東京ラーメンショー 来場者数

スポンサード リンク



東京ラーメンショー 来場者数 について

2009年から東京の駒沢オリンピック公園で毎年行われている

東京ラーメンショーの来場者数は、

・2009年 約10万人(5月29日~31日 1日あたり約3.3万人)
・2010年 約32万人(11月3日~7日 1日あたり約6.4万人)
・2011年 約28万人(11月2日~6日 1日あたり約5.6万人)
・2012年 約50万人(10月26日~11月4日 1日あたり約約5万人)

です。

 

上の動画を見ると、あまり混んでなさそうな感じですが、

数を見ると、来場者数はものすごい多いですね。

 

2012年は10日間で50万人ですが、他のイベントと比較すると、

日本最大の来場者数の航空祭と言われる入間基地航空祭が約20万人

東京ゲームショー2012が約22万人

ロンドン五輪メダリストのパレードに駆け付けた人が約50万人

です。

 

国民的行事であるロンドン五輪のパレードを見に来た人と、

東京ラーメンショーの来場者数が同じですから、

これはすごい数だと思いませんか?

 

東京ラーメンショーの来場者数がこれだけ多いのは、

全国のご当地ラーメンが一堂に集まる、

ラーメンのイベントの中では日本最大級であること、

そして、ラーメンがいかに人気があるかの表れではないかと

思います。

 

人気のラーメン店はいつも行列が出来ていますが、

常に行列ができている店がいくつもあるのは

ラーメンくらいではないかと思います。

 

そして、全国のご当地グルメが一堂に集まるイベントは、

どれも来場者数が多いですよね。

 

2012年のB-1グランプリの来場者数は約61万人、

2012年のふるさと祭り東京の来場者数が約38万人

ですからね。

 

確かに全国のご当地グルメをいろいろ食べることができるのは

かなり魅力だと思います。

 

 

さて、東京ラーメンショーは平日でも結構混んでいます。

 

私は超人気店「富山ブラックラーメン」の店で並びましたが、

平日にもかかわらず30分以上並んでいました。

 

人気のある店はどこも30分以上並ばないといけない、

という事ですよ。

 

休日は人気のある店だと1時間以上並んでいた、

という話を聞きました。

 

あと、ラーメンを食べるのにチケットを購入しないといけないのですが、

チケットを購入するだけでも並びます(平日午後で約30分)ので、

セブンイレブンで販売されている前売り券を購入したほうが

いいかもしれませんね。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)