治したからといって、

頚椎症性神経根になりやすいことに変わりはないので、

普段の生活で頚椎症性神経根症の予防を

心がけたほうがいいでしょう。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)