急性胆のう炎 症状 原因 治療 食事

スポンサード リンク



急性胆のう炎 症状 原因 治療 食事 について

illust203

胆のう(胆嚢)は、肝臓と十二指腸をつないでいる管(胆管)の

途中にある袋状の臓器で、

肝臓で作られた胆汁という消化液をためておく働きがあります。

 

その胆のうに急に炎症が起こる事を急性胆のう炎と言います。

 

では、急性胆のう炎とはどのような病気なのでしょうか?

 

原因や症状、治療法、食事などについて説明していきます。

 

急性胆のう炎の原因

 

急性胆のう炎の原因のほとんどが胆石です。

 

胆石はコレステロールなどが胆管の中で固まって

石のようになったものだと考えて大丈夫でしょう。

 

その胆石が胆のうの入り口を防いでしまい、

胆汁が胆のうに停滞してしまうと細菌に感染されやすくなります。

 

それで細菌に感染され炎症が起きた状態が

急性胆のう炎です。

 

非常に稀ですが、胆石がなくても胆のうが細菌に感染して

急性胆のう炎になることがあります。

原因は様々です。

 

急性胆のう炎の症状

 

急性胆のう炎の症状は、

まず、お腹の右側上部(みぞおちとその右側)に激痛を感じます

立っていられないほどの激しい痛みを感じることが多いです。

また、右肩が痛くなることもあります。

 

また、右の肋骨の下あたりを押すと痛みを感じます。

 

そして、高熱が出たり嘔吐したりします。

 

高齢の方は熱が出ないことが多いです。

 

急性胆のう炎の治療

 

急性胆のう炎の治療は、

まず、炎症を抑えることから始めます。

 

抗生物質による治療を行ったり、

胆のうに針を指して胆汁を抜いたりします。

 

それで炎症が治まることが多いですが、

再発する可能性が高いです。

 

それで、胆のうを摘出する手術をすることが多いです。

 

胆のうを摘出する手術は、炎症が治まるまに行う場合と、

炎症が治まってから行う場合があります。

 

合併症を伴っているなど重症の場合は、

すぐに胆のうを取り除く手術をすることがほとんどです。

 

通常は1週間~2週間くらい入院することになります。

 

急性胆のう炎治療後の食事の注意点

 

急性胆のう症は、ほとんどの場合は胆石ができることで起こりますが、

胆石はコレステロールの食べすぎでできることが多いです。

 

コレステロールを控えめにしましょう

 

また、水溶性食物繊維はコレステロールを

体外に排出するのをサポートします。

 

海藻類などに含まれている水溶性食物繊維を

多めにとる様にするといいでしょう

 

あと、水をたくさん摂取したり、ビタミンCをたくさん摂る様に

するといいでしょう。

 

栄養バランスのとれた食事を心がけるようにすることが大切です。

 

また、アルコールの飲みすぎも良くありませんよ。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)