鼻ポリープ 原因

スポンサード リンク



鼻ポリープ 原因 について

a0002_007492

鼻の中の粘膜に水膨れのようなものができる鼻ポリープ(鼻茸)の

原因は、まだはっきりしたことはわかっていません

 

ただ、今分かっていることは、

鼻炎や風邪などで鼻水が長引いたときに

鼻ポリープができやすい、という事です。

 

しかし、鼻水が長引いたことだけが鼻ポリープの原因だ、

と言い切れないのは、

鼻水が長引いた人全員に鼻ポリープができていないためです。

 

それで今考えられているのは、

鼻水が長引いたのに加え、

アレルギーや細菌などがかかわっているのではないか

ということです。

 

鼻水が長引いているときに、

アレルギーの原因物質や細菌が鼻の粘膜を刺激すると、

鼻ポリープができるのではないか、

と考えられているのです。

 

 

また、虫歯の菌も鼻ポリープの原因ではないか、

とも考えられています。

 

上の葉の付け根と鼻の副鼻腔と呼ばれるところの間には、

数mmの暑さの骨しかありません。

 

それで上の葉の虫歯の菌が葉の付け根まで達すると、

その菌が副鼻腔に入り込み、

その菌が副鼻腔の入り口まで達して炎症を起こせば、

鼻ポリープになります。

 

 

また、鼻ポリープになる人は、

ほとんど慢性副鼻腔炎(蓄膿症)を併発しています。

 

慢性副鼻腔炎になれば鼻水が止まらなくなりますが、

副鼻腔炎は何らかの細菌やウイルスが原因である

ことがほとんどです。

 

ですから、副鼻腔炎を起こしている細菌が

鼻ポリープの原因になり得るのではないか、

とも考えられています。

 

 

つまり、今現段階で分かっていることは、

鼻水が長引いたときに、何かで粘膜を刺激されることが原因で、

鼻ポリープができるんだろう

ということです。

 

 

逆に言うと、鼻水が出なければ鼻ポリープはできない、

という事ははっきりしています。

 

という事は、鼻ポリープにならないようにするためには、

鼻水が出ないように、鼻水の原因に対処していけばいいのです。

 

鼻水の原因が風邪であれば、風邪を早く治す、

鼻炎が原因であれば、早く鼻炎を治す、

という事で鼻ポリープを防ぐことができます。

 

鼻ポリープができると、呼吸困難になったりして大変なので、

鼻水を長引かせないようにして鼻ポリープを防いだほうがいいでしょう。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)