B-1グランプリ 待ち時間

スポンサード リンク



B-1グランプリの待ち時間 について

上の動画は、2011年のB-1グランプリin姫路の様子です。

 

お店によってはとっても長い行列ができているのがわかると思います。

 

では、実際にどれくらいの待ち時間になるのでしょうか?

 

まずは過去の大会の待ち時間を見ていきましょう。

 

全て初日の12:00で比較していきます。

 

2011年B-1グランプリin姫路の待ち時間

・富士宮焼きそば(2006・2007年グランプリ)・・・40分
・横手焼きそば(2009年グランプリ)・・・30分
・甲府鳥もつ煮(2010年グランプリ)・・・行列制限(その後完売)
・ひるぜん焼きそば(2011年グランプリ)・・・10分
・八戸せんべい汁(翌2012年グランプリ)・・・60分
・厚木シロコロ(2008年グランプリ)・・・完売(開始直後から行列制限)
・富良野オムカレー・・・90分(その後すぐ行列制限)
・十和田バラ焼き・・・40分
・本庄ハムフライ・・・12:30から行列制限(その後完売)
・駒ケ根ソースかつ丼・・・12:30から行列制限(その後完売)
・秋田かやき・・・12:30から行列制限(その後完売)
・足柄まさカリー・・・40分
・富士つけナポリタン・・・行列制限
・出雲ぜんざい・・・行列制限

それ以外は待ち時間30分以下(9割以上が10分以下)

 

2012年B-1グランプリin北九州の待ち時間

・富士宮焼きそば(2006・2007年グランプリ)・・・120分(その直後完売)
・横手焼きそば(2009年グランプリ)・・・30分
・甲府もつ煮(2010年グランプリ)・・・行列制限
・ひるぜん焼きそば(2011年グランプリ)・・・15分
・八戸せんべい汁(2012年グランプリ)・・・15分
・富良野オムカレー・・・90分
・十和田バラ焼き・・・60分
・日生カキオコ・・・行列制限

それ以外は待ち時間30分以下(9割以上が10分以下)

 

以上が過去2回のB-1グランプリの待ち時間です。

 

初日の12:00現在で待ち時間がゼロでも、

時間帯によっては行列制限になるところもあります。

 

しかし、それは一時的で、

1~2時間もたてば待ち時間が10分程度になっている

ところが9割以上です。

 

しかし、過去にグランプリになった店は行列が続くところが多く、

完売するところも多いです。

 

ですから、過去にグランプリをとった料理をどうしても食べたい

ということであれば、

開始時間から並んだほうがいいでしょう。

 

特に、

富士宮焼きそば・横手焼きそば・甲府もつ煮・ひるぜん焼きそば

が人気がありますので注意が必要です。

 

また、過去にグランプリをとったことのない店でも、

いくつか完売していましたので、

どうしても食べたい料理があったら、

開始時間から並ぶことをおススメします

 

また、待ち時間がゼロのところだけを食べ歩きたい、

という事であれば、

午後に行くといいと思います。

 

午前中よりも午後のほうが待ち時間は短い傾向にあります

 

ただし、14:00以降は、

完売している店が20店近く出てきていますので、

人気料理よりもいろいろな種類の料理を食べたい、

という人に限ります。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)