入間基地航空祭 穴場

スポンサード リンク



入間基地航空祭 穴場 について

上の動画は、入間基地航空祭でのブルーインパルスの動画です。

 

入間基地航空祭の目玉であるブルーインパルスの飛行時間は、

2012年はPM1:25~、2013年はPM12:45~(予定)ですが、

この時間は視界の広いエプロンはものすごく混雑します。

 

身動きが取れないほどです。

 

「どうしても混雑を避けたい!」という方のために、

入間基地航空祭の穴場をいくつか紹介します。

 

 

入間基地のエプロンは混雑して、

ブルーインパルスの飛行時間が近づくと立つように指示が出ます。

 

しかし、基地の正門付近あるいは西武線に沿ったエリア

であれば座ってみることができます。

 

正門付近と西武線に沿ったエリアに

座ってみることができるスペースが設けられているのです。

 

この場所は、比較的空いています。

 

そこにレジャーシートを敷いたりすれば、

座ってみることができますよ。

 

ただし、レジャーシートは1人当り70cm四方程度と

大きさに制限があります。

 

また、禁酒・禁煙です。

 

ブルーインパルスが正面から進入したときや

離陸するときの演技などを見ることができませんが、

空を飛んでいるとことはばっちり見ることができます。

 

下のリンクをクリックすると、

入間航空祭の注意事項が書いてあるサイトに移動しますが、

その下の方に「入間航空祭のエリア案内図」があります。

その図の「グランド地区」と「沿線地区」が

比較的空いていて、レジャーシートを広げることができるエリアです。

 

「入間航空祭についての注意事項」(会場案内図)

 

 

ただし、基地内は脚立の持ち込みが禁止されています。

 

脚立を使って写真等の撮影が出来ません。

 

それで、写真撮影する方のための穴場と言われているのが、

基地の隣にある県営稲荷山公園です。

 

稲荷山公園は人がまばらにしかいませんし、

芝生広場に行けば、飛んでいるところは撮影することができます。

 

ただし、飛行機は基地の上空を飛ぶため、

基地内と比べるとやや見劣りする感じがします。

 

 

あと、私は見たことがないですが、

イオン入間店の屋上駐車場がブルーインパルスのために開放される、

という事です。

 

基地まで距離がそこそこ(3km以上か?)ありそうなので、

眺めが良いのかちょっと心配ですが、

わざわざ航空祭のために開放するようですから、

それなりに航空祭を楽しむことができるのでしょう。

 


大きな地図で見る

 

入間航空祭の会場である入間基地は

西武池袋線の稲荷山公園駅に隣接しています。

 

また、西武池袋駅から稲荷山公園駅まで急行で40分くらいなので、

都心からの電車のアクセスはとっても良いです。

 

そのせいなのか、日本一混雑する航空祭、と言われるほど

混んでしまいます。

 

身動きが取れないところで見るよりかは、

多少眺めが悪くなっても穴場スポットで見たほうが

いいのではないか、と思います。

 

※2013/10/31 追記

「稲荷山公園」を間違えていましたので、

本日、2013/10/31に訂正をいたしました。

申し訳ありませんでした。

また、間違いを指摘していただいた方には心から感謝申し上げます。

ありがとうございました。


スポンサードリンク

3件のコメント

  • カズ

    アドバイスいただき、ありがとうございました。

    地元でも、気がつきませんでした。

    ちなみに「稲荷山公園」では?

    • てつや

      ご指摘ありがとうございます。

      「稲荷山公園」で間違いないです。

      訂正しましたのでよろしくお願いいたします。

  • ミソ

    入間川の河川敷もなかなかの穴場かと。
    地元民は河川敷で見る方が多いです。

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)