七五三 千歳飴 本数

スポンサード リンク



七五三 千歳飴 本数 について

shichigosan_chitoseame

七五三の千歳飴の本数は、

お祝いしたお子さんの年齢と同じ本数です。

 

3歳なら3本、5歳なら5本、7歳なら7本ですね。

 

千歳飴は地域によって違いがあって、

お子さんが食べたり、近所に配ったり、お祝いのお返しに贈ったり、

といった違いがあります。

 

しかし、そういった違いはあっても、

年齢と同じ本数というのは違いがないようです。

 

千歳飴は1本ずつのし袋に入れ、

それを縁起の良い鶴亀や松竹梅が描かれた袋に入れるのが

一般的ですね。

 

 

ではなぜ歳の本数なのか、こんな言い伝えがあります。

 

千歳飴は、細く長いですよね。

これは親が子供の長寿の願いを込めて細長くなっている、

という事なんです。

 

その長寿の願いのこもった千歳飴を

歳の本数だけ体に取り入れることで長寿を願った、

という事です。

 

それが変化して、お子さんが食べる以外にも

近所に配るようになったり、お祝いのお返しとして贈ったり

するようになったようですね。

 

 

さて、お子さんの長寿の願いが込められた千歳飴ですが、

実は、もともとは江戸時代に商人によって売り出されたのが

最初だったようです。

 

紅白の棒状の飴を「千歳飴」「長寿糖」として

売り出されたのが最初だそうです。

 

その時のキャッチコピーが

「長い長い千歳飴を食べると千年もの長寿になる」

というものだったようですよ。

 

千歳飴を売り出すキャッチコピーが、

そのまま長寿の願いが込められたものになるのですから、

なんだかおもしろいですね。

 

ちなみに千歳飴の由来は諸説ありますが、

今の説は諸説ある中の1つにすぎません。

 

 

七五三の思い出として私は、

7歳の時に千歳飴を7本もらいましたが、

「こんなにも一気に食べれないよ!」と思いながら、

気が付いたら一気に食べていた、

なんてことがありましたね。

 

長寿をお祝いする千歳飴の食べ過ぎで体調を崩したら

なんか意味がないような気がします。

 

7歳のお子さんが一気に7本も千歳飴を食べたら、

ひょっとしたら体調を崩すかもしれないので注意したほうがいいですね。

 

子供が虫歯にならないように千歳飴を食べさせない、

なんていう方もなかにはいるようですけど…


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)