間質性肺炎 症状 治療

スポンサード リンク



間質性肺炎 症状 について

a0001_014027

間質性肺炎(かんしつせいはいえん)とは、

別名、肺線維症(はいせんいしょう)とも言われている病気です。

 

間質性肺炎は、原因、治療法など
まだまだ分からないことがたくさんありますが、
どのような病気なのか、そしてどのような症状があるのか、
今分かっていることを説明していきます。

 

間質性肺炎とは?

 

間質とは、気管支の先に肺胞という袋状になったものがありますが、

その肺胞の壁のことと考えていいでしょう。

 

間接性肺炎とは、肺の壁(間質)が固くなって

体内に酸素を取り込めなくなる病気です

 

肺の壁は柔らかく、息を吸い込むと膨らみ息を吐くと縮みます。

 

その薄く柔らかい肺は、何らかの原因で傷つくと、

その傷を治すためにコラーゲンなどの線維物質が増えます。

 

繰り返し肺が傷つくと、線維物質がどんどん増えます。

 

そうなると、肺の壁が固くなり、弾力を失って

息を吸っても肺が膨らみにくくなくなります。

 

それで、酸素が肺から血液に送ることができなくなるのです。

 

人間が体内に酸素を取り込む方法は、

吸った息が肺に送られ、そこから酸素が血液に送られ、

全身に酸素を送ります。

 

しかし、肺の壁が固くなって肺から血液に酸素を送ることができなくなると、

体の中に酸素が取り込まれなくなるので、

息苦しさを感じてしまいます。

 

また、さらに肺の壁が固くなっていくと、

肺の周りにめぐらされている毛細血管が押しつぶされて、

血管としての役割を果たせなくなります。

 

それで、病気が進行すると、

酸素を取り込む量がだんだん少なくなって、死に至ることもあるのです。

 

 

肺が傷つく原因は、

ウイルスや細菌、微生物、ほこり、などの細かい物質や

膠原病(こうげんびょう、臓器の炎症)の一症状、

放射線治療の副作用などになりますが、

原因不明で肺の壁が傷つくことも少なくありません。

 

間質性肺炎の症状

 

間質性肺炎の症状は、息を吸っても吸った気がせず、

常に息苦しさを感じるようになります(呼吸不全)。

 

また、たんを伴わない乾いたせき(乾性咳嗽)をするようになったり、

体を動かした時に息苦しさ(呼吸困難)を感じたりするようになります。

 

また、病気が進行すると肺が破れることがあり、

呼吸困難や呼吸不全など各症状がひどくなります。

 

そして、死に至ることもあります。

 

間質性肺炎の治療

 

間質性肺炎の治療は非常に難しいとされています。

 

なぜなら、肺の周りの毛細血管が正常ではないので、

薬の成分が患部に届きにくいからです。

 

医師の中には、ガンよりも間質性肺炎の治療のほうが難しい、

という人がいるくらいです。

 

 

間質性肺炎の治療では、

炎症の原因となっているものを取り除いたりするなど

炎症を抑えることをします。

 

ウイルスが原因で炎症が起こっているのであれば、

ウイルスを除去するわけですね。

 

そして、薬(ステロイドなど)を使って炎症を抑えます。

 

あとは対処療法を行っていきます。

 

息苦しい時は酸素を投与したり、

たんがひどいのであればたんを取り除いたりしていきます。

 

しかし、治療はなかなか難しく、

間質性肺炎の発見後10年の生存率は20%です。

 

数週間で死に至るケースもあります。

 

また、薬の副作用によって死に至るケースもあります。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)